医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

第2回IoMT学会-夏の分科会-7/20に大阪で開催

一般社団法人IoMT学会
一般社団法人IoMT学会は2019年7月20日に医療とIoMTに関するセミナーを開催いたします。

IoMTとはIoMTとはInternet of Medical Thingsの略で、医療機器とヘルスケアのITシステムをオンラインのコンピューターネットワークを通じてつなぐという概念です 例えば、医療機器にWi-FiやBluetoothを備えることで、ダイナミックに医療情報をヘルスケアシステムとネットワークすることが可能です。また、IoMTを全ての医療デバイスが持つことで、ビックデータを集めることができ、人工知能(AI)アルゴリズムの開発や先制医療や予防医療に向けた新しい治療方法や医学的知見を得ることができます。 IoMT学会では、医療におけるIoT(IoMT)活用する方策を基礎科学的ならびに臨床医学的に、研究・調査・追求し、正確な診断・高度な治療を可能とすることにより安全な医療技術を提供するために、実用化の見込みが高い医療機器のIoT化を重点的に支援し、臨床研究へ効果的に橋渡しすることによって革新的な医療機器の開発を促進します。




【一般社団法人 IoMT学会 2019 夏の分科会】
日時: 2019年7月20日 13:00-17:30
場所: シティプラザ大阪 大阪府大阪市中央区本町橋2-31 2階 旬全
協賛: 株式会社sweemie
定員: 400名(先着順)
会費 (事前登録あり*2019年7月13日正午まで):
IoMT学会会員 (医師) 6,000円(事前登録5,000円)
IoMT学会会員 (非医師) 4,000円(事前登録3,000円)
非会員 (医師): 7,000円(事前登録6,000円)
非会員 (非医師): 5,000円(事前登録4,000円)
学生: 無料(要問合せ)
(賛助会員様:無料 ※ご予約制)
※当日会場受付可(場合によっては、立ち見でのご案内となったり、販売終了とさせていただく可能性がありますことをご了承お願いいたします。)
FAXもしくはEmailで事前登録をしていただくと、割引価格でご参加可能です。(当日支払い)
Email: contact@iomt.or.jp
FAX: 03-6257-1822



【分科会次第】
第1プログラム IoMTをわかりやすく 座長 猪俣武範
13:00~13:10 代表理事挨拶 IoMT学会 代表理事 猪俣武範
13:10~13:20 IoMT学会紹介 IoMT学会 理事 柳川貴雄
13:20~13:50 「IoMTの概念」 東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻個別化保健医療講座 特任助教 中村正裕

第2プログラム ITを駆使した医療介護 座長 柳川貴雄
14:00~14:50 「医療ITインフラの現在と未来」 株式会社エンブレース ファウンダー特別顧問 伊藤学

第3プログラム 最新事例の紹介 座長 中村正裕
15:00~15:30 「医療と福祉における新SNS戦略」 株式会社インクルージョン 代表取締役 藤田直
15:35~16:05 「日本初の遠隔IoT心電図」 株式会社ZAIKEN 代表取締役 柳川貴雄
16:10~16:40 「アプリで研究! ResearchKitアプリ」 順天堂大学医学部眼科 助教 猪俣武範
16:45~17:15 「新しい眼科IoTデバイス」 慶應義塾大学医学部附属病院 眼科特任講師 小橋英長
17:15~17:20 閉会の挨拶 代表理事 猪俣武範
 
IoMT学会とは


IoMT学会は、人類の健康増進への貢献を目的に医療分野に特化したIoTに関する研究を、医師/研究者/企業らが学際的に連携して行うためのプラットフォームとして設立されました。これまでに総会であるIoMTサミットの開催、機関紙である「Journal of IoMT」の創刊などを通じて、医療分野におけるIoMTの啓蒙活動をしています。
(IoMT学会ホームページ: https://iomt.or.jp)

入会方法
下記よりweb決済
https://iomt.or.jp/join/join-form/

年会費正会員10,000円
賛助会員 1口30万円
学生無料 (※社会人大学院生は正会員で申し込みお願いします。)


第4回IoMTサミット
日時: 2019年12月14日 10時開始
場所: 順天堂大学医学部A棟1階講堂 (予定)
住所: 〒113-8213 文京区本郷2-1-1 順天堂大学 A棟1階
参加費:
会員: ¥5,000-
非会員: ¥10,000-
学生: ¥1,000
参加登録方法: 大会ホームページ (https://iomt.or.jp/meeting/)より事前申し込みをお願いいたします。

IoMT学会機関紙 「Journal of IoMT」とは



昨今の医療は、医療の高度化、専門による細分化、iPS細胞による再生医療、遺伝子診断、さらにはロボット手術やAI、Internet of Medical Things(IoMT)の導入など凄まじい勢いで進歩しています。しかし、一方で高齢化社会、医療費の増大、新臨床研修医制度や専門医制度、地方での深刻な医師不足、医師の働き方改革、医師のバーンアウト、医療起訴など新しい問題が顕在化しています。

これらの新しい進歩への対応と問題の解決にはこれまでの医学部教育から学ぶことだけではなく、テクノロジー全般のみならず、データマネジメントや経営マネージメントなどの学習が必要になってきます。

そこで、本誌『Journal of IoMT』は医療におけるIoT(IoMT)、AI、ロボティクスやそこから収集されるビッグデータならびに新しいテクノロジーへの挑戦をキーワードとして新しい情報発信を行います。

購入は下記より
雑誌
http://www.m-review.co.jp/magazine/detail/J0110_0101

Amazonからも購入可能
https://www.amazon.co.jp/IoMT学会誌-Journal-Internet-Medical-Things/dp/4779220661/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=iomt&qid=1561772687&s=gateway&sr=8-1
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会