暮らし 医療・医薬・福祉

第7回 「臍帯血による再生医療研究会学術集会」が開催されます。

株式会社ステムセル研究所

白血病などの難治性血液疾患への移植治療のみならず、現在、再生医療分野で大変注目されている、臍帯血を利用した最新医療とその研究内容について、毎年開催されている「臍帯血による再生医療研究会 学術集会」にて、その成果が発表されております。
当学術集会は、本年第7回を迎え、来たる2019年7月20日(土)に母子愛育会総合母子保健センター所長 中林正雄先生が会長を務められ、同センター愛育病院(東京都港区)にて開催されます。

本学術集会では、高知大学医学部における日本初の自家臍帯血を用いた脳性麻痺に対する臨床研究や大阪市立大学が中心となり第二相試験が計画されている、低酸素性虚血性脳症に対する臨床研究の成果や今後の展望、また自閉症スペクトラム症に対する研究計画などが発表される予定です。

加えて、大いなる可能性を秘めている臍帯や羊水由来の間葉系幹細胞を使用した、最新の再生医療の研究開発や将来的な臨床応用に関する発表も予定されております。
なお、学術集会終了後にはご希望のメディアの皆さまへ、当会代表世話人 相良祐輔先生らによるメディア懇談会を予定しております。

本件に関しまして、ご質問などございましたらお気軽にお問合せ下さい。


お問い合わせ先
臍帯血による再生医療研究会 事務局(株式会社ステムセル研究所 内)
TEL: 03-5408-5325
Mail: stemcell@stemcell.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会