企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

OKI、岐阜県の特別支援学校で初の遠隔職場実習を実施

OKI
障害のため通勤が困難な生徒たちが「会社に行かない働き方」を体験


遠隔職場実習の様子
OKIグループの特例子会社(注1)であるOKIワークウェル(https://www.okiworkwel.co.jp/)(社長:堀口 明子、本社:東京都港区、以下 OWW)は、6月10日~14日の5日間、岐阜県立可茂特別支援学校(https://school.gifu-net.ed.jp/kamo-sns/index.html)(校長:兒玉 哲也、所在地:岐阜県美濃加茂市)で、高等部3学年を対象に「会社に行かない働き方(在宅勤務)」を体験する遠隔職場実習を実施しました。2004年より開始したOWWによる特別支援学校(肢体不自由)向けの遠隔職場実習参加者は、延べ150名を超えています。

今回の遠隔職場実習では、学校の要請を受けて、OWWの社員が講師を務めました。重度障害があり通勤困難で在宅勤務をしている自らの体験・経験を活かし、自宅からネットワーク経由で、在宅勤務で最も重要なコミュニケーションなどのビジネススキルと、文書作成技術などのITスキルについて、実習を交えた指導を行いました。参加した生徒は、講師とコミュニケーションをとりながら、在宅で働く体験をしました。

遠隔職場実習を通じて、在宅勤務社員からは「在宅勤務という働き方だってある」「社会性、コミュニケーション能力を身に付けて欲しい」という、企業で働く者としてのメッセージを伝えました。参加した生徒は「こんな形で仕事ができる事を知り、重い病気とともに生きている僕たちにとっては、明るい未来を感じた。短い期間だが社会の一員として働く経験ができた。」と楽しそうに感想を話していました。

OWWでは現在、全国20都道府県において計54名の通勤困難な重度障害者が在宅勤務しています。障害者の在宅雇用の経験を学校教育に活かす取り組みとして、このほかに特別支援学校(肢体不自由)の児童生徒・保護者を対象とした「出前授業(https://www.okiworkwel.co.jp/lectures/career.html)」も実施しています。今後も、子どもたちの勤労観・職業観を育成するキャリア教育への支援活動を続けていきます。

用語解説
注1:特例子会社
「障害者の雇用の促進等に関する法律」に定める、障害者の雇用に特別の配慮をした子会社。


沖電気工業株式会社は通称をOKI、株式会社沖ワークウェルは通称をOKIワークウェルとします。
本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
OKIワークウェル
電話:03-5445-6805
e-mail:oww-info@oki.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会