ビジネス・コンサルティング

患者安全に関する技術開発のリーディングカンパニーRLDatixとの協力を開始

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:村林 聡、以下、MURC)は、RLDatix(本社:ロンドン、CEO:Jeff Surges)との間において覚書を締結し、低・中所得国における患者・医療従事者の安全のためのテクノロジー活用等に関する情報共有、プロジェクト形成における協力を開始しました。


1.趣旨・背景
 MURCに設置したCenter on Global Health Architectureでは、グローバルヘルス(国際保健)の課題解決に取り組んでおり、特に感染症、非感染性疾患と高齢化、保健医療システムの領域で、デジタルヘルスやデータヘルスの持つ可能性に注目し、様々な活動を行っています。例えば、英国チャタムハウスなどグローバルヘルス分野における主要組織とのパートナーシップ構築・協働、低・中所得国における保健医療課題のデジタル技術による克服に向けた政策立案・実行支援、アフリカにおけるドローン活用型の医療物資配送・公衆衛生インフラ構築等を進めています。また昨年10月には、グローバルヘルス領域の民間企業の活動を促進するイニシアティブとしてWELCO Lab[1]を発足いたしました。
 一方、RLDatixは、30年に渡り患者安全のための技術開発・普及に努め、デジタル技術の活用で広く19カ国の医療機関の患者及び医療従事者の安全向上に貢献しています。具体的には、医療従事者のリスク管理、患者満足度向上、感染症サーベイランスのためのソフトウェア開発や、企業のリスク緩和のためのコンサルティングなどを行っています。また最近では、新型コロナウイルス感染症のワクチンに関して、米国の有害事象報告システムVAERS(認可されたワクチンの安全性の問題を検出するために設立された早期警告システム)への報告テンプレートをRLDatixのシステムに搭載し、報告の簡素化を可能にするなどの取り組みを行っています。
 また、世界的な状況として、WHO(世界保健機関)の患者安全に関するファクトシート[2]によると、適切ではない(unsafe)ケアに起因する有害事象は、世界の死亡および身体障害の10の主要な原因の1つとして考えられており、特に低・中所得国の医療機関では、適切ではないケアにより毎年1億3,400万件の有害事象が発生し、その結果、年間260万人が死亡しています。さらに、患者の危害を軽減するための投資は、大幅な財政的節約につながると言われており、患者の安全を重視した医療サービスを行うことが、近年の優先的課題となっています。
 そのようななか、MURCとRLDatixは、双方の知見とネットワークを活用しながら上記の課題解決にも貢献すべく覚書を締結し、以下の3つの領域において、協力を促進することといたしました。
 1)低・中所得国における手指衛生と情報技術を活用した患者及び医療従事者の安全向上のためのプロジェクト形成
 2)低・中所得国における患者安全のためのテクノロジー導入の可能性に係る情報共有
 3)日本の介護及び介護施設における安全に関する情報共有

 新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るうなか、これらの協力促進により、安全で質の高い医療サービスの提供がなされ、ひいてはユニバーサル・ヘルス・カバレッジにも大きな役割を果たすことを目指しています。

[1] 正式名称「WELCO Lab for Global Health」。https://welcolab.org/
[2] WHO Patient Safetyファクトシート。https://www.who.int/news-room/fact-sheets/detail/patient-safety

2.各組織の概要
■ RLDatix
RLDatixは30年に渡り、ヘルスケア分野における患者安全の技術の開発、普及に貢献してきたリーディングカンパニーです。適切ではないケアによる危害の影響を軽減し、医療機関が継続的に改善を行うためのソフトウェア開発などを行っています。RLDatixは世界19カ国に技術を提供しており、多くの患者がその恩恵を受けています。また、米国において介護施設における入居者の安全を担保することにも尽力しています。
・ホームページ:https://www.rldatix.com
・Facebookページ:https://www.facebook.com/pages/category/Software-Company/RLDatix-1194787023906159/
・LinkedInページ:https://www.linkedin.com/company/rldatix/

■ 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のシンクタンク・コンサルティングファームです。東京・名古屋・大阪を拠点に、民間企業向け各種コンサルティング、国や地方自治体の政策に関する調査研究・提言、経営情報サービスの提供、企業人材の育成支援、マクロ経済に関する調査研究・提言など、幅広い事業を展開しています。
本件は、グローバルヘルスの課題解決を図る当社組織Center on Global Health Architectureが担当しています。
・ホームページ:https://www.digitalsociety.murc.jp/globalhealth/architecture/index.html
・Facebookページ:https://www.facebook.com/cgha.murc/
・LinkedInページ:https://www.linkedin.com/company/25078975/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)