企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

真空断熱保冷ボックス「VIXELL(ビクセル)(TM)」のレンタルサービス事業を開始

パナソニック

真空断熱保冷ボックス「VIXELL(ビクセル)」
パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、世界で初めて(※1)非接触(ワイヤレス)給電技術を用いて、断熱性能の良否を判定できる(※2)、真空断熱保冷ボックス「VIXELL(ビクセル)(TM)」のレンタルサービス事業を開始します。

サービスの第一弾として、スズケングループとの協働により、医薬品やワクチンなどの定温輸送に適した「VIXELL(TM)」のレンタル受付、予冷、指定先までの配送(※3)、回収などの業務を含めたフルフィルメントサービスを2021年4月よりスタートするべく、2021年3月2日より申し込みを受け付けます。

「VIXELL(TM)」は、保冷ボックスの要となる断熱層に、パナソニックが特許を有する、継ぎ目の無い一体成形の真空断熱筐体(VIC:Vacuum Insulated Case)(※4)を採用。冷気漏れを抑えた高断熱構造により、-75℃±15℃を最長18日間維持(※5)できます。一般的な真空断熱パネルと異なり、アルミフィルムで覆われておらず通信用電波や磁界が透過するため、IoT機器と連携しやすくなります。VICには、非接触給電技術を用いた無線真空度センサーユニットが予め内蔵されており、専用の検査台にボックスを乗せるだけで、VICの真空状態を読み取ることができるため、使用前に断熱性能の良否を確認できる(※2)ので安心です。また、ボックス内に温度やGPSなどのセンサー(※6)を設置すると、開封することなくボックス内の状態が監視できます。

医薬品輸送の現場においては、厳格な温度管理や追跡管理、作業効率性などが求められます。パナソニックは、2018年に医薬品輸送用保冷ボックスの開発に着手して以来、現場でのヒアリングを重ねながら開発品を進化させてきました。パナソニックが長年、冷蔵庫などの家電製品の開発で培ってきた断熱技術や成形技術、IoT技術を駆使することで、医薬品輸送においてさらなる安心・安全と、新たな価値創造を目指します。

パナソニックは今後も強みの技術を活かしながら、人々の健やかなくらしの実現に向けて取り組んでまいります。

※1 NFC(Near Field Communication)対応デバイス内蔵の真空断熱製品として。(2021年3月2日時点、パナソニック調べ)
※2 真空断熱筐体(VIC)の断熱性能のみ判定できます。
※3 予冷済み保冷ボックスの配送であり、医薬品やワクチンの移送ではありません。
※4 立体形状に成形した断熱芯材をガスバリア性の高い樹脂で覆い、真空状態にした真空断熱材。
※5 真空断熱保冷ボックスType-L(AE-V12UXR)に、ドライアイス温度帯蓄熱ユニット(AE-V12DXR)を収納し、保冷ボックス内および収納箱内へドライアイス34 kgを充填。231 x 231 x 40 mmサイズの模擬製品のみを入れて、外気温30℃にて-75℃±15℃の温度維持日数を計測した結果18日間。
真空断熱保冷ボックスType-S(AE-V06GXR)は、ドライアイス温度帯蓄熱ユニット(AE-V06DXR)を収納し、保冷ボックス内および収納箱内へドライアイス14 kgを充填。213×115×40 mmサイズの模擬製品のみを入れて、外気温30℃にて-75℃±15℃の温度維持日数を計測した結果9日間。
※6 温度やGPSなどのセンサーはVIXELL本体には付属していません。

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 真空断熱保冷ボックス「VIXELL(ビクセル)(TM)」のレンタルサービス事業を開始(2021年3月02日 13時)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2021/03/jn210302-4/jn210302-4.html

<関連情報>
・パナソニック VIXELL専用Webサイト
https://www.panasonic.com/jp/business/vixell/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)