美容・健康

医協マークを取得し、パッケージも一新!「エリクシノール CBDカプセル600・2000」が2021年3月3日(水)にBiOPLE tokyo(ビープル トーキョー)ルミネエスト新宿店で先行発売!

エリクシノール株式会社
ニューノーマルな生活様式に寄り添ったCBDアイテムですこやかな日々をサポートします。

エリクシノール株式会社は(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:松丸誠)は、「エリクシノール CBDカプセル600・2000」を、2021年3月3日(水)にBiOPLE tokyo(ビープル トーキョー)ルミネエスト新宿店にて先行発売を開始します。




昨年から今年にかけては、今までの当たり前が大きく変化。それまでもストレス過多だと言われてきた現代人ではありますが、さらに大きな負担を感じた人も多いと思います。そんな中で、現代的なマインドフルネスツールとして浸透してきたCBDアイテムへの関心が、より一層高まっています。

エリクシノールは、CBDアイテムのみを取り扱うブランドです。これまでにも、手軽に取り入れられるロールオンタイプや高濃度タイプなど、さまざまなアイテムを手掛けてきましたが、この度、カプセルタイプの「エリクシノール CBDカプセル600・2000」が、医協マークを取得し、パッケージも新しくなりました。


「エリクシノール CBDカプセル600・2000」リニューアルポイント




■パッケージを一新!

白を基調とし、グローバルカラーであるシルバーとネイビーを組み合わせました。シンプルながら洗練さ、清潔さを表現したデザインなので、棚の上にそのまま置いていても部屋の雰囲気に溶け込みます。

■医協マークを取得!

優れた品質と安全性を兼ね備えた健康食品に許可されるマークです。成分の安全性はもちろんですが、企業としての理念や活動内容なども認められた証となり、より安心して摂取していただける基準となります


医協マークとは?




日本成人病予防協会が設定する審査基準に沿い、予防医学の普及に貢献できる製品として自信を持って推奨し、優れた品質と安全性を兼ね備えた健康食品に許可されるマーク。成分に対してはもちろんのこと、理念や活動内容など企業の姿勢も基準対象に。CBDでは、エリクシノールの原料が初認可となります。



日々の体調管理習慣にCBDオイルカプセルを


ヘンプから抽出したCBDオイルと、オメガ3・6といった必須脂肪酸を含んだヘンプシードオイルをブレンドしているカプセルです。劣化(酸化)を防ぐために窒素充填された高品質カプセルは、タピオカ由来のプルランカプセルを使用、菜食主義の方にもご利用いただけます。

■取り入れ方

体調管理の習慣として、1日1~2粒を目安に、水などと一緒に召し上がりください。



【商品情報】




エリクシノールCBDカプセル600
¥8,800(¥9,504))
内容量:60粒(1粒250mg)
全成分:食用麻の実油、有機麻の実油、プルラン
CBD濃度: 1粒につき10mg




エリクシノールCBDカプセル2000
¥19,000(¥20,520)
内容量:200粒(1粒250mg)
全成分:食用麻の実油、有機麻の実油、プルラン
CBD濃度: 1粒につき10mg



新発売する製品のお取り扱い店舗




【店舗情報】
・店舗名:BiOPLE tokyo(ビープル トーキョー)ルミネエスト新宿店
・所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿 B2F
・電話番号:03-6274-8312

エリクシノールオンラインストア
https://elixinol.co.jp/


エリクシノール 公式サイト・SNS HP

https://elixinol.co.jp/
Instagram @elixinoljapan
https://www.instagram.com/elixinoljapan/


CBD(カンナビジオール)とは?

ヘンプ(産業用大麻)が持つ、400以上の栄養素の中でも、特に身体をサポートすると言われているのがCBD。ポリフェノールやテルペノイドなど数あるファイトケミカル(植物栄養素)の中で、もっとも注目されている「カンナビノイド」の一種です。


【エリクシノール株式会社について】




米国コロラドを拠点に、ヘンプの栽培から収穫、抽出、製品加工までを一貫して行っているブランドです。米国〈エリクシノール〉のノウハウを生かし、日本〈エリクシノール〉は2020年現在、国内製造をおこない、サプリメントやコスメティックスなどCBD関連商品の販売・卸をしています。米国本社と連携をとり、日本のCBD文化の発展に努めています。人々の健康のみならず、持続可能な社会、エシカルな未来への可能性を提供いたします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)