医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

ベストリハとエス・エム・エスが、デイサービス向け計画書作成支援システム「はやまる」の提供において業務提携

ベストリハ株式会社
~加算取得の算定サポートにより、デイサービスの経営安定を支援~

ベストリハ株式会社(代表取締役社長:渡邉仁、以下「ベストリハ」)は、この度、株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部、以下「エス・エム・エス」)と業務提携をし、ベストリハが開発・提供する計画作成支援ソフト「はやまる」(以下「はやまる」)の、エス・エム・エスが提供する介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」(以下「カイポケ」)への提供を開始します。本業務提携により、「カイポケ」を利用している通所系介護事業所様の介護報酬加算取得をサポートします。



2021年(令和2年度)の介護報酬改定では「ICTの活用」やCHASEなど「データの連携」などの科学的介護が求められ、データ管理することで点数化されることが打ちだされていますが、管理する項目が増えることや、新たな計画書作成業務が必要になるため、現場の方々はさらに業務負担が増えることも予想されます。
人材不足のなか、今以上に業務負担をかけるということに不安を感じる事業所様は多いかと思われます。
また、専門知識を持つPT、OTなどがいないため加算算定に必要な提供プログラムの作成が難しい、介護保険請求のために必要な帳票の記載が複雑などで加算取得を諦めていた事業所様も多数みえます。

そういったデイサービスの現場の悩みを解決するために「はやまる」は開発されました。

「はやまる」により計画書の自動化や進捗管理の自動化を行うことで業務効率化が図れます。また「はやまる」が蓄積しているビックデータより、最適なリハビリ提案を行うことが出来ます。これらの機能により、業務効率化と加算取得の両立が計れ、現場の悩みは少なくなるはずです。

今後、デイサービスの報酬改定に向けた対応として、加算取得は経営上重要な要素になります。

そこでこの度、都内を中心に28店舗のデイサービスを運営する「はやまる」を開発した「ベストリハ」と、介護事業者向け経営支援サービスの「カイポケ」を提供するエス・エム・エスは、カイポケ会員様へ向けた「はやまる」の利用促進を目指し業務提携をします。「はやまる」の利用により、算定業務の簡易化、専門知識がない看護職等の加算算定を可能とし、算定率向上などを実現します。今回、都内を中心に28店舗のデイサービスを運営する「はやまる」を開発した「ベストリハ」が開発した「はやまる」と、介護事業者向け経営支援サービスの「カイポケ」を提供するエス・エム・エスと業務提携と連携することで、カイポケ会員様に対しはやまるの利用を促進し、算定業務の簡易化、専門知識がない看護職等の加算算定を可能とし、算定率向上などを実現します。さらに、加算の取得により、介護事業者の収入増とともに、データ活用や自立支援・重度化防止および利用者のサービス満足度向上にも繋げ、介護事業者様の経営をより支援して参ります。

当社は、「はやまる」を通じて、介護医療業界の「不自由な世界を変える」を実現し、利用者様の「やりたいを叶える」、そして介護事業者様がITを当たり前に活用し、経営安定、質の高い介護サービスが提供出来るように貢献してまいります。


【サービス詳細】
デイサービスの加算である、個別機能訓練加算I・II、運動器機能向上加算、口腔機能向上加算を簡単に算定できるサポートツールです。デイサービスを展開するカイポケ会員様に向け提供します。

(1) サービス名
 はやまる

(2)はやまるの仕組み(機能) 
・アセスメント:専門職が通常行うヒアリングを選択式に選べる
・プログラム立案:ヒアリングから必要なプログラムを選択式に提示
・プログラム実施:日々の活動をプログラムとして実施
・サポート機能:グルーピング機能とアラート機能で、いつどの利用者に何を実施するべきかを自動表示
・データ蓄積:介護度改善に必要な運動量を即座に提示・事業所の介護度改善度がすぐわかる
・タブレット:電子署名が活用できる。書類もデータで管理が可能
・帳票作成:帳票の最大95%を自動で作成

(3)特長
 ・あらかじめ用意されている問診の実施で、利用者の状態を把握。いつ誰がどのような訓練を行えばよいのかを自動で判定しスケジュール策定
 ・利用者ごとに効果のある訓練を自動で提案
 ・従来1人当たり約40~50分かかっていた帳票作成を、平均約5分で作成。帳票作成時間を最大95%削減
 ・電話やリモートによるサポートや研修会の実施など充実の支援体制

【導入事業者の声】
 ・計画書の作成と管理が大変楽になりました。加算を取得していなくてもあらたに安心して取得できます。アラート機能などで今よりも管理がかなり楽になりました。
 ・口腔機能向上加算も取得できるので、新たに取得をしてみました。加算取得のための丁寧なサポートもあり、「カイポケ加算サポート」のおかげで業務量はほぼ変化ないまま定常的に収益アップを果たしています。


【「カイポケ」について】

カイポケは、ICT活用による介護事業者の経営・業務の効率化や働き方改革をサポートするクラウドサービスです。介護業務以外の間接業務を削減する業務支援機能、勤怠・給与・労務や会計などの経営・運営支援機能を提供し、介護事業者が目指す理想の介護サービス実現を支援します。現時点で約40のサービス・機能を展開しており、会員数は、全国約30,100事業所となります。(2021年1月1日時点)
URL:https://ads.kaipoke.biz/



【「はやまる」について】

「はやまる」は、デイサービスの機能訓練加算を算定できるようサポートするクラウドサービスです。機能訓練加算の算定には、人員配置や専門知識、業務量、法令などがありますが都内で何百と実施指導を経験してきたベストリハが積み上げてきたノウハウを元にシステムを作成しております。加算が初めてでも安心して加算取得ができます。また、これからの「データ蓄積とデータの活用」も目的に設計もされております。今後デイサービスや医療・介護がDX化していく中でも変化に対応できる経営と組織づくりをサポート致します。
URL: https://hayamaru.jp/


【ベストリハ株式会社について】
商号:ベストリハ株式会社
代表者:代表取締役 渡邉 仁(わたなべ・じん)
設立:2011年9月1日(創業2008年2月)
本社:〒110-0005 東京都台東区上野6-16-17 朝日生命上野昭和通ビル6階
資本金:1,500万円(準備金を含む)
従業員:471名(常勤420人、非常勤51人) ※2021年1月現在
事業内容:
ヘルスケアソリューション事業
・通所事業部(デイサービス28拠点/ジュニア3拠点/てへぺろレストラン)
・訪問事業部(訪問看護18拠点/訪問鍼灸/訪問介護)
PHRプラットフォーム事業
・メディミール(制限食の宅配サービス)
・はやまる(通所介護計画書作成支援システム)


【株式会社エス・エム・エスについて】
2003年創業、2011年東証一部上場。「高齢社会に適した情報インフラを構築することで人々の生活の質を向上し、社会に貢献し続ける」ことをミッションに掲げ、「高齢社会×情報」を切り口にした40以上のサービスを開発・運営しています。
名 称:株式会社エス・エム・エス
所在地:東京都港区芝公園2-11-1住友不動産芝公園タワー
代表者:代表取締役社長 後藤 夏樹
会社設立:2003年4月
資本金:22億4,668万円(2020年3月31日現在)
従業員数:連結:2,438人、単体615人(2019年3月31日現在)[飯塚1]
事業内容:高齢社会に求められる領域を、介護、医療、ヘルスケア、シニアライフの4つとし、さまざまなサービスを開発・運営
URL:https://www.bm-sms.co.jp/

(本件についてのお問い合わせ)
ベストリハ株式会社
広報担当 小林 美希
TEL:03-6284-4350
E-mail:pr@bestreha.com


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)