デジタル製品・家電 美容・健康

樹木が発散する揮発性物質「フィトンチッド」に新型コロナウィルス(SARS-Cov-2)の不活化効果を確認

フィトンチッドジャパン株式会社
~新型コロナウィルスによる感染症対策に~

フィトンチッドジャパン株式会社(本社:京都府精華町、代表取締役:逢坂達也)は、森林浴成分として知られるフィトンチッドの溶液研究と用途開発を行っています。 この度、フィトンチッドジャパンが開発するフィトンチッド溶液(PT-150VR)について、バイオアイ株式会社、株式会社Growlinkと共同で新型コロナウィルス(SARS-Cov-2)へのウィルス不活化試験を実施し、その不活化効果を確認しました。


(新型コロナウィルス不活化試験について)
試験内容: フィトンチッド溶液(PT-150VR)に対して新型コロナウィルスの不活化効果を検証する。
試験機関: (株)ビオスタ
試験場所: 鳥取大学医学部
試験監修: 吉山裕規(島根大学医学部微生物学 教授)
ウィルス: SARS-COV-2
細胞: VeroE6/TMPRSS2

(試験方法)被験物質とウィルス溶液を混合し、室温で30分の所定の反応を行った。
結果、PT-150VR水溶液は、常用対数で3.0(=99.9%)のSARS-Cov-2不活化効果を示した。

【フィトンチッドとは】
自ら移動することができない樹木は、外敵からの攻撃や刺激を受けても逃げることができません。そのため、自分自身を守る手段として、傷ついたときに傷口から病原菌が感染するのを防いだり、害虫などを寄せ付けない揮発性物質を放出しています。それが、フィトンチッドです。

フィトンチッドは、これまでの科学的研究によって、抗酸化能力やリラックス効果、塵や花粉などの飛散を抑制し空気中のバランスを整えるといった森林浴効果の他、病原菌やウイルスに対しての強い抗菌、除菌力を持つこともあきらかになっています。


【会社概要】
会社名: フィトンチッドジャパン株式会社
所在地: 京都府相楽郡精華町光台1丁目7 けいはんなプラザラボ棟
代表者: 代表取締役 逢坂達也
設立: 2011年7月
URL: https://www.phytoncide.co.jp/
事業内容: フィトンチッドに関わる研究と用途開発

【お客様からのお問い合わせ先】
フィトンチッドジャパン株式会社
TEL:0774-66-5111
e-mail:info@phytoncide.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)