教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

外国人採用を支援 特定技能・技能実習生向けNAVISオリジナル日本語テキストブック「MANTEN」をリリース

株式会社NAVIS
世界初のブルーカラー学習者向けに開発されたテキストブック。日本で働きたい特定技能(SSW)と技能実習生(TITP)の日本語学習者をサポートします

令和3年2月25日、ナビスヒューマンリソーシズプライベートリミテッド(インド・ベンガルール本社)にて在ベンガルール日本国総領事館 杉田明子総領事、天生副総領事が、NAVISオリジナル日本語教科書「MANTEN」のリリースセレモニーに参加し、SSW(特定技能)とTITP(技能実習)研修生を激励しました。





MANTEN 授与式
在ベンガルール日本国総領事館 杉田総領事、天生副総領事、看護師のNAVIS 研修生、NAVIS CEO 鴛渕貴子
NAVIS Human Resources Private Limited (インド・代表 鴛渕 貴子 以下、NAVIS) が2021年2月25日、インド・ベンガルールで運営する人材育成会社「NAVIS Human Resources Pvt. Ltd.」より、特定技能・技能実習生などのブルーカラー学習者の、日本語レベルN5、N4合格にフォーカスした日本語テキストブック「MANTEN」のリリースを発表した。

NAVISは、2002年より日本語研修、人材紹介会社としてスタート。18年間で約8000人のインド人に日本語研修を実施してきた。主に高度人材であるホワイトカラーの学習者に対して研修をしていたが、2018年にインド政府より技能実習制度送り出し機関に認定され、2019年3月より合計31名の技能実習生とインド初の特定技能生3名を送り出している。

NAVISのオリジナルテキストブックシリーズは、ホワイトカラー向けに「DEKIRU」を18年間使用し、高い習得率を実現している。この度リリースしたブルーカラー学習者向け「MANTEN」は、18年間の研修実績と2018年より技能実習、特定技能向けの研修経験を踏まえたノウハウを元に開発された。


NAVISは18年の人材紹介事業の観点から、日本への人材紹介には日本語習得が最重要課題として捉え、インドの豊富なブルーカラー人材を特定技能や技能実習制度を通して日本へ紹介するために、試験合格を目的としたテキストブックを研究開発した。また、クオリティの高い日本の仕事現場で使える活きた日本語を身につけるため、12名のネイティブ日本語講師体制がある。

インドは、2021年1月19日に特定技能に係る協力覚書(MOC)が署名され、今後インドから日本への人材紹介が加速していく。アジア諸国から、次なる人材供給国となるインドは、インド政府が提唱する「Skill India」を受け、人材育成が焦点となる。慢性的な人手不足の日本へ、日本語研修を半年でN3レベルに仕上げ、インド人ホワイトカラー、そしてブルーカラーの豊富な人材のスキル育成につながるキャリア開発を支援していく。



MANTEN と研修生
MANTEN 授与式


NAVIS COO Rajeshwari,NAVIS CEO 鴛渕貴子 在ベンガルール日本国総領事館 杉田総領事、天生副総領事


杉田総領事、天生副総領事とNAVIS INDIA 日本語講師



NAVISオリジナル日本語テキストブックの紹介
ブルーカラー学習者向け「MANTEN」シリーズ
「MANTEN N5」
「MANTEN N4」
「MANTEN N3」*2021年5月リリース予定

ブルーカラー学習者向け MANTEN
ホワイトカラー学習者向け「DEKIRU」シリーズ:
「DEKIRU N5」
「DEKIRU N4」

高度人材向け DEKIRU

企業情報
NAVIS Human Resources Private Limited
CEO 鴛渕 貴子 (Takako Oshibuchi)
#479, 45th Cross Rd, 8th Block, Jayanagar, Bengaluru, Karnataka 560082, India.
インド国内: 080-4121-8900 海外からの通話: +91-80-4121-8900
メール:info@navis.in URL : www.navis.in
設立日:2002年11月6日

事業内容:
インド人の採用、人材育成としての日本語研修、マナー研修を実施。技能実習制度・特定技能による日本へ人材の紹介まで、ワンストップで提供する





企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)