アパレル・ファッション 美容・健康

okamoto journal vol.15 春はニオイのピーク!春の汗は夏より臭い?休眠汗腺の増加による「ベトベト汗」がニオイの原因!

岡本株式会社
春の足のニオイに効果を発揮「SUPER SOX(スーパー ソックス)」、ECサイト売上前年比114%達成!※ 

~靴下の岡本が、各界の専門家を編集長にお迎えしてレッグウエアにまつわるトレンドニュースをお届けします~  第15回編集長 東海大学理学部化学科教授 関根嘉香先生  暖かくなると汗ばむことが増えてきますが、実はこの時期の「春の汗」が一番臭いと言われています。汗をかく量は夏より少ないはずなのに、なぜニオイがきつくなるのでしょうか?ニオイの専門家、東海大学理学部化学科教授 関根嘉香先生に原因とその対策についてお話を伺いました。 ※2019年と2020年の同月(10月~12月)比較



春の汗が臭い原因1.「ベトベト汗」



 人は気温が高くなると体温が上がり、汗をかくことで体温を下げて体温調節をしています。また、人の皮膚の表面にある汗腺は常に全てが働いているのではなく、休んでいる汗腺「休眠汗腺」があり、冬の寒い時にはこの「休眠汗腺」の割合が増加します。「休眠汗腺」の割合が多い状態のまま急に暖かくなると、一部の汗腺からまとめて汗が出るため、ナトリウムなどを多く含んだ「ベトベト汗」になってしまいます。運動などでよく汗をかいている人の「サラサラ汗」はすぐに乾きますが、「ベトベト汗」は乾きにくく、汗から放散されるニオイ成分がいつまでも出続けてしまいます。
 また、もともと汗は酸性ですが、「ベトベト汗」は少し塩基性側に傾くため、皮膚表面にいる常在菌の働きが活発になります。これが、汗の中の成分を酸化、分解し、非常に臭いニオイ成分を発してしまうのです。



春の汗が臭い原因2.ストレス、疲労

 春は環境や人間関係が変化することが多く、ストレスや疲労を感じやすい時期です。精神負荷がかかると、手のひらや足の裏にいわゆる「精神性発汗」が起きて「酢酸」が放散されます。また、精神的ストレスや疲労が原因で「アンモニア」が全身から放散される「疲労臭」も注意が必要です。汗と一緒に出るだけでなく、皮膚の下にある血液からも直接放散されてしまいます。


春の汗のニオイ対策

 ニオイ対策として大切なのは、適度な運動をして汗腺を衰えさせないことです。また、毎日お風呂に浸かって汗をかき、ストレスをためないこと、汗を落とすことも重要です。また、汗をかいたら濡れたハンカチ・タオルで拭くようにしてください。汗は体温を下げるためのものですので、乾いた布でふき取ると皮膚表面の水分がなくなってまた汗が出てきます。濡れた布で拭くと皮膚表面の湿度が保てるので発汗する量も抑えられます。また、市販の制汗剤、消臭効果のある衣類、靴下も効果的ですので、積極的に活用してください。



春の“足のニオイ”の原因は、「ベトベト汗」+靴の中の蒸れ



 春先は、足のニオイも気になります。足は主に汗の中の「酢酸」が揮発することで臭いますが、加えて靴の中が蒸れやすいという特殊な要因があります。「酢酸」のニオイと共に、「ベトベト汗+蒸れ」の相乗効果で、皮膚常在菌の働きが非常に活発になり、分解物である「イソ吉草酸」が大量に放散されてしまうのです。
 先日、靴の種類による「イソ吉草酸」の放散量の違いの調査をしたところ、バスケットシューズなどの密着性の高い靴や人工皮革の靴が蒸れやすく、皮膚常在菌の活動が活発になることで「イソ吉草酸」の放散量が増えるという結果が出ました。大事なのは足から出た汗をいかに早く足から逃がし、蒸れた状態を作らないこと。足のニオイ対策には、靴や靴下選びも非常に重要です



東海大学理学部化学科教授 関根嘉香先生 プロフィール

博士(理学)/慶應義塾大学大学院理工学研究科修了後、日立化成社を経て現職。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科非常勤講師、神奈川県立保健福祉大学非常勤講師を兼務。専門は「環境と健康の化学」。皮膚ガス研究の第一人者。



「SUPER SOX」 ECサイト前年比売上114%達成!※ 寒い時期こそ足のニオイケア

靴の中は、寒い季節でも温度差によって汗ムレやニオイが発生しやすい環境にあります。
気温の下がる時季でも、当社ECサイトでは「SUPER SOX」が前年比114%※と好調で、春夏シーズンと同等の売上を記録しています。足もとのニオイ対策として、ぜひお試しください。
※2019年と2020年の同月(10月~12月)比較
https://shop.okamotogroup.com/disp/CSfDispListPage_001.jsp?bc=OKASSX&pbc=OKASSX


24時間におわない靴下 SUPER SOXのご紹介

「SUPER SOX」は、吸湿性・放湿性・消臭性に優れるウールを主原料に、岡本が独自開発した素材「ニューブリーズファイバー」(特許取得※)を使用しています。発生したニオイに対して優れた「消臭力」を発揮するだけでなく、ニオイ発生の原因となるムレ~細菌増殖に対して、優れた「吸湿・放湿性」の効果でアプローチ。気になる足もとのムレやニオイを軽減し、サラサラな肌触りを保ちます。春の足のニオイの原因「ベトベト汗+靴の中の蒸れ」対策に是非お試しください。
※特許第3529371


クルー丈 リブ柄 1,100円(税込)
14cm ストライプ柄 880円(税込)
サイズ/24-26cm、26-28cm(共通)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)