医療・医薬・福祉

Veneno Technologies株式会社との共同研究実施に向けた覚書締結のお知らせ

株式会社キュライオ
株式会社キュライオ(代表取締役CEO:中井基樹、本社:東京都新宿区、以下「キュライオ」)は、次世代創薬基盤分子であるジスルフィドリッチペプチド(DRP)のライブラリ作製技術と、最先端のDRPスクリーニング技術PERISS(TM)を有するVeneno Technologies株式会社(代表取締役社長:吉川 寿徳、本社:茨城県つくば市、以下「Veneno社」)との間で、共同研究実施に向けた覚書を締結しましたのでお知らせいたします。



両社は、Veneno社が有する独自のイオンチャネル、トランスポーター、GPCR等の膜貫通タンパク質を標的とした次世代創薬基盤技術であるジスルフィドリッチペプチド(DRP)ライブラリおよび最先端のDRP高速スクリーニング技術PERISS™と、キュライオが有する高度なクライオ電子顕微鏡を用いた構造解析に関するプラットフォーム技術を組み合わせることにより、ジスルフィドリッチペプチド医薬品ならびにヒットペプチド化合物に基づく次世代低分子創薬において、従来手法では創薬が難しいとされてきた領域での創薬ターゲットの拡大、および研究開発効率のさらなる向上を目指します。

クライオ電子顕微鏡を用いた構造解析技術は、生体分子の立体構造解析において、現在最も優れた技術の一つであり、2017年にはノーベル化学賞の授与対象となりました。特にクライオ電子顕微鏡を用いた単粒子解析はこの数年で大きく成長し、結晶化の必要がなく、水溶液中での構造が得られるなどの利点が多い解析技術ですが、一方で、電子顕微鏡の操作や測定、解析には研究者のスキルや経験や勘に依存する要素も多く、効率性のバラつきに課題があります。キュライオは、クライオ電子顕微鏡測定のための試料調製やグリッド作成、3次元構造解析に独自の技術を有しており、単粒子解析における従来の課題を解決するとともに、難易度の高いタンパク質やタンパク質超分子複合体の構造解析を可能にしています。


【株式会社キュライオ 代表取締役CEO 中井基樹のコメント】

「今回、素晴らしい技術を持つVeneno社との共同研究契約に向けた合意ができたことを大変嬉しく思っています。Veneno社とキュライオが持つ技術を掛け合わせることで、新たな創薬の可能性へ挑戦できると感じています。」

【Veneno Technologies株式会社 代表取締役社長 吉川寿徳のコメント】

「この度、キュライオ社との共同研究に向けた取り組みに、とても興奮しております。近年急激に注目が高まっているクライオ電子顕微鏡による構造解析の手法を用いることで、新たな機能性ペプチドとしてDRPの特性が解明され、DRPを基盤とする創薬が加速するとともに、膜タンパク質科学の進展にも貢献できるものと大いに期待しています。」


株式会社キュライオについて

株式会社キュライオは、2019年にクライオ電子顕微鏡による構造解析技術に特化した企業として2019年8月に設立されました。現在は構造解析ベース創薬(Structure-Based Drug Discovery)事業を展開し、独自の解析ノウハウを用いた世界最高水準の構造解析精度が強みです。会社理念である「科学の力で、より安心で健康な人生の実現へ」を達成するために、人々に画期的新薬を提供する事を使命とし、製薬会社や大学研究室との共同研究も積極的に取り組んでおります。

https://curreio.com

Veneno Technologies株式会社について

Veneno Technologies株式会社は、DRP 機能性ペプチドの研究開発を加速し、先進的で持続可能な医療と社会への貢献を目指し2020年7月に設立されました。産総研技術移転ベンチャーとして、産総研で開発された革新的なDRP探索技術 と、現在研究開発を進めているDRP製造技術の統合により、新薬や研究試薬、農薬、バイオスティミュラントなど、DRPの様々な研究開発をリードします。

https://veneno.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)