出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

健活手帖夏号は「老化防止、抗がんにビタミンC」特集 小林幸子さん美川憲一さんのインタビューも 7月9日発売

産経新聞社
夕刊フジ(産経新聞社発行)は、健康タブロイド新聞「健活手帖」第11号(夏号)を7月9日(火)に発売します。税込み価格350円。夏バテ、老化防止から抗がん利用まで期待される「ビタミンC」を特集し、1週間分の料理レシピも掲載。若返りの「脳活パズル」、腰痛「10の対策」、高齢者ドライバー危険な兆候のチエックリスト、万一の時に役立つ救急車の必須知識のほか、前号で反響が大きかった「保存版の人体解剖図」の第2弾も付いています。駅売店やコンビニエンスストアのほか、サンスポe-shop(https://www.sanspo-eshop.com/)でも販売します。



毎日暑くてグッタリ…。そんな夏バテ撃退に欠かせないのがビタミンC。肌のシミやシワ予防に役立つだけと思ったら大間違い。夏場は、汗と一緒にビタミンCが失われやすく、うまく補うことで夏バテ予防、老化防止、病気撃退にもつながり、“一石三鳥”なのです。夏を乗り切るための「ビタミンC活用術」を徹底解説します。

多くの人を悩ます腰痛は、単なる腰の痛みにとどまらず、脚のしびれや歩行障害などを伴うことがよくあります。背骨の変性で神経が圧迫されると腰の痛みや脚のしびれにつながり、手術が治療の選択肢のひとつになります。そんな脊椎手術を数多く行い、身体に負担の少ない低侵襲手術を開発しているのが東京都武蔵村山市にある村山医療センター副院長の谷戸祥之医師。同センターでは背骨の治療で70年以上の歴史を持ち、昨年度の手術総数は1500件を超え、国内屈指の脊椎治療センターとなっています。その実力とはー。このほか、高須クリニック院長の全身がん告白記、小林幸子さん美川憲一さんの「健康対決」インタビュー記事など、充実した内容です。

なお、産経iD会員が第11号を購読した場合、健活手帖のバックナンバー(第1号~10号)のうち1部を試読できます(送料は各自負担)。さらに、特典としてバックナンバーを特別価格(200円+送料)で購入できます。詳細は産経iDのイベントページ(https://id.sankei.jp/)で。第12号は9月10日(火)発行予定です。

発 売 日:7月9 日(火)
体  裁:タブロイド判44ページ・オールカラー
定  価:350円(税込み)
発売地区:東北・関東・甲信越・関西圏の主要駅売店、コンビニエンスストア
ネット通販:サンスポe-shop(https://www.sanspo-eshop.com/
※産経新聞販売店でも取り寄せられます
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会