医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

CLINIC BOARD(クリニックボード)にて、クリニックの収益構造とその変化の要因を一目で把握できる「要因分析」機能をリリースしました

ザイエンス株式会社
「要因分析」機能をご利用頂くことで、クリニックの収益を構造的に把握するとともに、収益変化の要因(患者数・単価・新患など)を瞬時に特定して、次の打ち手を判断できるようになります

ザイエンス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:渡邉昌司)は、レセプトデータを活用した初のクリニック向け経営分析・PRM支援システム『CLINIC BOARD(クリニックボード)』にて、クリニックの収益を構造化して一目で把握できる「要因分析」機能をリリースしました。 この機能によって、今まで実態を把握しづらかったクリニックの収益構造が一目で把握できるようになると同時に、過去と比較することで収益構造がどう変化したのか、まで漏れなく確実に把握することができるようになりました。 「何が理由で好調/不調だったのか」を確実に把握できるようになることで、迅速・的確に次の打ち手を判断することができ、その結果としてよりよいクリニック経営の実現につながると考えております。



■開発の背景
 CLINIC BOARD(クリニックボード)は、ITを通じた医療機関経営の業務効率化を目指してサービスを提供してきました。

 その中でも、収益構造については最も重要な情報でありながら、十分な情報が電子カルテ・レセプトコンピュータから出力されないため、構造的に把握することはおろか、指標を正確に把握することすら困難な状態でした。

 従来のCLINIC BOARD(クリニックボード)では、指標の把握はできていましたが、今回リリースした「要因分析」機能では、収益とそれを構成する要因(指標)を構造的に把握できるようなりました。また収益構造を過去と比較することによって、収益構造がどう変化しているのか、まで一目で把握できるようになりました。

■「要因分析」機能の特徴


収益構造が一目で把握できるので、どの要因が収益に影響を与えたのか、明確に把握(保険収益/自費収益、延患者数、レセプト数、診療単価、レセプト単価、新患数など)
1日あたりの数字も自動で解析するので、診療日数の影響ももれなく把握
1か月単位の比較だけでなく、1年単位の比較も可能、前年と今年がどう異なるのかも一目で把握
ボタン一つでPDFファイルを出力、経営会議にもそのまま利用可能
今まで通り、ファイルのアップロードのみで自動解析



 
○収益の構成要素と収益構造の変化が一目で直感的に把握可能
一目で変動要因を把握できます


CLINIC BOARD(クリニックボード)は、今後も引き続き医療現場の課題をITを使って解決することを通じて、
医療現場の皆様がより良い医療を提供できるよう支援していきます。


■CLINIC BOARD(クリニックボード)について
 ・「レセプトデータを活用した初のクリニック向け経営分析・PRM支援システム※当社調べ」(特許出願中)

   CLINIC BOARDはクリニック(診療所)向けの経営分析・PRM(ペイシェント リレーションシップ マネジメント)支援システムとして初めてレセプトデータ活用による特許を出願しました。

 ・2019年6月11日時点で累計患者データ約480万件、 累計診療行為件数は約2,370万件
  累計患者データ:CLINIC BOARD全ユーザーの累計患者データ(保険・自費診療分)
  累計診療行為件数:上記患者データが受けた診療行為の件数(保険診療分)


<サービス概要>
サービス名: CLINIC BOARD(クリニックボード)
内   容: クリニック向け経営ダッシュボードサービス(経営分析&PRM)
公式サイト: https://clinicboard.jp
<ザイエンス株式会社について>
会社名: ザイエンス株式会社(英名:XYENSE Inc. / HP:http://xyense.com
所在地: 東京都港区六本木2-4-5 六本木Dスクエア2F
資本金: 17,500,000円(資本準備金:12,500,000円)
事業内容: 医療機関向けITシステム開発事業
※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会