ネットサービス・アプリ 美容・健康

チャンネル登録者数72万人のストレッチ系YouTuberオガトレが、ストレッチ記録を簡単にシェアできるサービス「#オガトレ」を3月1日に新規リリース!

株式会社OGATORE
開始から2年で総再生回数9100万回の理学療法士による、ストレッチ業界初の試み

「#オガトレ」で運動を楽しくをシェアしよう。半年以上の開発期間を経て、誰でも無料で利用できるストレッチ継続支援サービスを新たにリリースしました!



開始から約2年で、総再生回数9100万回、チャンネル登録数72万人を超えるYouTuber兼経営者として活躍する理学療法士「オガトレ」が、新サービス「#オガトレ(ハッシュタグ オガトレ)」を、2021年3月1日にリリースします。

長時間パソコンに向き合ったあとは、ストレッチで体を整えてみませんか?
コロナ禍により日本全体でリモートワークが当たり前の世の中になりつつあります。
外に出なくなったことによる運動不足から、肩や背中の痛み、目の疲れなどに悩まされる方が多くなっています。
原因のひとつに、ご自身の体が硬くなっていることが挙げられます。

そんな硬い体をやわらかくするためには、「ストレッチが大切!」とは耳にするものの、実際にやっている人は多くありません。

「なかなか時間が取れなくてストレッチが続かない....。」
「そもそも、どんなストレッチをすればいいのかわからない....。」

YouTubeでの発信を通じて、私自身、数多くの声を聞いてまいりました。

ストレッチは、それ自体が決して楽しいものではないし、いきなりカラダの変化を感じられるものではありません。ストレッチは続けることが一番ハードルが高いものだと感じています。

今回登場するサービスでは、「継続」できるような仕掛けををたくさん作っています。

私は以前、宮城県気仙沼市内の病院で、6年間理学療法士として勤務していました。
カラダを柔らかくなることで、慢性的な痛みや不調を解決することができ、トレーニングの効率も上がることを身をもって実感しました。そんな経験があったからこそ「カラダが硬くて困っている人をゼロに」という理念を掲げ、日々、YouTubeなどの発信や、サービス開発等を通じて活動しています。

みなさんが「ストレッチを使いこなす」ようになることで、多くのメリットをご自身の体にもたらすことができます。ストレッチを習慣にすることで、健康な毎日を過ごすお役に立てると幸いです。
このサービスがその一つのきっかけになればいいなと思っています。

大変お忙しいなかと思いますが、この件につきましてご取材いただき、報道のお力で多くの方にお知らせいただけますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。

名称
#オガトレ - ストレッチと運動を楽しく記録&SNSに簡単シェアできるサービス -
https://www.ogatore.com/
■リリース日
2021年3月1日
■利用料
無料
■この件に関するオガトレのコメント
チャンネル名:オガトレ【準備中】
タイトル:【業界初】ストレッチの新サービスをリリースしました。
https://www.youtube.com/channel/UCjwe54YXmli4xVOVtU6N1tw/featured

【本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社OGATORE
代表取締役 尾形竜之介
Mail:sr@ogatore.jp


~報道関係者の皆さまへ~
ありがたいことに多くのご連絡をいただいているため、一度、メールでの問い合わせをお願いしています。取材対応はZoomなどのオンラインであれば柔軟に対応できます。記事掲載にあたり、オガトレが一般公開している掲載内容はすべてご利用いただいて問題ありません。掲載前に必ず連絡をいただく必要はなく、掲載後の事後に連絡いただいても構いません。
お力添えのほどよろしくお願い申し上げます。

公式ホームページ:https://www.ogatore.net/home
オガトレの公式アカウント一覧:https://www.notion.so/ogatore/48ca027f20844bc5bd71b3b8e52c1b2f
オガトレの書籍:https://www.ogatore.net/post/_book

【オガトレのプロフィール】
理学療法士。ストレッチ系YouTuber。 宮城県気仙沼市生まれ。専門学校卒業後、理学療法士の資格を取得し、6年間、公立の急性期病院にて、脳外科、整形外科、呼吸器、がん、スポーツ外来のリハビリに従事。その傍らトレーナーとしてインターハイや国民体育大会へ同行した。その後、訪問リハビリ、フィットネスジムの責任者を経て、現在はYouTuberとして活動している。 「体が硬くて困っている人をゼロにしたい」を信念に動画を配信している。チャンネル登録者数は開始後2年で60万人を突破し、今も日々伸び続けている。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)