医療・医薬・福祉 美容・健康

防災備蓄品にも入れておきたいシニア向け着圧ソックス、ラクラク歩行(ウォーク)アクティブシニアの着圧ソックスに新色登場!

加藤貿易株式会社
シニア世代の脚の悩み・課題を解決する 『ラクラク歩行(ウォーク)』 を展開する加藤貿易株式会社(所在地:東京都港区 代表取締役:加藤克也)は、2021年2月25日より「アクティブシニアの着圧ソックス」から新色の発売を開始致しました。



シニア専用の着圧ソックスとして好評をいただいている「アクティブシニアの着圧ソックス」に、新色ブラックが登場です。これまではベージュのみの展開でしたが、黒色のシニア向け着圧ソックスが欲しいというお客様からのお声を多くいただき、ブラックカラーを新たに販売することを決定いたしました。

■『ラクラク歩行(ウォーク)』の開発背景
開発の発端は、弊社代表やメンバーの祖父母が転倒がきっかけで寝たきりになってしまい、それ以降二度と歩くことが出来ないまま生涯を終えてしまった過去の経験にあります。「病気や衰弱は医師の元でないと難しいけれど、転倒事故の予防なら可能なのでは?」という思いで、2017年にシニア向け転倒予防商品の開発が始まりました。整形外科医や理学療法士、転倒予防指導士など専門家の声を取り入れながら改善に改善を重ねること3年。延べ2,000人の声・データを反映させ、ようやく安心安全のクオリティでお届けできる商品を完成させました。

高齢者の3人に1人は、1年間に一度以上の転倒を経験すると言われます。転倒は、脳血管障害・認知症・高齢による衰弱に続く4番目に多い要介護の原因で、事故によるものでは最も多いものとなっています。要介護者数633万人のうち、約75万人が転倒・骨折により要介護・寝たきりになっているという事実を見ても、健康寿命の延伸において転倒を予防することはとても重要であると言えます。そして、転倒予防に最も有効な手段は運動です。中でも気軽に始められるのは「歩く」ことですが、筋力低下やむくみや痛み、転倒の危険性から歩くことに前向きになれないシニアの方も多くいます。そんな方々の悩みや課題を解決すべく、自然と楽しく歩ける毎日をサポートする商品として生まれたのが『ラクラク歩行(ウォーク)』なのです。


■整形外科医の監修を受けた商品開発
弊社で扱う商品は全て整形外科医の石橋英明先生の監修をうけ医学的な知見を取り入れた商品です。また、シニアの方への着用モニタリングを行い、その声を商品開発に反映させることで使用感や日々の使いやすさにもこだわっています。「簡単」「手軽」「毎日身に着けられる」をコンセプトに本当に役立つ商品をお届けします。

■「アクティブシニアの着圧ソックス」とは
製品モニターになっていただいたシニアの方との雑談の中で、多くの方が「足の重だるさ」で困っていることが分かりました。「下半身が重いと外出する気分が下がってしまってつらい。かといってこれまでの一般的な着圧ソックスは締め付けが強すぎて痺れてしまう」という声に応え、開発したのがシニア専用の着圧ソックスです。
・ 優しい着圧となるシニア専用設計
・ くちゴムゆったりタイプで長時間でも足がラク

■商品概要
名称: アクティブシニアの着圧ソックス(ブラック)
発売日: 2021年2月25日
価格: 1,980円(税別)
サイズ: S-M、M-L
販売場所: 下記オンラインショップ
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B08G1FQ787
楽天: https://item.rakuten.co.jp/monoproduction/raku0002/
Yahoo!: https://store.shopping.yahoo.co.jp/bodycreate/raku0002.html




■ラクラク歩行(ウォーク) とは
『ラクラク歩行(ウォーク)』は、人生100年時代をより健康にアクティブに楽しむ人のための健康促進グッズブランドです。アクティブシニアの健康寿命を促進することで社会をより良いものにしたいと考えています。
加藤貿易のビジョンは「世の中の一つでも多くの笑顔を創り幸せとは何かを探求し続ける」こと。
私達はこれからもシニア世代の悩みや課題に寄り添い、シニアの健康寿命を延ばし楽しいシニアライフを応援していきます。


【会社概要】
社名: 加藤貿易株式会社
代表: 代表取締役  加藤 克也
本社所在地: 東京都港区芝大門 2-11-18 芝関野ビル 3 階
URL: https://katotrade.com
設立年: 2009 年 6 月
資本金: 1,000,000 円
従業員数: 9 人
事業内容: モノプロダクション事業 (- ブランドセクション - アライアンスセクション )、OEM 事業

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)