医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

メディカルノート、医療機関・介護施設向けSaaSを提供する3Sunnyと資本業務提携

株式会社メディカルノート
医療・介護業界のワンストップソリューションを共同提供へ

株式会社メディカルノート(東京都港区:代表取締役CEO 梅田裕真、代表取締役 井上祥/以下、メディカルノート)は、医療機関・介護施設向け業務支援SaaSを開発・提供する株式会社3Sunny(東京都墨田区:代表取締役 志水文人/以下、スリーサニー)と資本業務提携を結んだことをお知らせいたします。



メディカルノートでは、創業以来、医療情報メディア「Medical Note」や医療機関向けWeb予約・オンライン診療等管理システム「Hospital Manager」を通し、人々が医療に迷わない環境づくりを進めてまいりました。特に、患者様が受診予約をする段階から、入院治療を経て退院や転院をしたり、あるいは介護施設等へ入居したりするといった一連の流れ(=Patient Flow Management)を最適化し患者体験を向上することが、地域医療連携における大きな課題だと捉えております。
さらに、新型コロナウイルス感染症の拡大や高齢化に伴う入退院者数の大幅な増加により、医療機関で働く方々の業務は逼迫し続けており、テクノロジーを活用した業務効率化・情報連携の最適化が求められております。
こうした状況に対しメディカルノートでは、患者様が医療機関の選択から受診予約、受診までを円滑にするためのシステムとして「Hospital Manager」を独自開発し、医療機関へ提供してまいりました。一方、入院した患者さんが最適なタイミングで転院・退院するための仕組みづくりにはいくつものハードルがあり、共にサービス開発を進めるパートナーを探しておりました。
今回資本業務提携を結ぶスリーサニーは、医療機関・介護施設向け転院調整支援システム「Carebook(ケアブック)」を開発するベンチャー企業で、全国で230を超える医療機関への導入実績を持ちます。

メディカルノートとスリーサニーは、ノウハウ・サービスを掛け合わせた「Patient Flow Management サポートプログラム」を急性期病院を対象に提供開始いたします。業務のデジタル化によって医療従事者の業務負担を軽減するとともに、地域医療連携を強化し、患者様の医療体験の向上を目指してまいります。

▼「Patient Flow Management サポートプログラム」について
メディカルノートの「Hospital Manager」とスリーサニーの「Carebook」を連携させることで、医療機関の業務をデジタル化し、患者さんの病院選択から退院までを包括的に支援するプログラムです


▼「Hospital Manager」について
「Hospital Manager」は、Web予約、事前問診、ビデオ通話/オンライン診療、決済などの機能をワンストップで実現する医療機関向け管理ツールです。医療事務・医師が簡単に操作できるシンプルな管理画面が特徴。患者様に対しては受診等の予約ツールとして活用いただけます。患者様は利用に際し、会員登録や専用アプリのダウンロードをする必要がありません。

2020年10月より、特に急性疾患や重症患者の治療に特化する「急性期病院」への提供を進めています。これまでに13の医療機関へ導入し、医療サービスのデジタルトランスフォーメーションを支援してきました。



▼「CAREBOOK(ケアブック)」について
「CAREBOOK(ケアブック)」は、病院に所属する医療ソーシャルワーカー・退院調整看護師の方々が日々行っている事務作業を効率化し、患者様1人1人に向き合うことにフォーカスすることを支援する医療機関・介護施設向け業務支援SaaSです。リリースから約2年で都内を中心に大学病院や大規模医療グループ等の医療機関へ導入を拡大し全国で230を超える医療機関に導入されています。




■株式会社3Sunnyの概要
医療機関向け業務支援システム「Carebook(ケアブック)」を開発。 病院に所属する医療ソーシャルワーカー・退院調整看護師の方々が日々行っている事務作業を効率化し、患者様1人1人に向き合うことにフォーカスできる仕組みを提供。サービス提供開始後、都内を中心に230を超える大学病院や大規模医療グループ等の医療機関が導入し、順調に導入が拡大しています。
「医療介護のあらゆるシーンを、技術と仕組みで支え続ける」をミッションに掲げ、医療介護業界における「三方晴れやかな未来」を 目指していきます。

会社名:株式会社3Sunny(スリーサニー)
所在地:〒130-0026 東京都墨田区両国2-13-8 両国駅前ビル 7階
経営陣:代表取締役 志水文人
取締役 矢澤慎之介
取締役 榎本順彦
資本金:3億9253万円(資本準備金含む)
事業内容:Saas型医療機関・介護施設向け業務支援サービスの提供

■株式会社メディカルノートの概要
株式会社メディカルノートは、第一線で活躍を続ける医師や専門家の協力のもと「人々が医療において迷わない」環境作りを行なっています。「医師と患者をつなぐ」をビジョンとし、医療情報メディア「Medical Note」やオンライン医療相談サービス「Medical Note医療相談」などを提供。ITを活用することで医療をより身近なものとし、誰もが最適な医療を選択できる社会の実現を目指しています。
会社名:株式会社メディカルノート

設立:2014年10月
所在地:〒105-6414 東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズビジネスタワー14階
代表取締役CEO:梅田 裕真
代表取締役:井上 祥
事業内容:デジタルヘルスケアプラットフォーム事業・ヘルスケアDX事業
コーポレートサイト: https://medicalnote.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)