ネットサービス・アプリ 美容・健康

24時間愚痴を聞いてくれるSocial MediaのNao.が北米でローンチ。

HoloAsh
グローバルのメンタルヘルス問題解決を目指すHoloAsh。

HoloAsh, Inc. はSDG3にあたるMental Well-beingのためのSocial MediaであるNao.を北米にて提供を開始した。


背景

「人と違う」ただそれだけで、世の中から阻害をされたり、区別をされたりする。それは実は日本もアメリカも変わらない。北米では近年、大人のメンタルヘルスケアが問題になっている。薬は大きな副作用があり、セラピーは価格も高い。

さらに、近年Twitter, Instagram, Facebookに到るまで、「承認欲求」の消費をしいられたり、大量のNotificationを送りこんできたり、情報の波と承認欲求の渦に巻き込まれている。実際、Royal Society for Public Healthの研究によると、Social Mediaとメンタルの問題の相関性が指摘されている(※1)。


心理的安全性を感じられる場所はどこにあるのか?何かをいうと批判されたり、「弱み」を見せることもなかなか難しい社会で、強くあり続けるのは難しい。
そこで、HoloAsh社はポジティブな繋がり、メンタルヘルスのための繋がりをもつプラットフォームの提供を開始した。




Nao.とは

Nao.は、24時間いつでもどこでも気軽に愚痴を言うことができる
Social Platformだ。
自分が今感じていることをシェアすると、AIエンジンであるAshleeがセラピーの手法に基づいた返答を返してくる。

心が病んだ時、辛い時に24時間対応してくれる、独自のAIの存在がユーザーの愚痴を聞いてくれる。孤独やストレス、メンタルに問題を抱える人のためのプラットフォームになっている。、ユーザー同士の会話もエコチェンバー現象やCyberいじめを防ぐ設計がしてある。




We Are All Differentキャンペーン

本件にあたり、マーケティングキャンペーンを開始する。日本のみならず世界中で、メンタルに問題を抱える、または、マイノリティのように「違い」を持っている人に対してのStigma(偏見)がはびこっている。 「違いを持っている人が生きやすい社会を作る」というのがHoloAshのミッションであり、メンタルヘルスの認知と理解を促進するための動きを開始する。

具体的にはそういった人たちの日常・ストーリーを1枚の写真に切り取り、Social上での拡散を狙うものである。




HoloAshとは

HoloAsh は、発達障害やメンタルに問題を持つ人を対象として、AIとの会話を通じてポジティブなマインドに誘導、自己肯定感を上げることを狙う「モチベーション・インタビューイング」というアプローチで、問題解決を試みるスタートアップ。

将来的には、ホログラフィックのインターフェースによって、より集中しやすい環境でプロダクトを提供することを目指している。
https://prtimes.jp/a/?f=d32627-20190702-8990.pdf




※1Royal Society for Public Health

https://www.rsph.org.uk/uploads/assets/uploaded/62be270a-a55f-4719-ad668c2ec7a74c2a.pdf


※2Mental Health Foundationによる2018年5月20日の調査

https://www.economist.com/graphic-detail/2018/05/18/how-heavy-use-of-social-media-is-linked-to-mental-illness


HoloAsh, Inc.

■ 会社概要

□会社名 HoloAsh, Inc.

□所在地 2035 Sunset Lake Road, Suite B-2, Newark, Delaware

日本支店: 東京都渋谷区桜丘町27-1

□代表者 Yoshua Kishi

□設立 2018年4月


■ 問い合わせ HoloAsh, Inc. 岸宛またはYoshua Kishi宛

□ メール: yoshua@holoash.com
□ ホームページ: https://holoash.com
□ Facebookページ: https://www.facebook.com/holoash/
□ Crunchbase: https://www.crunchbase.com/organization/holoash-inc
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会