美容・健康 医療・医薬・福祉

年に一度の<がんサバイバーの祭典>「Minato City LAVENDER RING DAY 2019」開催!

認定NPO法人 キャンサーネットジャパン
東京都港区、LAVENDER RING(※1)、株式会社 資生堂、株式会社 電通、株式会社 電通国際情報サービス、株式会社電通ライブ、NPO法人 キャンサーネットジャパン、一般社団法人 ソーシャルアントレプレナーズアソシエーションは3月30日(土)にゆかしの杜にて「Minato City LAVENDER RING DAY 2019 at ゆかしの杜」を開催いたします。(参加無料)




近年の医療や診断技術の進歩によってがんと共に生きる時代は到来しつつありますが、一方で、がんサバイバーや家族はがんにかかると孤独を感じることが多く、前向きになりにくいという課題があります。

それは、1.「がんになってもイキイキと暮らす人が多くいる」ということをサバイバー自身や、社会が知らないという点と、2.がんサバイバーやサポーター同士、あるいは社会とつながりを持つ手段が少ないことが原因であるケースが多く見受けられます。

そこで、私たちは、がんサバイバーやサポーターが1日滞在しながら楽しむ中で、他の参加者や社会とつながりを作れるがんサバイバーの祭典「Minato City LAVENDER RING DAY 2019」を実施いたします。今回のイベントを起点とし、港区とLAVENDER RINGががんに対する社会の仕組みや風土を変えていく具体的なアクションを展開していく予定です。皆様と一緒にこのイベントを作っていきたいと思いますので、がんサバイバーもそうでない方もふるってご参加ください。

<開催概要>
■タイトル: Minato City LAVENDER RING DAY 2019 at ゆかしの杜
■日程:2019年3月30日(土) 11:00-18:00
■会場:ゆかしの杜 (東京都港区白金台4丁目6−2)
■参加対象者:どなたでも(がんサバイバー、サポーター、港区民に限らず。)
■参加費用:無料
■内容:『MAKEUP & PHOTOS WITH SMILES』『写真展』『LAVENDER トーク』『LAVENDER RING AWARD』『サバイバーみんなで作る動画』『がんかるた制作』『ブロックチェーンでつなげる・ひろがる がんサバイバーの輪』『Survivors group photo』など多彩なイベント実施を予定
■主催:港区/LAVENDER RING
■サポーター企業/団体:株式会社 資生堂、株式会社 電通、株式会社電通国際情報サービス、株式会社電通ライブ、認定NPO法人 キャンサーネットジャパン、一般社団法人ソーシャルアントレプレナーズアソシエーション
■イベント申し込み:https://eventregist.com/e/LAVENDER_RING_DAY_2019


ゆかしの杜外観(左)エントランス(右)
【主な内容】
1.『MAKEUP & PHOTOS WITH SMILES(Supported by 資生堂)』
~笑顔を、世界で一枚の写真に込めて。
(無料/要予約/定員25名)
「がんになっても、笑顔でいきいきと暮らす人がたくさんいる」。
そんなメッセージを社会に発信するためにこの企画は生まれました。
がんサバイバーを対象に、資生堂のビューティコンサルタント、資生堂ライフクオリティービューティーセンター※2と資生堂美容室によるメイクアップとヘアスタイリングを実施。モデルのがんサバイバーたちを資生堂のフォトグラファー金澤正人※3が笑顔と前向きな心を映し出す撮影を実施。さらに、がんサバイバーたちがそれぞれ熱中していることを自筆で記入。それをアートディレクター河瀬太樹氏とデザイナー今村 浩氏が世界に一枚だけのオリジナルポスターに仕上げます。ご本人に無料でプレゼントすると同時に、会場にも掲出。参加者も、通りすがりの人もその一枚を見ることにより勇気づけられ、笑顔の輪が広がっていくことを目指します。



<対象>
がん患者及び過去にがんを経験されたことのある方(年齢/性別/罹患部位/港区民かどうか等は不問)
<応募締切>
2019年3月6日(水)
<応募/詳細>
https://eventregist.com/e/LAVENDER_RING_DAY_2019

2.『MAKEUP &PHOTOS WITH SMILES写真展』
これまでMAKEUP & PHOTOSで撮影してきた150名超のオリジナルポスターが初めて一同に並ぶ写真展を実施します。ぜひ世界に一枚の、がんサバイバーさんの前向きな笑顔の写真展をご覧ください。
イメージ(2018年に一部の写真を使って実施した写真展の模様。会場:パナソニックセンター大阪)
3. LAVENDER RING AWARD
LAVENDER RING AWARDは、がんになってもいきいきとした生活を送る社会を、よりクリエーティブな観点から作っていくことを目的にした、クリエーターやイノベーターを輩出する賞です。2018年第1回目の受賞者は中島ナオさん(N HEAD WEAR)。2019年よりソーシャルイノベーション部門を新設し、がんを取り巻く社会環境の改革をより加速します。


<募集部門>
A プロダクトデザイン部門
がん特有の課題をデザインの視点で解決する独自性の高いプロダクト
B ソーシャルイノベーション部門
がんの課題解決をする、または、がんの課題解決に転用できる革新性の高い
運用中または準備中のサービス

<贈賞>
上記の合計2点にトロフィーが贈られます

<審査員>
総合審査委員長 御園生泰明(LAVENDER RING/電通)
プレゼンター 中島ナオ(デザイナー/2018年大賞受賞者)

Aプロダクトデザイン部門 審査員 宮沢哲(&design代表)、川合加奈子(資生堂 クリエイティブ本部)他
Bソーシャルイノベーション部門 審査員 進藤均(SEA代表理事,GENERAL PARTNERS 代表取締役社長)他

<募集期間>
2019年2月18日(月)~2019年3月12日(火)


<発表>
2019年3月30日にゆかしの杜で行われる
「Minato City LAVENDER RING Day2019」にて授賞式を行います。
なお受賞者には3月30日に行われる「第2回LAVENDER RING AWARD 授賞式」にご参加いただきます(応募必須条件)。

<応募/詳細>
https://eventregist.com/e/LAVENDER_AWARD

4. FUN WITH CANCER(仮)
がんサバイバーの輪をもっと強く広げて行くための長尺動画を、サバイバーの皆さんのコメントを撮影・編集して作ります。Makeup&photosに参加されない方、ぜひお越しいただき、動画ブースの前で一言コメントをください。皆の素敵な笑顔がリングのように連なったここだけの一本を作り公開します。
※企画の内容が変更になる可能性もあります。

5.ブロックチェーンでつながる・ひろがる がんサバイバーの輪(仮)
LAVENDER RING DAYのイベントを通じて、今まで互いを知らなかったがんサバイバーの方同士が、つながっていけることを目指した企画です。ブロックチェーンの技術を用いてトークン発行を行い、コミュニティ内のアクティビティの実証実験を仮定した取り組みを電通国際情報サービスと共同で開発中です。

6.がんかるた制作
がんと関係のない人でも、がんのことが分かる、「がんかるた」を作ります。がんサバイバー・サポーターの皆さん、当日、ぜひ「がんカルタ」の文章を、作ってください。皆さんの「かるた文」から、「がんかるた」を作ります!

7.Survivors group photo
LAVENDER RING DAYに参加したみんなが、その日つながったことを表現する大集合写真を撮影。
会場の中庭にあつまり、みんなで輪になって大きなラベンダーリングを描きましょう!
(中庭の横にある桜の花が満開になることをみんなで祈りましょう・・・!!)
※天候により内容が変更する可能性があります。

8.ステージコンテンツ
・「カバーメイクセミナー」山崎多賀子(美容ジャーナリスト)×青木和香恵(資生堂ライフクオリティビューティーセンター メーキャップケアリスト)
・「LAVENDER AWARD授賞式」プレゼンター:中島ナオ(デザイナー/2018年大賞)
・「3Dプリンタ親子ワークショップ 贈呈式」西口洋平(キャンサーペアレンツ)×参加者など多数のステージコンテンツを予定しています。

また、同施設内にある「がん在宅緩和ケア支援センター ういケアみなと」においても、がんに関連するイベントを開催する予定です。詳細は決まりしだい逐次発信いたします。

【がんと港区】
自治体として初めて、「がん」とともに生きるためのコミュニティづくりに取り組み、施設を開設した東京都港区。

今回イベント開催地となる「ゆかしの杜」は、2018年11月にオープンしました。昭和13(1938)年に竣工した旧公衆衛生院をリノベーションした建物は建築物としても魅力的で、歴史館の中には、触れる展示や期間を区切りテーマを替えた展示をする特別展・企画展もあり、かなり楽しめる新しい区民交流の場です。
また、「ういケアみなと」は、平成25年4月に策定した「みなと在宅緩和ケア支援センター事業計画」および平成28年2月に策定した「港区がん対策推進アクションプラン」に基づき、港区立がん在宅緩和ケア支援センター条例により、がんサバイバー(がんサバイバーである者を含む)が住み慣れた地域で安心して療養を営むことができるよう、がんサバイバー及びその家族を支援するため」に設置されました。
施設の愛称「ういケアみなと」は、区民の皆様からの公募により選ばれました。
区民一人ひとり(We)が力を合わせて、がんサバイバーやご家族など、がん在宅緩和ケアに関わる人たちをサポート(Care)していきたい、という気持ちが込められています。
ここは、がんサバイバーとそのご家族が住み慣れた地域で安心して療養生活を営むことができるよう、がんサバイバーおよびそのご家族を支援するなど福祉の向上を目的とした施設で、さまざまな活動を行なっています。

※1 LAVENDER RING : がんになっても笑顔で暮らせる社会を作ることを目指している、電通や資生堂の有志が中心となったボランティア活動。全がん色であるラベンダー色をシンボルとしています。2017年8月に東京で初めて企画開催。
企業や人、行政や学校、病院など活動の主旨に賛同する有志の方たちが自由に参加し、それぞれができることを持ち寄り、がんになっても笑顔で暮らせる社会の実現を目的として、具体的なアクションを起こしていく場であり活動です。

※2 資生堂ライフクオリティービューティーセンター : あざや傷あとなどの肌色変化や凹凸、顔のバランス、がん治療の副作用による外見上の変化などでお悩みの方に対し、プライバシーの保たれた空間で、お一人おひとりに合わせたメイクアップ方法を無料でアドバイスしています。
http://shiseidogroup.jp/slqc

※3 フォトグラファー 金澤正人 : 1988年、株式会社資生堂入社。クリエイティブ本部フォトディレクター。女優やタレントといった人物から商品写真まで、資生堂の広告写真を多数手がけている。
(社)日本広告写真家協会会員。2017年8月に東京日本橋で開催された日本最大のがんサバイバーのためのイベント「キャンサーフォーラム」内にて第1回目のMAKEUP&PHOTOを実施。これまでの「がんサバイバー」という暗いイメージを感じさせない生き生きとして自然な表情を撮影した。

<問い合わせ>
認定NPO法人キャンサーネットジャパン  担当 古賀・藤原
TEL 03-5840-6072 FAX 03-5840-6073
LAVENDER RING事務局 lavnederringday@gmail.com
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会