食品・飲料 流通

【食と健康アワード2021】保健機能食品部門 生鮮食品初となる『スミフル・朝のしあわせバナナ』準グランプリ(最優秀部門賞)受賞! 

株式会社スミフルジャパン
バナナの王様「甘熟王(かんじゅくおう)」を販売する、青果物輸入販売会社の株式会社スミフルジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:伊藤順次、以下:スミフル)はこの度、JACDS(日本チェーンドラッグストア協会)と月刊 H&B リテイル(ヘルスビジネスマガジン社)※による合同企画「食と健康アワード 2021※」の保健機能食品部門において生鮮食品初となる、「スミフル・朝のしあわせバナナ」が準グランプリ(最優秀部門賞)を受賞しましたことをお知らせいたします。



食と健康アワード 2021 受賞について

1.受賞商品:スミフル・朝のしあわせバナナ(フィリピン産)※機能性表示食品(届出番号:F292)
2.受賞理由コメント:●おいしさに機能性表示を付与することで、バナナの新しい価値を創出した。●より食事に近しい生鮮食品は、手軽にケアできる商品として、市場が待ち望んでいた。●“果物がヘルスケアに役立つ”という具体的な機能表示食品は、生活者の健康意識の高まりに対応する商品。●高齢者はもちろん、全世代に愛され、スポーツ時・美容目的・食欲減退期にも適したバナナは、ドラッグストア店頭活性化の大きな武器になる。●果物・生鮮食品売り場はもちろん、“血圧が気になる人”に向けた提案の幅が生まれ、“食でケア”ひいては予防にも貢献できる。
※「月刊 H&B リテイル」は、日本チェーンドラッグストア協会加盟ドラッグストア(約134社・約2万店)の経営者・流通担当者・店舗の方にお読み頂いている流通業界最大の専門情報紙です。
※「食と健康アワード2021」とは、生活者の健康維持・健康寿命延伸を目的に、ヘルスケア市場の創造・拡大に資する商品を表彰する賞です。





スミフル・朝のしあわせバナナ

バナナは、忙しい朝に皮を剥くだけで栄養補給ができ、脳のエネルギー源となるブドウ糖を供給するため朝食に最適なフルーツといえ、日本バナナ輸入組合の調査(2020年7月実施)でもバナナを食べることが多いタイミングは 「朝食」が64%と最も多く、バナナは朝食に最適な食品として支持されています。そして、朝食欠食率が高くなっている昨今、忙しい朝でも多くの栄養価を含むバナナを食べることで、しあわせな1日になることを願い、2017年よりスミフルの定番バナナ、すっきりとした美味しさ「朝のしあわせバナナ」として展開しております。


機能性表示食品として届出

「スミフル・朝のしあわせバナナ」は2020年7月、高めの血圧を低下させる機能が報告されている機能性関与成分GABAを含む、機能性表示食品として届出、11月から販売を開始しました。血圧が気になっている消費者に対して、毎日の食生活で気軽に美味しく、サポートしていきたいという想いから、年間を通じて国内で最も購入数量が多いフル-ツ※の「バナナ」で、健康管理に貢献したいと考えております。
※2020年度、一世帯(二人以上の世帯)あたりの購入数量は平均19.2kg(家計調査:総務省統計局)

スミフルグループ管理農園について

スミフルのバナナは、フィリピン・ミンダナオ島にあるスミフルグループ管理農園で「品質・食味・安全・環境」の4つのテーマにこだわり、自然のちからと人のちからによって丁寧に栽培しています。また、栽培方法の工夫や農薬を極力減らすことによって環境をより自然な状態に保つことへの貢献も目指しています。なお、届出ている機能性表示食品のバナナは、届出前と中身は同じなので、血圧が高めではない方やお子様も今まで通り、朝食やおやつにもお召し上がりいただけます。スミフルでは、この他にも付加価値商品である「甘熟王ゴールドプレミアムバナナ(届出番号:F336)」や「甘熟王バナナ(届出番号:F325)」も機能性表示食品として販売しております。






株式会社スミフルジャパン 会社概要

■設立:2016年2月1日 ■資本金:3億円 ■本社:〒151-0071東京都渋谷区本町3-12-1 住友不動産西新宿ビル6号館17階 ■代表取締役社長:伊藤 順次 ■事業内容:バナナ(フィリピン・エクアドル・メキシコ)、パイン(フィリピン)、パパイヤ(フィリピン)、アボカド(メキシコ)等の輸入及び販売
スミフルHP:http://www.sumifru.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)