医療・医薬・福祉 暮らし

ICT活用で「オンライン登園許可」が可能に「小児科オンライン」と保育園グループ「ウィズチャイルド」の連携

株式会社Kids Public

株式会社Kids Public(所在地:東京都千代田区 代表/小児科医:橋本直也)は株式会社ウィズチャイルド(所在地:東京都多摩市 代表 田中鉄太郎)と連携し、同社が運営するオンライン医療相談「小児科オンライン」によるオンライン登園許可を可能にしました。本取り組みは、株式会社ウィズチャイルドが運営する4つの保育園全てで2021年1月より開始しています。コロナ禍でなるべく受診を控えたいという保護者のニーズが高まる中で、病院に行って登園許可証を取得せずとも、園児が安全に登園できる取り組みです。

●登園許可とは
保育園では、インフルエンザや溶連菌感染症など特定の感染症に罹患した園児が回復後に登園する前には、保護者に許可証の提出を求めています。これは園内での感染症の蔓延を防ぐことが目的であり、罹患した患児から他の児童へうつしてしまう可能性が低くなったことを担保するためです。標準的には、お子さんが回復したタイミングで、登園前に小児科を受診し、小児科医による状態の確認をとったうえで、問題がなければ登園許可証を受け取り、その書類を持って登園します。

●【受診不要】小児科オンラインを活用したオンライン登園許可の流れ

株式会社ウィズチャイルドが運営する保育園の園児の保護者は無料で「小児科オンライン」を利用でき、相談時に小児科医が伝えたアドバイスは希望に応じて園に連携されます。登園を迷う保護者は自宅から、登園前夜にオンラインで登園の可否を含めたアドバイスを受けることができ、問題がなければ登園前翌朝の受診が不要となります。十分回復していると判断され「翌日の登園は問題ないと思います」という小児科医からのコメントがあった場合、保育園はその情報連携をもって登園許可とみなします。

●「小児科オンライン」とウィズチャイルドの連携
「小児科オンライン」は、2017年に株式会社ウィズチャイルドに導入されました。ウィズチャイルド職員の福利厚生および、保育士が園児について小児科医に相談ができる体制整備として連携がスタートし、2020年からはコロナ禍の影響も受けてサービス利用者の範囲を拡大し、ウィズチャイルドの園児の保護者も無料で相談が可能です。今回、長引くコロナ禍の状況を踏まえ、より保護者に寄り添ったサポートができれば、という両社の想いから「小児科オンラインを活用したオンライン登園許可」が実現しました。これからも「小児科オンライン」は保育園との連携を進めて参ります。

●補足:スマホで相談「小児科オンライン」「産婦人科オンライン」とは

小児科オンライン(https://syounika.jp)・産婦人科オンライン(https://obstetrics.jp)は、24時間365日、小児科医・産婦人科医・助産師に相談できるサービスです。
相談方法は2つあります。
【1】産婦人科医、小児科医、助産師への「いつでも相談」
24時間好きな時間に専用フォームからメッセージで相談内容を質問できます。24時間以内に産婦人科医、小児科医、助産師が回答します。写真の添付も可能です。
対応時間:24時間 毎日
【2】産婦人科医、小児科医、助産師への「夜間相談」
スマホのLINEアプリや電話を使用してビデオ通話、音声通話、メッセージチャットのうち好きな方法で、直接産婦人科医、小児科医、助産師にリアルタイムで相談ができます。
対応時間:平日18時~22時
※オンライン登園許可は【2】「夜間相談」の小児科医とのビデオ通話を用いた相談限定の取り組みです。
※本サービスは遠隔健康医療相談サービスであり、医療行為ではありません。診断や薬の処方はできません。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)