デジタル製品・家電 美容・健康

筋膜リリースでコリをケア。体をもっと軽やかに!「SYNCA(シンカ)マッスルパーカッションガン」2月15日(月)新発売

ジョンソンヘルスケア株式会社
より手軽に、より本格的に。これからのステイホームアイテム。

フィットネス機器総売上アジアNo.1のジョンソンヘルステック社の新規ウェルネス事業、ジョンソンヘルスケア株式会社(本社:吹田市、代表取締役社長:アレックス ウー)は、美容健康ブランド「SYNCA(シンカ)」より、筋膜からコリをケアする「SYNCA(シンカ)マッスルパーカッションガン」を2月15日(月)に発売いたします。


筋膜リリースでコリをケア。SYNCA(シンカ)マッスルパーカッションガン
SYNCA(シンカ)マッスルパーカッションガンとは?
ステイホームが続く毎日、お家でもっと手軽に本格的なボディケアができるアイテムをお届けしたいという想いから生まれました。従来のマッサージでは解消しにくい、筋膜の癒着が原因で起こったコリやハリにアプローチ、気になる部分をしっかりケアします。体も心ももっと軽やかに。
価格は18,480円(税込)、公式オンラインストアをはじめ、各種ECサイト及び取扱い店で、順次発売いたします。

商品ページはこちら
https://www.synca-wellness.jp/product/hm190.html

筋膜リリースとは?
筋肉を包み込む筋膜は身体全体に広がっており、「第2の骨格」と言われています。パソコンやスマホを同じ姿勢のまま長時間使用することで、筋肉の周りにある筋膜同士が癒着を起こし引き起こされる痛みも多くなっています。こうしたコリやハリの痛みは筋肉をもんでほぐすマッサージではなかなか解消できず、筋膜の癒着を正常に戻す筋膜リリースが有効とされています。




【SYNCA(シンカ)マッスルパーカッションガンの特長】
■6種類のアタッチメント×6段階振動調整で深部の筋膜まで届く

患部にアプローチできるユニークな形状と6種類のアタッチメントに加え、1500回~3000回/分と低速から高速まで6段階のスピード調整で、36パターンのアプローチが可能。
細かく調整ができるので、部位に合わせて全身、気になる部分をしっかりケアできます。



6種類のアタッチメント×6段階振動調整。SYNCA(シンカ)マッスルパーカッションガン

■片手で肩甲骨にも届く、人間工学に基づいた、軽量・コンパクトデザイン
一般的なガンタイプの商品は、持ち手が短い為肩甲骨に届きにくく、重量が重いものは特に腕が疲れるとの声があります。SYNCAマッスルパーカッションガンは持ち手が細くて長い形状なので、一人でも楽に肩甲骨をほぐすことができます。また、汚れも拭きやすい為衛生的です。
片手で肩甲骨にも届く。SYNCA(シンカ)マッスルパーカッションガン

■充実の機能と、最大10時間使える高効率バッテリー
14.8Vの高電圧・高品質バッテリーを採用。大容量だから、1日10分のご使用で1ヵ月程度使用できるため、充電も気になりません。10%単位で数字表示されるバッテリー残量、レベル調整も簡単なタッチパネルなど、とても便利。
充実の機能と最大10時間使える高効率バッテリー。SYNCA(シンカ)マッスルパーカッションガン




【動画紹介】





【商品詳細】
ブランド名:SYNCA
商品名:マッスルパーカッションガン HM190
販売開始日:2021年 2月15日
販売予定価格:18,480円(税込)
定格電源:AC100V 50/60Hz・Li-ion充電池(DC14.8V 2,000mAh)
定格時間:10分
寸法:約W57 x D230 x H221 mm
質量 :約685 g
材質:ABS アルミニウム合金
生産国:中国


【SYNCA(シンカ)について】
高い機能性と洗練されたデザインで、上質で健康なライフスタイルを提案する美容健康ブランド。2018年より日本を起点とし、北米、アジア、欧州を始め、世界に展開しています。コンパクトで生活空間に馴染むデザインが人気の「コンパクトマッサージチェア」を始め、日常でのリラクゼーションが楽しめるユニークなアイテムをお届けします。

公式ウェブサイト
https://www.synca-wellness.jp
美容健康ブランドSYNCA(シンカ)

【企業概要】
会社名:ジョンソンヘルスケア株式会社
所在地:〒564-0044 大阪府吹田市南金田2-2-7
主な事業内容:医療機器、医療用品、健康機器、健康用品の開発、製造、販売、及び、輸出入

※文中の商品名、社名などは当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)