食品・飲料 美容・健康

機能性表示食品の梅酒ソーダテイスト飲料がリニューアル「機能性 酔わないウメッシュ」2021年3月9日(火)より全国発売

チョーヤ梅酒株式会社
チョーヤ梅酒株式会社(本社:大阪府羽曳野市、社長:金銅重弘、以下チョーヤ)は、日常生活や運動後の一時的な疲労感を軽減する機能性飲料「機能性 酔わないウメッシュ」を2021年3月9日(火)より全国発売いたします。


機能性 酔わないウメッシュ


「機能性 酔わないウメッシュ」がリニューアルして新登場





2019年6月11日より発売された機能性酔わないウメッシュは、スポーツを楽しんだ後や健康意識の高い方からご好評いただき、この度パッケージをリニューアルいたしました。


完熟南高梅果汁できゅっとすっぱい





「機能性 酔わないウメッシュ」は従来の「酔わないウメッシュ」よりも低カロリーで、果汁比率も高め、甘さを抑えたきゅっとすっぱい味わいをお楽しみいただけます。


「マイクロ粉末製法」で梅の種の成分もプラス





チョーヤ独自の「マイクロ粉末製法」で梅の種の成分をプラスし、まるで梅酒を連想させる深みのある味わいと、甘みを抑えた爽快な酸味で気分をリフレッシュしてくれます。


機能性関与成分はクエン酸2,700mg

果実由来のクエン酸が2,700mg入っており、日常生活や運動後の一時的な疲労感を軽減します。
クエン酸塩などの酸味料や香料、人工甘味料を使用せず無添加でつくりあげました。


日常生活や運動後の疲労感を軽減

●届出表示:本品にはクエン酸が含まれます。クエン酸は日常生活や運動後の一時的な疲労感を軽減することが報告されています。●本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。●1日当たりの摂取目安量:1本(350ml)●届出番号D181●摂取の方法:1日1回1本を目安にお飲みください。●摂取の注意:本品は多量摂取により疾患が治癒したり、より健康が増進するものではありません。1日の摂取目安量を守ってください。●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。


ターゲット層は酔わないウメッシュのコアユーザーである20-30代女性に加え、スポーツ実施率の高い20-30代男性や健康意識の高い60-70代男女等、幅広く訴求して参ります。

価格は従来品の165円(税別)から新価格142円(税別)と、よりお求めやすくなりました。


LINE限定!「機能性 酔わないウメッシュ」発売記念キャンペーン




2月16日(火)~3月2日(火)までLINE公式アカウントにてプレゼントキャンペーンを実施いたします。
ご応募していただいた方の中から抽選で「機能性 酔わないウメッシュ」1ケース24本を20名様にお届けします。

【応募方法】
1.「チョーヤ梅酒」のLINE公式アカウントを友だち追加
 【友だち追加はこちら】 https://lin.ee/Tk2NzyG
2.メニューから「キャンペーン応募はこちら」をタップ


チョーヤは「とどけ、梅のちから。」をスローガンに、梅のもつ新しい可能性を追求し、健康的で楽しい毎日を送れるよう梅の素晴らしさを世界中の人々にお届けします。

■製品概要
品名      「機能性 酔わないウメッシュ」
アルコール分  0%
名称      20%混合果汁入り飲料(炭酸ガス入り)
内容量     350ml
原材料名    果実(梅<和歌山県産>、レモン)、糖類(果糖、砂糖)、梅抽出液/炭酸
価格      希望小売価格 142円(税抜き)
入数      1ケース24本入り
※希望小売価格は販売店様の自主的な価格設定を拘束するものではありません。

■新発売要綱
発売地域    全国
発売予定日   2021年3月9日(火)

■会社概要
名称    : チョーヤ梅酒株式会社
設立    : 1962年6月
資本金   : 2,800万円
代表者   : 代表取締役社長 金銅 重弘
事業内容  : 梅酒、梅関連製品の製造販売
所在地   : 〒583-0841 大阪府羽曳野市駒ヶ谷160-1
主な販売先 : 全国酒類卸問屋、欧米各国、東南アジアなど諸外国
ホームページ: https://www.choya.jp

■お問い合わせ先
チョーヤ梅酒株式会社
TEL:072-956-0515(代表)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)