医療・医薬・福祉

2021年2月19日(金)美容皮膚科「レジーナクリニック」銀座院が移転拡大します。内装は洞窟をイメージしたデザインに

医療法人けんゆう会
美容皮膚科「レジーナクリニック(https://reginaclinic.jp/)」(医療法人けんしょう会 所在地:東京都渋谷区)は、2021年2月19日(金)にレジーナクリニック銀座院(https://reginaclinic.jp/clinic/ginza/)を移転拡大いたします。



▲レジーナクリニック銀座院 イメージ画像


内装コンセプト


 「Regina」は女神や女王を意味します。レジーナクリニックのロゴであるティアラは、女神の髪飾りを表しており、全ての女性が美しく輝き続けられるように美のトータルサポートをしたい、という想いが込められています。

 銀座院の内装は、女神が住む場所を表現したいと考えました。女神が住む場所として宮殿や神殿が連想されますが、「洞窟」に住んでいたという説もあります。その洞窟を内装に取り入れ、洞窟のイメージである“期待”や“新たな世界”を、院内で感じていただきたいと思いデザインしました。受付カウンターはせり上がった大きな1つの石と天井の造形を合わせることで、一体感のある洞窟を演出しています。

 また初めてご来院される患者様の、来院時からお帰りになるまでの気持ちの変化を内装で表現しました。来院時の悩みや不安な気持ちを「暗」、キレイになり自信がついてお帰りになる時の気持ちを「明」とし、気持ちの変化を明暗のコントラストで楽しめるようにしています。


 パウダールームは、がらりと雰囲気を変えオレンジレッドウッドの素材を使用し大人で高級感のある銀座らしさを演出しています。一部の鏡をスモークかかった素材にすることで、美の女神が過ごしているような神秘的な空間を造り上げました。


▲レジーナクリニック銀座院 イメージ画像


レジーナクリニックの感染対策


 患者様が安心してご来院いただけるよう、感染対策を徹底しております。ご来院時の手指消毒や検温マスク着用の他に、長期間抗菌可能な「イオニアミストプロ」を、全院にコーディングしています。

 イオニアミストプロは吹き付けるだけで、施工面がコーティングされる最新ウィルス対策です。成分は酸化チタンと水・アルコールのみで構成。酸化チタンは、化粧品・ホワイトチョコレート等の着色料として、広く使用されている安全性の高い素材です。成分に含まれる酸化チタン粒子が光にあたることで、ウィルスや細菌など有機物全般をバラバラにし、防汚・防雲・ガス分解・抗菌・水浄化等、様々な効果が長期間得ることができます。また、主要ウィルス減少率99%以上を誇り、病院の手術室といった「菌や汚れが絶対に許されない場所」での内装施工に使われているなど、高い信頼性があります。今後も患者様の安全を第一に考え、従業員が安心して働けるよう、徹底した感染対策を心がけて参ります。

※1 ご来院時に、スタッフが非接触型の体温計を用いて体温を測定いたします。37.5℃以上の発熱が確認された場合、また検温を拒否される場合は当医師の判断により施術等をお断りすることがございます
※2 換気の悪い密室空間にならない様、各クリニックにおいては機械式呼排気による換気を24時間行なっております


レジーナクリニック銀座院 クリニック情報


クリニック名:レジーナクリニック銀座院
所在地 :東京都中央区銀座6丁目6-1 銀座風月堂ビル6階
アクセス  :東京メトロ「銀座」駅B5出口より徒歩2分/JR「有楽町」駅中央口より徒歩5分
診療時間  :月~金 12:00-21:00/土日祝 11:00-20:00 定休日/なし(年末年始、臨時休診日を除く)
電話番号  :03-6264-6150


レジーナクリニックについて


 女性がより幸せな人生を送れるように、医療脱毛をメインとした美容医療サービスを提供しております。現在は全国に21院展開。女性専用・完全個室の院内は、空間デザインにもこだわっており、居心地がよく、安心して来院いただけるクリニックづくりを心がけております。 2020年5月には、美容皮膚治療専門のエトワールレジーナクリニック(https://etoile-rc.jp/)を表参道に開院。今後は脱毛施術のみに留まらず、美容皮膚治療やドクターズコスメ「chione(https://chione.reginaclinic.jp/)」のラインナップを充実させ、”美のトータルプロデュース“を目指して参ります。

レジーナクリニック公式サイト:https://reginaclinic.jp/
レジーナクリニック公式Instagram:https://www.instagram.com/regina_clinic/?hl=ja
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)