企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

2021年3月開始の「オンライン資格確認」対応 医療機関と患者のデジタル接点を支援する顔認証付きカードリーダー『マイナタッチ』を、医療機関へ順次納入

株式会社 USEN-NEXT HOLDINGS
徳洲会グループや亀田グループほか、日本医師会ORCA管理機構にも

USEN-NEXT GROUPの株式会社 アルメックス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:馬淵 将平)は、2020年8月に開発を発表した顔認証付きカードリーダー『マイナタッチ』(https://www.almex.jp/mc/products/examination/mynatouch.html)を2021年3月より各医療機関に順次納入を開始します。


2021年3月より運用が開始される「オンライン資格確認」に対応した顔認証付きカードリーダー『マイナタッチ』は、社会保険診療報酬支払基金より、マイナンバーカードを利用したオンライン資格確認対応の顔認証付きカードリーダーとして認証を受けた機器で、医療機関や薬局などの受付時の本人確認や健康保険証確認に活用できるものです。『マイナタッチ』の納入を通し、受付時の資格確認を、簡単・確実に行えるよう貢献していきます。
また、当社が展開をしている再来受付機「APSシリーズ」や、次世代型多機能KIOSK「Sma-pa TERMINAL」をご導入のユーザー様におかれましても、マイナタッチとの受付連動・一体型が実現できる点から、多くのお申し込みを頂戴しております。

◆開発・納入した『マイナタッチ』の特徴


・紙の公費医療券各や種証明書等の読み取り
・音声によるやさしい操作案内
・業界最大8インチの大画面
・マスクやメガネ装着時の顔認証も可能
・2.5D赤外線カメラで可能となったなりすまし防止
・お子様や車いすの方でも使いやすい設計
・1台のパソコンで複数台の管理が可能
・Windows10Proでも使用可能



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)