ホテル・レジャー 外食・中食

中国料理「王朝」 夏の名物が10年ぶりに復活!はちみつやレモンをアクセントに加えた「蜂蜜檸檬 美潤ランチ」を7月1日(月)より提供

ヒルトン東京
【2019年6月17日】ヒルトン東京(東京都新宿区 総支配人マイク・ウィリアムソン)2階中国料理「王朝」では、暑さで食欲が減退しがちな夏に贈る特製壺蒸しスープ付き『蜂蜜檸檬 美潤(びじゅん)ランチ』を7月1日(月)から8月30日(金)の平日限定、¥4,500にてご用意いたします。



王朝:https://www.hiltontokyo.jp/restaurants/dynasty


王朝「蜂蜜檸檬 美潤ランチ」
大きな蒸篭に鶏や香味野菜、金華ハムを入れ5日間じっくりと蒸し上げる『特製壺蒸しスープ』はコラーゲンたっぷりで、夏のクーラーによる乾燥肌や冷えにも嬉しい滋味深い味わいです。鮑や鶏肉に加え、棗、クコの実など身体に優しい食材がたっぷり入っています。

7月、8月の美潤ランチは、美容と健康効果も期待できるはちみつや、ビタミンCやクエン酸が豊富なレモンをアクセントに加えたメニューをご用意しています。ラベンダーはちみつで味付けした叉焼や、レモン、山椒、生姜、レモングラスのソースを和えた蒸し鶏などの『彩り冷菜の盛り合わせ』に始まり、ココナッツミルクにスパイス、干し海老とレモングラスを合わせたソースでいただく『海老、ホタテ貝のレモングラス入り海老ソース炒め』、更に「王朝」の夏の名物、『豚バラ肉のはちみつ煮 蒸しパン添え』がこの度10年ぶりにメニューに復活します。はちみつ、醬油、香辛料でじっくりと煮込み、トロトロ、艶々に仕上げた豚ばら肉は、口に含んだ瞬間とろける柔らかさ。ふんわりと甘い自家製蒸しパンで挟んでいただいたり、サイドのバルサミコ酢と合わせてご賞味ください。


王朝店舗

【蜂蜜檸檬 美潤ランチ 概要】
王朝店舗
■レストラン: 中国料理「王朝」 (ヒルトン東京2F)
■期間: 7月1日(月)~8月30(金)
■営業時間: 11:30am - 3:00pm(L.O. 2:30pm)
■料金: お1人様¥4,500 消費税、サービス料別途
■ご予約: ウェブサイト https://www.hiltontokyo.jp/restaurants/dynasty/plans


■メニュー:
王朝「蜂蜜檸檬 美潤ランチ」
・彩り冷菜の盛り合わせ
・海老、ホタテ貝のレモングラス入り海老ソース炒め
・鮑、鶏肉入り特製壺蒸しスープ
・豚バラ肉のはちみつ煮 蒸しパン添え
・茄子の辛味甘酢炒め入り冷やし麺
・はちみつ入りミルクプリン、小菓子


【中国料理「王朝」料理長 柳谷 雅樹】
中国料理「王朝」料理長 柳谷 雅樹
1983年、武蔵野調理専門学校を卒業後、1984年より老舗中国料理店「南国酒家」にて、中華料理の料理人としてのキャリアをスタートさせる。1986年、ヒルトン東京に入社。ヒルトン東京の開業時からある中国料理「王朝」にて、北京、上海、四川、広東を含む中国全土の料理を修得し、2009年に料理長に就任。2013年には、東京都知事表彰の優良調理師を受賞しました。現在も、同レストランに従事する26人の料理人を統括し、通常のオペレーションはもちろん、季節ごとのプロモーションなどで、伝統の味を守りつつ、現代の嗜好を取り入れた正統派中国料理を提供し続けています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会