美容・健康 医療・医薬・福祉

宮崎大学と共同研究で成果

株式会社フロンテ
天然由来「バイオミネラル液」で新型コロナウイルスを10秒で99.6%以上不活化

株式会社フロンテ(本社所在地:東京都豊島区 代表取締役 吉田 郁)は、2月24日、国立大学法人宮崎大学(所在地:宮崎県宮崎市)との共同研究において、新型コロナウイルスが「バイオミネラル水溶液」により、無害化する効果を確認したと発表した。基礎研究段階のため、人への効果は未確認なものの、プレート上にてウイルスが10秒「バイオミネラル水溶液」に触れることで99.6%以上、30秒では99.9%以上(検出限界以下)にまで不活化が確認され、感染対策の一つとして期待できる。


実験は同大産業動物防疫リサーチセンター研究チームが実施した。実験では「バイオミネラル水溶液」を使用。プレート上でウイルスと「バイオミネラル水溶液」複数の濃度とをそれぞれ混ぜ、濃度と経過時間ごとの感染力を持ったウイルスの量を検査した。時系列測定により、感染力のあるウイルスは最も薄い濃度0.9%において10秒で99.6%以上、30秒では99.9%以上にまで減少、その他の条件ではいずれも 99.9%以上のウイルス不活化作用が確認された。

「バイオミネラル水溶液」は歯周病菌(ジンジバリス菌)カンジタ菌への殺菌・抗菌効果やA型インフルエンザウイルス、ネコカリシウィルス(ノロウィルス代替)、などを不活性化することが既に確認されており、新型コロナウィルスでも同様の効果が有ると推測される。

バイオミネラルは米ユタ州・ソルトレイク湖岸の岩塩を原料とし、当社独自技術(特許第6410348号)で洗浄力・殺菌力などの働きを持たせたもので、人や動物、環境に無害なことから、スプレー洗浄剤、食器洗い洗剤、野菜洗い洗剤、手洗い洗剤、洗濯洗剤、化粧品では入浴剤、歯磨き剤、マウスウオッシュ、クレンジングなどのオーガニックな製品化が可能。各企業様ニーズに応じて、OEM製品化への対応も行っていく。




【お問い合わせ先】 株式会社フロンテ 代表取締役 吉田 郁
〒 170-0004 東京都豊島区北大塚二丁目20番4号 北大塚橋義ビル4階
TEL 03-3868-3955 info@fronte-w.com
※ 当原料を使用した製品の、読者プレゼントのご相談にも応じさせていただきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)