広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

「自由診療特化型 美容・医療領域コンテンツ制作・運用サービス」を開始 ― 表記の制約が厳しい医療広告ガイドラインを熟知した専門体制による国内最大規模の制作運用を提供 ―

株式会社ストロボ
医療広告ガイドライン対応に関する知見と月産3000本以上の制作実績を持つストロボが提供

企業のデジタルトランスフォーメーション支援事業及びベンチャー投資育成事業を展開する株式会社ストロボ(以下、当社/東京都・港区 代表取締役 下山哲平)は、美容・ヘルスケア領域に関わる医療機関及びメディア運営会社に向けた「自由診療特化型 美容・医療領域コンテンツ制作・運用サービス」を、これまでに培ってきた月産3000本以上の実績をもとに体制を拡大し、サービスを新たにリリースしました。


●「自由診療特化型 美容・医療領域コンテンツ制作・運用サービス」の立ち上げの背景

 昨今、美容整形、医療脱毛、AGAといった領域が、「自由診療」×「医療(機関)」という市場で急速に拡大しています。需要の拡大に伴い、この領域を専門にしている医療機関(美容整形外科、美容皮膚科など)ではデジタルマーケティングによる集患・増患の強化が必要になりました。これらの領域は、需要が「悩み」に起因するため、インターネット検索との親和性が非常に高い特徴があります。また、マーケティング手法の中でも、正しい施術内容や対策などの知識を発信するオウンドメディアが非常に重要になる領域でもあります。

 ストロボは、医療広告ガイドラインに精通した専門体制によるビューティー&ヘルスケア領域のコンテンツ制作サービスを提供しており、医療機関やメディア運営企業などを中心に、月産3000本以上の制作実績を持つ国内有数の制作体制がある為、こうした課題に対応すべく「自由診療特化型 美容・医療領域コンテンツ制作・運用サービス」の立ち上げに至りました。


●自由診療特化型 美容・医療領域のコンテンツ制作の2つの課題とは


課題1.:医療広告ガイドラインによる広告表記の制約が非常に厳しい
課題2.:ビューティー&ヘルスケア領域の中でも自由診療領域に関わる医療機関及びメディアの需要が特に拡大しておりコンテンツ制作に困っている

このような課題を背景に、ユーザが知りたい情報を、医療広告ガイドラインに適応している高品質なコンテンツとして分かりやすく届ける重要性が増していますが、正しく遵守できていなかった場合、以下のように二次被害が非常に大きくなるおそれがあります。

・法令遵守性のないマーケティング活動につながりかねない
・GoogleやYahooを代表とする運用型広告の審査に通らない

つまり、高品質なコンテンツを作るのに必要な「ガイドライン遵守」「マーケティング成果を出す」(=訴求力のあるコンテンツを作る)は相反する部分もあり非常に高度な法知識や実務経験が必要です。


●「自由診療」×「医療(機関)」市場で需要を拡大する3つの領域

特に下記3つの領域ではコンテンツ制作需要が大幅に増えており、それらのニーズに応えるべく、当社では、「自由診療特化型 美容・医療領域コンテンツ制作・運用サービス」の提供を開始しました。
医療広告ガイドライン対応に関する圧倒的な知見と月産3000本以上の制作実績を持つ国内最大規模のビューティー&ヘルスケア領域の制作体制により、当該領域のデジタルマーケティングを強力に支援してまいります。


美容整形

本格的な「整形」に限らず、昨今はアンチエイジングやプチ整形と呼ばれる「切らない」施術も増えており、市場規模が爆発的に伸びてきている


医療脱毛

「エステ脱毛」からの急速な市場移動がおこっている


AGA

AGAは、従来の男性向け育毛サービスから「医療機関で対応するもの」、という認識がスタンダートになりつつある

【参考】
日本美容外科学会が行った「第1回全国美容医療実態調査(※)」によると、施術ごとの平均売上予想価格から手術治療の推計市場は、1,378億円、非手術治療は2,363億円、合計で約3,740億円と推計されています。
また、同調査によると2017年に行われた美容医療の全美容施術数の合計は、1,903,898件、うち外科的手術が278,507件(15%)、「切らない」施術にあたる非外科的施術は1,625,391件(85%)と、「切らない」美病整形の市場規模拡大が伺えます。

(※)参考:第1回全国美容医療実態調査 最終報告書/日本美容外科学会
https://www.jsaps.com/jsaps_explore.html


●「自由診療特化型 美容・医療領域コンテンツ制作・運用サービス」の4つの特徴


医療広告ガイドライン対応に関して、圧倒的な知見と制作実績を持つ
月産3000本以上の国内最大規模のビューティー&ヘルスケア領域の制作体制がある
実績や体制をもとに、より正しく、高品質で、且つ成果の出るコンテンツ制作サービスを提供
広告表記の制約が厳しい医療広告ガイドラインを熟知した専門体制による業界トップクラスの制作・運用を実現



当社はこのように美容・ヘルスケア領域など高い専門性が求められる業界に対して、高水準なコンテンツ制作およびメディア運営、人材育成までワンストップで完了できるサービス体制を強化しており、今後も対象テーマ・領域を拡充して提供していく予定です。


【株式会社ストロボ 会社概要】


商号:   株式会社ストロボ
代表者:  代表取締役社長 下山哲平
所在地:  東京都港区麻布十番1-5-10(受付4階)
URL:   https://www.strobo-inc.jp/
事業内容: デジタルマーケティング事業
      メディア&コンテンツ開発事業
      ベンチャー投資育成事業
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会