医療・医薬・福祉

女性ならではの健康の悩み・重症化リスクの高い婦人科系疾患 かかりつけ医に相談できている女性は1割に留まる

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社
臨床検査薬・機器を扱うヘルスケアカンパニーのロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)は、15歳~69歳の女性5000名を対象に「かかりつけ医」に関する調査を実施いたしました。



5割を超える女性が、「婦人科系の疾患について相談できる『かかりつけ医』」の必要性を感じているが、実際に相談できるかかりつけ医をもっている人は1割に留まる。
婦人科系の疾患について不安を感じたり罹患を疑っても、約4割は受診をしておらず、がんを疑う場合でも、3‐5割は受診していない。
受診しない理由は、「近所や通いやすい場所に産婦人科がない」「誰に相談していいのかわからなかった」「ほうっておいてもそのうち治まる/治ると思った」「受診にお金がかかる」などが上位に入った。

女性のライフステージは思春期、性成熟期、更年期、老年期と年代によって分かれ、それぞれのサイクルで身体に起こる変化や健康リスクが異なります。わずかな不調も見逃さないためには、定期的な産婦人科受診が求められますが、「産婦人科」や「婦人科」は、「妊娠してから行く病院」というイメージが強く、抵抗を感じる人も少なくありません。

しかし、女性特有の疾患には、症状が現れる頃には重篤化している場合や、妊娠を臨んだタイミングで身体に何らかのトラブルを抱えている場合があります。そのような事態を防ぐためにも、小さな変化や不調、避妊や性感染症の予防など、家族や友人に相談しにくい話題を相談できる「かかりつけ医」をもっておくと安心です。

昨今の新型コロナウイルス感染症の流行により受診控えの傾向があると言われている中で、自己判断による受診控えによって取り返しのつかないことにならないよう、まずはご自身の健康不安について相談できる「かかりつけ医」をもち、相談できる環境を作っておくことが重要です。

今回の調査は、女性が日常生活において女性ならではの健康への不安にどのように向き合っているのか、また適切に医療機関を活用できているかを明らかにするために、5000人の女性を対象にオンラインで実施いたしました。

ロシュ・ダイアグノスティックスは、臨床検査を通じて人々の健やかな生活、より豊かな人生に貢献すると共に、検査の重要性を伝えるために、引き続き情報発信にも努めてまいります。

調査概要
調査名:女性のかかりつけ医に関する調査
調査期間:2020年12月18日~12月21日
調査方法:インターネット調査
調査対象:15歳(高校生以上)~69歳の女性 5000人
実施機関:株式会社クロスマーケティング

調査結果詳細


全体の5割以上が、「婦人科系の疾患について相談できるかかりつけ医」の必要性を感じているが、実際に相談できるかかりつけ医をもっている人は1割に留まる。
婦人科系疾患について不安を感じたり罹患を疑ったことがある人の中で、実際に医療機関を受診した人の割合は平均で約6割、子宮頸がん、不妊症の7割から更年期障害の3割まで疾患によって受診率は異なる。
受診しなかった理由としては、近所に通いやすい産婦人科がない、知っている産婦人科がないなどの情報不足のほか、ほうっておけばそのうち治るという楽観的な考えや経済的な問題などが上位に並ぶ。



図1:婦人科系疾患についての相談ができる「かかりつけ医」に対する認識
図2:「かかりつけ医」の認知度・有無
図3:これまでに不安を感じたり罹患を疑ったことのある婦人科系疾患と受診の有無 (A、Bは回答実数)
図4:不安を感じたり罹患を疑ったものの受診をしなかった理由

上坊 敏子 先生JCHO相模野病院 婦人科腫瘍センター 顧問からのコメント
多くの女性が「女性ならではの健康の不安」について医師に相談できていない現状にあることがわかります。婦人科系の疾患は気付いた時にはすでに病状が進行しており、治療成績が悪いものもあります。まずは近くの産婦人科や婦人科を訪ねて、ご自身の「かかりつけ医」として定期的に受診することをおすすめいたします。最近はインターネットをはじめ様々な形で疾患に関する情報を入手しやすくなっていますが、正確な情報を入手することは難しいです。健康について不安がある時は、専門医に相談し正しい情報を得ることが大切です。

参考情報
ロシュ・ダイアグノスティックスの女性のための「かかりつけ医」に関する取り組み

女性のための「かかりつけ医」 のススメ (ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社)

https://www.roche-diagnostics.jp/ja/general/women_health.html
産婦人科や女性特有の病気についてまとめた冊子(PDF)をダウンロードできます。(無料)


オンラインイベント『わたしたちのヘルシー ~心とからだの話をはじめよう~』への協賛

https://wha2021.cinra.net/ (公式サイト)
2021年3月6日(土)・7日(日)  CINRA.NETのYouTubeおよびShe isのInstagramで配信(無料)
CINRAとWomen's Health Actionがプロデュースするオンラインイベントです。女性の健康週間(3月1日~8日)と国際女性デー(3月8日)にあわせて開催されます。ロシュ・ダイアグノスティックスは、本イベントにおいて、女性が「かかりつけ医」を持つことの大切さをテーマにしたトークイベントを実施します。

会社概要
創立125周年を迎えるロシュグループは、ヘルスケア業界で革新を起こし続ける、世界有数のバイオテックカンパニーです。医薬品と診断薬を併せ持ち、健康・予防・診断・治療・予後のすべてのステージにおいて、医療従事者の皆さまと患者さんが最適な治療選択や意思決定をできるよう支援しています。
ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社はロシュ診断薬事業部門の日本法人です。日本における診断薬事業は50年の経験と実績があり、2021年1月現在で従業員728人、全国9都市に支店を有し、体外診断用医薬品・医療機器事業、研究用試薬・機器事業などを幅広い領域で展開しています。診断の革新によりヘルスケアの未来を形づくり、人々がより健やかに、自分らしい人生を送れるようサポートすることを目指しています。
詳細は、http://www.roche-diagnostics.jpをご覧ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)