医療・医薬・福祉

縫合創用ドレッシング「サージフィット(SURGIFIT)」  内視鏡外科手術などの創に適したサイズが新登場

ニチバン株式会社

ニチバン株式会社(本社:東京都文京区、社長:堀田直人)は、術後ケア製品「アスカブリック(Ascablic(TM) )」シリーズの縫合創用ドレッシング「サージフィット(TM)(SURGIFIT(TM))」から、内視鏡外科手術などの創に適した新サイズを6月27日(メーカー出荷)から医療施設向けに新発売します。



近年増加傾向にある内視鏡外科手術に対応する、シリーズ最小サイズを今回新たにラインアップに加え、全4サイズを展開します。
サージフィット(TM)は、高吸水性繊維に開孔部を設けたパッドの採用により、高い吸水性と創部の視認性を両立した縫合創用ドレッシングです。テープ部には高透湿・低刺激のウレタンジェル粘着剤を使用し、貼付中のストレスやはく離刺激が少なく、皮膚にやさしいことが特長です。
 
◆製品特長
(1)優れた吸収・保水
・独自開発のパッドはガーゼ10枚分以上の吸収量があり、水分の吸収が速い (当社従来品の約4倍)ため、創部に血液や滲出液が溜まりにくい。
・保水性が高いので、血液等の逆戻りが少ない。


(2)高い視認性
・平行四辺形型の開孔部から、貼ったまま創部及び周辺皮膚が観察できる。


(3)低刺激でにやさしい
・高透湿・低刺激のウレタンジェル粘着剤を採用。
・透湿性が高いためムレにくい。また、はがす際の角質のダメージが小さく、皮膚をいためにくい。



◆製品概要
品名:サージフィット(TM) (SURGIFIT(TM))
発売日:2019年6月27日 ※メーカー出荷
販売ルート:全国の病院、クリニックなどの医療施設
用途:縫合創の被覆・保護
製品規格:



■既存製品ラインアップ
品名:サージフィット(TM) (SURGIFIT(TM))



販売名:サージフィット(TM) (SURGIFIT(TM) )
一般医療機器:手術用被覆・保護材(救急絆創膏)
医療機器届出番号 13B2X00218371801

ご参考
「ニチバンの術後ケア アスカブリック」シリーズ


 当社は、術後ケア製品を「ニチバンの術後ケア アスカブリック」シリーズとして展開しています。今回新規格を追加した術後早期の創管理に使用する「サージフィット(TM)」に加え、皮膚接合用テープ「ファスナート(TM)」、手術後の傷あとケアテープ「アトファイン(TM)」の3シリーズを展開し、術後ケアのトータルサポートを目指します。


・皮膚接合用テープ「ファスナート(TM)

外科手術後の創部の閉鎖に用いるテープです。濡れてもはがれにくい粘着剤を使用し、テープの角を丸くすることで高い「付着性」を実現しました。6サイズをラインアップし、使いやすさも追求しています。
https://www.nichiban.co.jp/medical/products/ascablic/fasnaht/

皮膚接合用テープ「ファスナート」

・傷あとケアテープ「アトファイン(TM)
外科手術後の傷あとを保護する傷あとケアの専用テープです。テープ1枚で皮膚の固定・保護ができ、皮膚の引っ張りや摩擦などの外部刺激から術後の傷あとを守ります。4サイズのラインアップで帝王切開から内視鏡手術まで幅広いサイズ(1cm~20cm)の傷あとに対応しています。
http://atofine.jp/
傷あとケアテープ「アトファイン」

※(TM)は商標です。

消費者の方からのお問合せ窓口
ニチバン株式会社 お客様相談室
0120-377218
http://www.nichiban.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会