美容・健康

【健康は食生活から!】免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?

イマジン・グローバル・ケア株式会社
あなたの健康のために、私たちにしか、できないことがあります。

イマジン・グローバル・ケア株式会社は、全国20代~50代の男女を対象に「食生活に関するアンケート」を実施しました。


健康に長生きするための第一条件は、バランスの良い食生活を心掛けることでしょう。

現在、私たちは、豊富な食材に恵まれ、多様な味わいの料理を楽しむことができます。
食事には、文化やコミュニケーションといったさまざまな機能・楽しみがありますが、その原点は"生命の維持"です。
私たちは成長・発育や身体の維持、活動するためのエネルギーや栄養素を食べ物から摂取しています。
つまり、普段の食事の量に過不足があったり、不規則な食べ方をしていたりすると、健康な身体を維持することが難しくなってしまうのです。

一方で、健康に関する情報が溢れかえっているため、「じゃあどんな食事なら健康な身体を維持できるの?」「どんな食材を積極的に摂取すればいいの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回、イマジン・グローバル・ケア株式会社は、全国20代~50代の男女を対象に「食生活に関するアンケート」を実施しました。ご自身の健康が気になる方は、ぜひご参考にしてください。

【調査概要】 食生活に関するアンケート
【調査期間】 2019年7月2日(火)~ 2019年7月3日(水)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,105人
【調査対象】 全国20代~50代の男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ


8割以上の方が健康に関心があると回答!あなたは、免疫力とはどのような力だと思いますか?

まず、「健康に関心はありますか?」という質問をしたところ、8割以上の方が『はい』と回答しました。



健康志向の方が増加し、"健康ブーム"が巻き起こっている今、健康に関心がある方の割合は非常に高いようですね。

健康に関心がある方なら、誰しもが「免疫力」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

そこで、「免疫力とはどのような力だと思いますか?(複数回答可)」と聞いてみたところ、『病気になりにくい身体をつくる(92.1%)』『インフルエンザやノロウイルスを予防する(44.6%)』『アレルギーを軽減する(32.5%)』『その他(32.2%)』といった意見が挙がりました。




病気になりにくい身体づくりのためには、免疫力の向上が欠かせないと感じている方が多いようですね。

皆さんが考えている通り、免疫力とは、病気の原因となるウイルス、細菌、カビなどから身体を守る力です。

免疫細胞の働きは、相手を特定せずに体内に侵入した病原体を排除する「自然免疫」、一度自分の体内に侵入した病原体などを覚えており、それらを特異的に攻撃する「獲得免疫」の2つに分けられます。

どちらも体内で発生した身体に害をもたらす細胞や外から侵入した細菌・ウイルスなどを常に監視し、撃退します。

私たちの身体の中では、身体に害をもたらす細胞などの異物が毎日発生しています。
それらが発病しない理由としては、さまざまな免疫細胞が連動し、異常な細胞を死滅させるために働いているからです。
もし、免疫というシステムが身体から無くなってしまったら、私たちはすぐに何らかの病気にかかってしまうでしょう。
しかし、この免疫システムは15歳までに出来上がり、20歳を超えると、徐々に免疫力が落ちていくと言われているのです。

★免疫力が下がるとこんな影響が…
・ウイルス、感染症などにかかりやすくなる
・肌が荒れる
・アレルギー症状が生じやすくなる
・下痢をしやすくなる
・疲れやすくなる

「健康な身体で充実した生活を送りたい!」と願う方は、免疫力向上に取り組んでみてはいかがでしょうか。


免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

続いて、「免疫力向上のために取り組んでいることはありますか?」という質問をしたところ、4割近くの方が『はい』と回答しました。
    



取り組んでいることについて詳しく聞いてみると、『食事・栄養に気を配っている(79.5%)』と回答した方の割合が最も多く、次いで『睡眠・休養を十分とるように心掛けている(63.7%)』『運動やスポーツに毎日取り組んでいる(34.0%)』と続きました。

バランスが取れた食生活を意識している方が多いようですね。

腸は、口から摂取した食べ物を消化・吸収する場所ですが、外界から体内に入ってきた食品と共にウイルスや病原菌などが侵入してくるリスクが高い場所でもあります。
そのため、腸壁の内側には免疫を司っている免疫細胞が集中しており、全身の免疫細胞の約7割が集まっているのです。
免疫力を高めるためには、腸の状態を良くすることが重要なポイントになります。


半数近くの方が「野菜を積極的に摂る」ことを重要視していると回答!免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?

過去に50代~70代の男女を対象に食事管理で重要視していることについて調査したところ、『野菜を積極的に摂る』といった意見が最も多く集まりました。(https://www.value-press.com/pressrelease/221629

身体に良い食生活において、野菜の注目度が非常に高いようですね。
それでは、免疫力アップに効果的な野菜とは、どのようなものなのでしょうか。

「以下の中から、免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜をひとつだけお選びください」という質問をしたところ、『ブロッコリー(80.1%)』と回答した方の割合が最も多いという結果になりました。




ブロッコリーはとても栄養価の高いお野菜で、なんと、生ブロッコリーのビタミンCはレモンの2倍も含まれているのです!

他にも、ビタミンB1やB2、カリウム、リンなど健康に良い成分がたくさん詰まっており、まさに"スーパーお野菜"と言えるでしょう。

しかし、「健康な身体を維持するために必要な量のブロッコリーを毎日摂取できていますか?」と聞いてみたところ、7割近くの方が『いいえ』と回答しました。




健康な身体を維持するために必要な量のブロッコリーを毎日摂取できている方の割合は非常に少ないことが分かりました。
摂取方法を工夫して、毎日健康な身体を維持するために必要な栄養素を摂取できるのが理想ですね。


健康な身体のために。ブロッコリーの新成分、「ブロリコ」






免疫力アップのために最も注目していただきたいのは、東京大学とイマジン・グローバル・ケア社が共同で特許を取得した「ブロリコ」というブロッコリーの新成分です。

現代の日本では、年齢に伴う身体の変化や異常な細胞の増殖、薬の副作用などによって、自分でも気が付かないうちに免疫力が下がってしまっている方が多くいらっしゃいます。
そのため、病気になりやすい・症状が改善しない・薬物治療の副作用がつらい…といったお悩みを抱えている方が増えているのです。

一方で、ブロリコは人の免疫力を大きく高め、その中でも白血球の20%を占めるNK細胞(ナチュラルキラー細胞)と、好中球の働きを活性化させることが実証されています。
世界的医学誌Lancetに掲載された埼玉県立がんセンターの研究では、NK細胞の働きが弱いと病気の発症リスクが高くなることが明らかにされました。

そうした観点からも、ブロリコは免疫学の世界的権威や医療業界から注目を集めているのです。

さらに、ブロリコの効果は他の食品成分よりもはるかに高いことが判明しています。

~他の食品成分との比較~
• アガリクス(β-グルカン)の約50倍
• メカブフコイダンの約60倍
• DHAの70倍以上
• スルフォラファンの100倍以上
• アサイーの約240倍※1
• プロポリスの1000倍以上

「何だか最近体調が悪い…」
「若い頃に比べて風邪を引きやすくなった…」
そのようなお悩みを抱えている方は、ぜひブロリコ成分の摂取を意識してみてください。


■イマジン・グローバル・ケア株式会社:http://www.imagine-gc.com/
■ブロリコ事業:http://www.brolico.jp/
■お問い合わせ:https://www.imagine-gc.com/contact-form/
■TEL:03-5549-2814
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会