医療・医薬・福祉 その他

介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」タブレット申し込み台数が20,000台突破

株式会社エス・エム・エス
~ICT活用による介護現場の業務効率化や働き方改革をサポート~

株式会社エス・エム・エス(代表取締役社長:後藤夏樹、東証一部、以下「当社」)が提供する介護事業者向け経営支援サービス「カイポケ」の「カイポケタブレット」申し込み台数が、提供開始から20,000台を突破しましたのでお知らせします。



超高齢社会に伴い介護ニーズが増大する一方で、団塊世代が75歳以上になる2025年に、介護職員が約34万人不足する恐れがあるとの推計が厚生労働省から公表されるなど(※1)、介護の人材不足は深刻です。一方介護現場では、書類作成や保険請求などのノンコア業務や、短時間の移動や立ち寄り、紙による情報やり取りなど非効率な業務に追われ、本来の利用者ケアに向き合うことができない事業所が多く存在しています。国も改善へ向け、ICT活用による生産性向上や業務効率化、働き方改革などを推し進めています。

カイポケは、ICT活用による介護事業者の経営・業務の効率化や働き方改革をサポートするクラウドサービスです。サービスの一つとして、介護現場で使用することで記録などの業務効率化、効率的な情報共有などが可能となるタブレットの提供をしておりますが、この度申し込み台数が20,000台を突破しました。特に訪問看護サービスへの導入に増加傾向がみられます。

※1:厚生労働省「第7期介護保険事業計画に基づく介護人材の必要数について」より

【「カイポケタブレット」について】
タブレットを導入することで、介護現場のさまざまな業務を効率化することができます。
(1) タブレット使用例
  1. 通所介護事業所
   ・サービス提供中に、タブレットから利用実績のデータを入力すると、カイポケにそのまま記録。
    介護保険請求などにも連動。
   ・複数のタブレットから利用者の状況確認が可能。
  2. 訪問看護ステーション
・訪問先にて、利用実績のデータを入力すると、カイポケに記録。介護保険請求などにも連動。
・タブレットにて利用者状況が確認できるため、看護師は直行直帰が可能。





左:通所介護用タブレットの利用者情報画面(イメージ)  右:訪問看護用タブレットの入力画面(イメージ)


(2)タブレット提供サービス種別
   ・居宅介護支援
   ・通所介護
・通所リハビリテーション
   ・訪問介護
   ・訪問看護
   ・サービス付高齢者住宅/在宅型有料老人ホーム
   ・障がい児通所支援
   ・福祉用具貸与・特定福祉用具販売
   ・その他

(3) レンタル料金
   1事業所につき1台目は無料、2台目以降は3,000円/月額(税別)
    ※一部サービスは無料レンタル対象外

【「カイポケ」について】

カイポケは、ICT活用による介護事業者の経営・業務の効率化や働き方改革をサポートするクラウドサービスです。介護業務以外の間接業務を削減する業務支援機能、勤怠・給与・労務や会計などの経営・運営支援機能を提供し、介護事業者が目指す理想の介護サービス実現を支援します。現時点で約40のサービス・機能を展開しており、会員数は、全国約24,250事業所となります。
URL:http://ads.kaipoke.biz/

【株式会社エス・エム・エスについて】
2003年創業、2011年東証一部上場。「高齢社会に適した情報インフラを構築することで人々の生活の質を向上し、社会に貢献し続ける」ことをミッションに掲げ、「高齢社会×情報」を切り口にした40以上のサービスを開発・運営しています。
名 称:株式会社エス・エム・エス
所在地:東京都港区芝公園2-11-1住友不動産芝公園タワー
代表者:代表取締役社長 後藤 夏樹
会社設立:2003年4月
資本金:22億876万円(2019年3月31日現在)
従業員数:連結:2,438人、単体615人(2019年3月31日現在)
事業内容:高齢社会を、介護、医療、キャリア、ヘルスケア、シニアライフ、海外の6つと捉え、さまざまなサービスを開発・運営
URL:https://www.bm-sms.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会