医療・医薬・福祉 素材・化学・エネルギー

【新発売 HOUND(ハウンド)】ラマン2波長とLIBSを1台に搭載:医薬品の不溶性粒子の定量・粒子形状解析・物質同定を1台で実現

Unchained labs 株式会社
医薬品における不溶性粒子でもうパニックになることはありません

医薬品の不溶性粒子の定量・形状解析・物質同定をワンストップで実現します


バイオ医薬品研究における課題解決に取り組むライフサイエンス企業、Unchained Labs株式会社(本社:東京都千代田区神田須田町2-9-2 取締役社長:佐々木栄和)は、ラマン2波長とLIBSを1台に搭載し、医薬品の不溶性粒子の定量・形状解析・物質同定をワンストップで実現するHOUND(ハウンド)システムを新発売いたしました。

1. ラマンRedレーザー(785), Greenレーザー(532)とLIBS(Metal解析)の3つレーザーを1台に搭載
2. 全く新しいソフトウェアを搭載。Window 10対応, 21CFRPart11に対応
3. 測定時間を大幅に改善(2-10倍短縮)200パーティクルの解析は粒子カウント、形状解析、物質同定の全部を60分以内で完了


1つのサンプルに対して、1)サイズ毎の粒子定量、2)粒子形状解析、3)Ramanによる レッドレーザーからグリーン、またはグリーンからレッドレーザーでの同定解析の後、4)LIBSを用いた金属元素分析が可能です。
HOUND(ハウンド)は、不溶性粒子を見逃すことはありません。

専用ゴールドフィルターにより、バックグラウンドノイズをカットし従来のニトロセルロースメンブレンを使用した場合と比べて、より多くのパーティクルを見逃すことなく解明できます、またラマンによる干渉を最小限に抑える効果があります。バイアル1本を丸ごと固定可能なFilter Roundsや、特定のパーティクルの入った溶液を解析するWET ROUNDを用意。パウダーの解析もオプション追加により可能となっています。


全く新しいソフトウェアでは、粒子カウント、形状解析、物質同定を容易に管理できます。
また、測定時間を大幅に改善(2-10倍短縮)されており、200パーティクルの解析は粒子カウント、形状解析、物質同定の全部を60分以内で完了します。 Window 10対応, 21CFRPart11に対応しています。



サンプルデモとして受託分析を行なっております。
詳しくはhttps://www.unchainedlabsjp.com/demo からお問い合わせください。

▽Unchained Labs について
UNchained Labsは次世代、かつクールなライフサイエンスツールを提供するカリフォルニア シリコンバレーに本社を置くライフサイエンス企業です。私たちはバイオ医薬品の研究者が大きな発展をもたらすために日々直面する複雑な問題 から解き放つために全力を注いでいます 。現在までに累計330台以上販売し、主要なバイオ医薬品企業には、少なくとも1台以上、我々のシステムがインストールされております。

Unchained Labs 株式会社
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2丁目9−2
PMO神田岩本町 3階
Tel: 03-3526-2811
Fax: 03-3526-2813
Website: https://www.unchainedlabsjp.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会