流通 美容・健康

家飲みブームに逆行し、外飲みへの発想転換で 業務用青汁『キューサイ青汁のある食卓』販路拡大中!!空港ラウンジでも健康チャージ!

キューサイ株式会社
 キューサイ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:神戸 聡、https://corporate.kyusai.co.jp/ 以下:キューサイ)は、ホテルやレストランなど外食産業向け業務用商品『キューサイ青汁のある食卓』 (内容量:250g)を6月より全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:平子 裕志、以下:ANA)が運営する空港ラウンジにて提供を開始したことをご報告いたします。



業務用『キューサイ青汁のある食卓』販路拡大の背景


 昨年12月に発売を開始した“キューサイ初”の業務用青汁『キューサイ青汁のある食卓』は発売後順調に販路を拡大しています。主にホテルやレストランのドリンクバーへのご提供が増えており、今では200店舗以上(※1)に導入いただいています。ドリンクバーといえば、コーヒーや紅茶、ジュースなどの嗜好品が多いイメージですが、消費者の健康志向を受け、健康に良いイメージである「青汁」を提供する店舗が増加傾向にあります。また、食の安全への意識の高まりもあり、『キューサイ青汁のある食卓』の原料が「国産のケールだけ」であることや「無添加(※2)」である点などが好評です。

 業務用ルート販売の売上は対前年比で約1.7倍増加(※3)しており、今後ますますホテルやレストランのドリンクバーでの販路拡大が期待できます。このような背景もあり、6月より、ANAの福岡空港ラウンジ、羽田空港ラウンジなど7カ所のラウンジで『キューサイ青汁のある食卓』の提供を開始しています。


※1 2019年6月末時点
※2 保存料・酸化防止剤・着色料不使用
※3 2018年1~4月と2019年1~4月の売上高比較



業務用『キューサイ青汁のある食卓』の商品特長

 国産ケールだけを使用し、「健康のために飲むものだから必要のないものは一切入れない」という創業当時からの想いを大切にし、無添加(※2)にこだわった商品です。ケールは葉の1枚、1枚が太陽光を浴びるため栄養価が高く、食物繊維はレタスの約3.3倍(※4)、カルシウムは牛乳の約2倍(※4)、β-カロテンはピーマンの約7.2倍(※4)、ビタミンCはグレープフルーツの約2.2倍※4です。ケールには自然のめぐみがぎっしりとつまっています。

※4 日本食品標準成分表2015年版(七訂)より


≪担当者コメント≫


 キューサイはテレビやインターネットなどの通信販売や代理店販売でケール青汁を提供していましたが、「より多くの方にケール青汁の魅力を知っていただき、健康づくりに役立ててほしい」と考え、業務用青汁の開発を会社に提案しました。最近はお酒の「家飲み」が人気ですが、青汁も「消費者に直接お届けして、ご自宅で飲用いただくもの」という「家飲み」の考えから、「キューサイのケール青汁をもっと身近に感じていただけるよう、外飲みできるようにしたい」という逆転の発想が商品提案のきっかけでした。
 より多くの方々に健康になっていただくため、これから出張に行かれるという方々にも空港ラウンジやホテルの朝食などでご飲用いただき、思わず“もう一杯!”と健康チャージしていただけるよう、キューサイのケール青汁の良さをお伝えできればと思っています。


営業部 三苫祥治



業務用キューサイ青汁のある食卓の商品画像





業務用『キューサイ青汁のある食卓』の商品概要

【商品名】キューサイ青汁のある食卓
【内容量】250g
【お問い合わせ電話番号】092-724-0830 [受付時間]月~金8:45~17:45(土日祝除く)

商品の詳細はこちらからご確認いただけます。
https://corporate.kyusai.co.jp/news/detail.php?p=1759
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会