アパレル・ファッション 美容・健康

フランス・ドイツで発明賞受賞!特許技術で身体を「温め」、「巡り」をサポートする「《温活》マイナスイオンショーツ」が日本初上陸!

株式会社ライフラップ
一般販売に先立ち、4月11日(日)まで応援購入サービス 「Makuake」にて先行予約受付中

株式会社ライフラップ(本社:東京都港区、代表取締役:江 雅子)は、毎月のあの不快感に悩んでる女性に新たなライフスタイルを提案するため、海外で大人気のマイナスイオンショーツの取り扱いを開始しました。独自の特許技術を採用し、ドイツ・フランス等の欧米各国で国際発明賞を受賞した、人気商品がついに日本初上陸となります。 2月22日(火)より応援購入サービス 「Makuake」にて、先行販売を開始しました。





【Makuakeプロジェクトページ】
フランス・ドイツで発明賞受賞の【温活マイナスイオンショーツ】が日本へ上陸!
https://www.makuake.com/project/nanoone




《温活》マイナスイオンショーツとは



1. 特許技術で体の「温め」や「巡り」をサポート
特許技術ナノテクノロジーを生かし、伸縮性がある100%植物繊維の極上テンセル素材の生地にマイナスイオンを織りこみ、こだわりのショーツに仕上げました。 マイナスイオン繊維とテンセル繊維、両方の良さを兼ね備え、新感覚の心地良さ を感じて頂けます。




現代人の生活は、体に悪影響を及ぼすプラスイオンに囲まれています。プラスイオンが多いと、自立神経の緊張や血管を収縮させる作用があると言われています。
マイナスイオンショーツは、体表面のプラスイオンとショーツに織り込まれたマイナスイオンがお互いを引きつけあうことで、プラスイオンによる悪影響を軽減させ、体の巡りがよくなり、自由と快適を実現します。
また、着用した腹部は、遠赤外線との相乗効果による活動が活発になります。
定期的にマイナスイオンショーツを穿いて、心身が解放されたかのような感覚になるようサポートします。




2. 抗菌防臭、洗濯して繰り返し使用可能

マイナスイオンには細菌を中和させる効果もあります。目に見えない保護膜が形成されることで、細菌との接触を減少してくれます。
生理中の気になる匂いや痒みの発生は、デリケートゾーンにて酸化して雑菌が繁殖することが原因のひとつですので、マイナスイオンショーツの抗菌・防臭効果もお役にたてます。

また、マイナスイオンショーツは表面のプリントだけではなく、特許技術ナノテクノロジーの布を使用して製作している為、通常の着用、正確な洗濯方法で使用されている場合、マイナスイオンによる効果は自然減少することはありません。




3. 世界にも認められた優れた製品

「マイナスイオンショーツ」が台湾で発売後は他の女性下着の類を見ない機能性やアイデアが評価され、海を越えてドイツ・フランス等の欧米各国で国際発明賞を受賞しました。


4. 各研究機関で効果を実証済み

■マイナスイオンショーツの効果を実証するため、医師協力のもと、人体実験を実施しました。被験者の女性が3ヵ月間マイナスイオンショーツを穿き続けた結果のアンケートをとり、平均46%の痛みが減少されたとの回答、鎮痛剤を飲む人数の割合が1/3に減ったとの回答を頂きました。その実験結果はアメリカの臨床試験登録サイトClinicalTrials.govにも登録されております。




■その他、National Sun Yat-sen University協力のもと、マイナスイオンショーツを穿くことにより、
iNOS(炎症を起こす細胞)を抑制する効果が実証されております。



商品概要




商品名:NANOoneマイナスイオンショーツ
価格:5,500円(税込)
サイズ展開 M (ヒップ85~93cm)
      L (ヒップ90~98cm)
      LL(ヒップ95~103cm)
素材:テンセル55%・マイナスイオン毛糸42%・ポリウレタン3%
生産国:台湾

応援購入期間

2021年2月22日(月)~2021年4月11日(日)まで
以下のURLより応援購入が可能です。
https://www.makuake.com/project/nanoone

SNS

・Facebook:https://www.facebook.com/NANOone-Japan-126097189390116
・Instagram:https://www.instagram.com/nanoone_japan_official
・Twitter:https://twitter.com/Nanoone_Japan
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)