医療・医薬・福祉

コロナワクチンセンターを設置し、接種と研究を推進

国立大学法人千葉大学
― 安全かつ有効なワクチン接種と日本人のデータ創出を目指す ―

千葉大学病院(病院長 横手幸太郎 千葉市中央区亥鼻1-8-1)は、2月1日「コロナワクチンセンター」 (センター長 猪狩英俊 感染制御部長/病院長補佐)を設置しました。今後、病院全体で当院職員や地域医療関係者等の新型コロナウイルスワクチン接種推進に取り組むとともに、医学研究院(医学部)と連携し、当院職員1,000人程度の協力を得て、ワクチンの有効性・安全性について研究し、学術発信を行い、高度先進医療の提供と地域医療への貢献を目指します。





活動内容

⑴当院職員及び地域医療関係者等に対するワクチン接種
・ 希望する全職員・地域医療関係者等へのワクチン接種の推進
・ 接種後の副反応(アナフィラキシーなど)対応の体制整備
⑵ワクチンの効果・副反応・免疫応答に関する研究(医学研究院と連携)
・ 当院職員より研究協力者1,000人程度を募集 ⇒ 全職員に協力意思を伺い、同意書の取得を行う
・ 1回目のワクチン接種前と2回目のワクチン接種後に採血及び唾液を採取・保存
・ ワクチン接種前後の抗体価を測定し、一部被検者についてはリンパ球の機能等を評価
(研究に協力する職員へ抗体結果を通知)
⑶ワクチンの正しい情報などを伝える啓発活動(医療者向けの動画、ポスターの作製など)

コロナワクチンセンター設置にあたっての横手幸太郎病院長のコメント

これまで目の前の患者さんを治療することに追われ、防戦一方でしたが、今後、安全にワクチンの接種を推進し、併せて日本人におけるワクチンの有効性など免疫学的な研究を行い、その成果を発信することにより、安心して暮らせる社会の回復に貢献したいと考えております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)