医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

社会的マイノリティ当事者・専門家・起業家と共につくる未来構想プログラム「LITALICO研究所OPEN LAB」を2019年7月より開講

株式会社LITALICO
誰もがアクセスできる学びの場をつくるため「開講サポーター」を募集中

「障害のない社会をつくる」というビジョンの下、障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を全国展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川敦弥、証券コード:6187)内で教育と就労に関する社会課題解決に向けて調査・研究を行う研究機関「LITALICO研究所」は、障害および社会的マイノリティに関する様々な分野で活躍する当事者や専門家、起業家の方々と共につくる未来構想プログラム「LITALICO研究所 OPEN LAB」を7月より開講します。


「LITALICO研究所OPEN LAB」では、7月7日(日)までの間、クラウドファンディングサービス「Good Morning」において、「開講サポーター」を募っています。集められた資金は、病気や障害のある当事者の方、遠方にお住まいの方や経済的な困難さがある方も参加できる、オープンな知のプラットフォームとするための合理的配慮や情報保障に使われます。
・クラウドファンディングサイト: https://camp-fire.jp/projects/view/162982

■「LITALICO研究所 OPEN LAB」について
「LITALICO研究所OPEN LAB」は、様々な分野の第一線で活躍する当事者や専門家、起業家の方々を講師としてお招きし、社会的マイノリティを取り巻く課題や未来のビジョンについて受講者の方々と共に考える学びの場です。医療や福祉、就労やテクノロジー、生命倫理やウェルビーイングなど、社会的マイノリティを取り巻く重要なテーマを網羅的に扱った全9回のシリーズ講義を行います。

● 社会的マイノリティ当事者が安心して学べる場に
近年、発達障害や精神障害等の「社会的マイノリティ」への認知や関心が高まり、当事者に対する支援を行う団体やサービスも増えてきています。しかし、当事者自身が社会的マイノリティに関する研究や知見について安心して学べる場を持つことや、同じ経験や関心を持つ仲間と繋がることができる機会は十分に保障されているとはいえません。OPEN LABでは、聴覚過敏のある方へのイヤーマフの貸し出し、精神疾患や体調に不安のある方への休憩スペースの確保といった、様々な特性を踏まえた合理的配慮を参加者の要望に応じて可能な限り実施することで、当事者の方々が安心して参加できる空間をつくります。また、遠方の方も聴講できるオンライン受講や、経済的な事情で参加が困難な方に向けたスカラーシップ制度の導入なども行い、誰もが参加できるコミュニティづくりを目指します。さらに、社会全体で情報保障が標準化される未来を目指して、OPEN LABの実施を通して得られた情報保障の事例やノウハウは、講義の実施過程や実施後のレポート記事等を通じて発信していきます。




● オープンなコミュニティで「障害のない社会」の未来を描く
社会的マイノリティに対する支援の動きは高まりつつありますが、まだ発展途上の領域であり、知見やノウハウを伝えることができるプレイヤーの数は多くありません。また、それぞれの社会課題に関するテーマは、各論でバラバラに論じられがちな現状もあります。領域を超えたコミュニティを形成することで、多様な分野・立場の方々が交わり、未来に向けた議論と対話を深められる場をつくります。

<「LITALICO研究所 OPEN LAB」概要>  
詳細はクラウドファンディングサイト(https://camp-fire.jp/projects/view/162982)をご覧ください
【講義日程・内容】
2019年7月~2020年3月 毎月1回開催(全9回) ※時間はいずれも19:30~22:00

第1回  2019年7月10日(水) 「障害のない社会」に向けた現在地と課題、そして
第2回  2019年8月30日(金) 「自己知」とウェルビーイング - からだが教えてくれたこと
第3回  2019年9月17日(火) 「異才」はどこで花開く - 子どもたちの見ている風景
第4回  2019年10月30日(水) わたしたちは何を「見て」いるのか - ユニークな身体と自己肯定
第5回  2019年11月28日(木) 「からだ」はどこまで拡がるか - 未来のコミュニケーションを創造する
第6回  2019年12月16日(月) 障害者雇用の現在と未来 - 「自分らしさ」と市場経済のはざまで
第7回  2020年1月28日(火)  コミュニティは誰を救うのか - 関係の網の目から希望を紡ぐ
第8回  2020年2月12日(水) 「生きる」を誰が決めるのか - 生命倫理と医療経済
第9回  2020年3月24日(火)  それぞれの孤独を携えて、私とあなたが隣に「居る」こと

【会場】
株式会社LITALICO本社 セミナールーム(東京・中目黒)

【ゲストスピーカー(一部抜粋)】 ※50音順にて掲載
株式会社CAMPFIRE代表取締役 家入一真氏、東京大学先端科学技術研究センター准教授、小児科医 熊谷晋一郎先生、早稲田大学文学学術院・表象メディア論系・准教授 ドミニク・チェン氏、一般社団法人WITH ALS代表 / EYE VDJ 武藤将胤氏 など

【参加費】
各回先行予約券6,000円(クラウドファンディングサービス「GoodMorning」にて申込受付中)
各回抽選券4,000円(チケット購入サイトPeatixで販売予定)

【お申込み方法】
各回先行予約を、クラウドファンディングサービス「GoodMorning」にて7月5日(金)まで受付。
※「GoodMorning」サイト https://camp-fire.jp/projects/view/162982
一般お申込みは、チケット購入サイトPeatixにて受付予定。

【LITALICO研究所について】
LITALICO研究所は、LITALICOのこれまで多くの障害のある方を支援し蓄積してきたノウハウを科学的に検証、その成果を社会に発信し、業界全体の支援の質向上に貢献するとともに、研究成果を基に積極的に提言を行い、教育と就労における「障害のない社会」づくりを社会全体で推進していくことを目的に2015年9月に開設しました。社外の専門家・研究機関とも連携したオープンな研究機関として運営しています。詳細は http://litalico.co.jp/lab/
をご覧ください。

【LITALICOについて】
LITALICOは、「障害のない社会をつくる」をビジョンに掲げ、発達障害ポータルサイト「LITALICO発達ナビ」、障害のある方の就職情報サイト「LITALICO仕事ナビ」のインターネットプラットフォームを軸に、障害分野で様々なサービスを提供しています。当事者向けサービス(就労支援サービス「LITALICOワークス」、ソーシャルスキル&学習教室「LITALICOジュニア」)に加え、障害のある子どもの家族向けライフプランニングサービスや業界全体の質向上に寄与する福祉施設向け業務支援サービスも開始しました。また障害分野で培った知見を活かし、一般教育領域でもIT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」を展開しています。2016年3月に東証マザーズに上場、2017年3月に東証一部に市場変更しました。詳細はhttp://litalico.co.jp/ をご覧ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会