エンタテイメント 美容・健康

『第9回衛星放送協会オリジナル番組アワード』【番組部門 ミニ番組 最優秀賞】を受賞!3チャンネル共同企画「おっぱいチェック体操」

チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた
セルフチェックで乳がんから命を守ろう!「チャンネル銀河」×「女性チャンネル♪LaLa TV」×「ムービープラス」共同企画

CS放送「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」(チャンネル銀河 株式会社、東京都千代田区、代表取締役社長:寺嶋博礼)と「女性チャンネル♪LaLa TV」と「ムービープラス」(ジュピターエンタテインメント株式会社、東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:寺嶋博礼)は、3チャンネル共同で企画・制作した「おっぱいチェック体操」で「第9回衛星放送協会オリジナル番組アワード」にて「番組部門 ミニ番組 最優秀賞」を受賞いたしました。


7月17日授賞式の模様
2018年ピンクリボン月間にあわせ、J:COMグループ傘下の「チャンネル銀河」「女性チャンネル♪LaLa TV」「ムービープラス」が3チャンネル共同で乳がんを楽しくセルフチェックできるミニ番組「おっぱいチェック体操」を企画・制作しました。そして、この度「第9回衛星放送協会オリジナル番組アワード」にて「番組部門 ミニ番組 最優秀賞」に選出されました。
番組では、乳がん啓発運動指導士の岡橋優子さんのナビゲートの下、女子プロレスラー尾崎魔弓(50)とアイドルレスラーとして人気を博したキューティ鈴木(49)が、リズミカルな音楽に合わせユニークな振付で楽しくセルフチェックを行います。リンパマッサージや全身体操の要素も取り入れ、早期発見だけではなく、予防にも効果的な体操です。
選出にあたり、審査員長を務めるノンフィクション作家の吉岡忍氏からは、チャンネルの視聴者層(20~50代の女性)を対象に、この年齢層の女性に多い乳がんの啓発や自己触診の習慣づけを目的としている点や、対象が“おっぱい”だけに、セクシーにも作れてしまうところを、あえて女子プロレスラーを起用して「体操」であることを強調し、そして毎日の習慣にして欲しいということで、短時間で実施できるようミニ番組の形式を選んだ点の秀逸さを高く評価ただきました。
7月17日に行われた授賞式では、審査員を務める弁護士の田中早苗氏から、乳がんは、早期発見が大事。ネーミングにもドキッとさせられ、興味が沸き、心憎い。出演者も若いタレントではなく、往年の人気女子プロレスラー2人。スタッフが女性ばかりだからか、適度な可愛らしさとお色気とユーモア加減が、絶妙である。リンパマッサージも取り入れるなど、お得感も与えている。10月のピンクリボン月間の放送にあわせて、3チャンネルが共同で制作し、放送し続け、さらに放送外でのイベントも実施するなど、社会的意義のある企画に拍手とコメントをいただきました。


「おっぱいチェック体操」は、3チャンネルで随時放送しています。




【放送情報】
チャンネル銀河:7月19日(金)朝6:12~ ほか
女性チャンネル♪LaLa TV:7月22日(月)午前11:35~ ほか
ムービープラス : 7月22日(月)朝5:54~ ほか


You Tubeでも公開中 https://youtu.be/d77PTtWYR3c


チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた
日本初放送を含む世界各国の歴史ドラマから「松本清張サスペンス」、「孤独のグルメ」等の国内ドラマやNHKの豪華歌謡番組まで、大人世代の番組が満載のドラマ・エンターテインメントチャンネル。J:COMなど全国のケーブルテレビや、スカパー!、IPTVを通じ、約571万世帯(2019年5月末現在)のお客様にご覧いただいています。https://www.ch-ginga.jp/

女性チャンネル♪LaLa TVとは
女性チャンネル♪LaLa TVは、女性の“今”だから観たい!をかなえるエンタテインメント・メディア。ドラマ、ライブ、シネマ、ライフスタイルの4つのジャンルから厳選したコンテンツをお届けします。J:COMなど全国のケーブルテレビや、スカパー!、auひかりを通じ、約640万世帯のお客様にご覧いただいています。http://www.lala.tv

ムービープラスとは
今年開局30周年を迎える日本最大級の映画チャンネルです。ハリウッドのヒット作をはじめとする国内外の選りすぐりの映画、映画祭、最新映画情報を放送し、J:COMなど全国のケーブルテレビやスカパー!、IP放送を通じ、約721万世帯のお客様にご覧いただいています。https://www.movieplus.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会