教育・資格・人材 美容・健康

夏休みの自由研究のテーマにピッタリ。「ヨガが心に効果があるのはなぜ?」ライフスキルが高い子に育つコツをこっそり教えます。親子で学べるヨガイベントを開催。

株式会社ぜん
国内最大級のヨガ・ピラティス専門スタジオ「zen place」を運営する株式会社ぜん(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:尾崎成彦)が、親子で参加出来るヨガイベントを2019年8月9日(金)2019年テーマは、「夏休みのヨガ自由研究」と「マインドフルネスと脳」です。キッズヨガはポーズの正確さよりも、楽しく安全にヨガを行い、「健康なからだを形成し、マインドフルネスによる集中力の持続や感情のコントロールなどが出来る」ようになることを目的としています。成長期の子供の体に負荷をかけずに運動機能を向上させ、集中力アップにも効果があります。コミュニティで子どもたちの健康で幸福な生活をサポートするために、ヨガが提供できるライフスキルの理解を深めていきます。自身の健康のほかにも、ヨガの歴史や高齢化社会における必要性なども学べるのでお子様の自由研究にもオススメです。



【ワークショップの概要】
■幼児期は、神経機能の発達が著しい。5 歳頃までに大人の約 8 割程度まで発達!

幼児期は、日常生活での運動、表現に用いる運動、労働での運動、スポーツなどの運動における基礎づくりの段階にあるといえ、非常に大切な時期です。心と体の発達を調和的に促すためには、特定の活動に偏ることなく、幼児の安全を確保した上で、幼児が持っている冒険心を生かしながら、楽しく体を動かす遊び を通して、脳と筋肉を繋ぐ神経系のネットワークが適切に構築されるよう促すことが大切です。幼児期は、神経機能の発達が著しく、5 歳頃までに大人の約 8 割程度まで発達するといわれています。そのため、タイミングよく動いたり、力の加減をコントロールしたりするなどの運動を調整する能力が顕著に向上する時期です。運動を調整する能力は、新しい動きを身に付 けるときに重要な働きをする能力であり、幼児期に運動を調整する能力を高めておくことは、 児童期以降の運動発達の基盤を形成するという重要な意味を持っています。

■便利社会で子供の発達が遅れている。
基本的な動きの習得には、動きの種類の増大させる「動きの多様化」と、それぞれの基本的な動きの運動の仕方「動作様式(体のバランスをとる動き)」、その2つの動きが上手になっていく「動きの洗練化」が必要となります。身体の操作が未熟であると、安全に関する能力も十分に発達しにくくなります。さらに限られた運動だけを継続的に行うことは、 多様な動きを身に付けにくく、特定の部位が繰り返し同じストレスを受けることにもなります。

しかし現代の幼児の遊びは、活発に体を動かすものが少なくなっている傾向にあります。
特に遊びに占める「絵本」「テレビ・ビデオ」の割合は、10 年前に比べて約 2 倍に増えていることもわかりました。逆に「自転車・三輪車など」 は、20年前から約30%も減少傾向にあります。 (日本小児保健協会の調査)このように活発に体を動かす遊びの機会は少なった結果、かつては幼児期に身に付けていた動きが十分に獲得できておらず、自分の体の操作が未熟な幼児が増えています。
ヨガのポーズは多様性があり、普段使わない筋肉を動かします。柔軟性とバランス力を養えるので、ヨガで効率的に基本的な動きの習得ができます。

■運動習慣が正確に大きく影響。運動すると健やかな心の育ちも促す効果が!
体力は、人間の活動の源であり、健康の維持のほか、意欲や気力といった精神面の充実にも大きく関わっています。幼児にとって体を動かす遊びなど、思いきりのびのびと動くことは、何事にも意欲的に取り組む態度を養い、健やかな心の育ちも促す効果があります。  積極的に体を動かす幼児は、「やる気」「我慢強さ」「友達関係が良好」「社交的」な ど前向きな性格傾向にあります。文部科学省が園児を対象に行った調査でも「いつもやる気(何でもやってやろうという気持ち)がある」「いつも一つのことに集中できる」と評価され た園児の割合が増加しました。(文部科学省2011)
このような前向きな傾向は「有能感」(「自分はできる」という感覚や自信)に支えられています。幼少年期における遊びや運動に関する有能感(運動有能感)は、遊びの経験を通した成功体験によってその基礎がつくられ、その後の運動やスポーツ活動、さらに自尊感情が高まるので、他人を受容する心が持てたり、ストレスに強い心になるなど高いライフスキルにつながっていくといわれています。。是非この機会にヨガを勉強してみませんか?


■日時:
2019/8/9(金)、9/23(月) 10:00-12:00

■プログラム内容
親子ヨガ「夏休みのヨガ自由研究」と「マインドフルネスと脳」に関する「講話+実技」


■テーマの内容
<8/9(金)の部 親子ヨガ+ 夏休み自由研究「みんなでヨガを研究しよう!」>
ダイナミックなYogaEd.キッズヨガを親子で楽しみながら、呼吸法・ポーズ・ゲーム・リラクゼーションを通して、ヨガのもたらす身体的、感情的、精神的、社会的な効果を実際に体験していきます。歴史から実践まで、ヨガの知識を学びます。 ※小さなお子さまも参加できます。


<9/23(月)の部 マインドフルネスと脳~親子ヨガ編~>
「気づき(注意力)と思いやりを育てる」 子どものマインド(心)とボディ(身体)が「いまここ」にいられるように育て導く方法とは?脳を意識した子育てとは?不安やあせりをやわらげ、気持ちを落ち着かせるのに役立つマインドフルネスのアイデアと思いやりを育てるヨガの実践を体験しましょう。 ※親子のヨガクラスは子ども向けに構成されていますが、どなたでもご参加できます。ヨガの資格や経験は問いません。


■このような方におすすめ


子どもの教育に携わっている、携わりたい
子どもの心身健康、学業成就のサポートとして
家庭のなかに活かせるヨガのツールを学びたい
子育てに活かしたい
YogaEd.プログラムを修得したい
YogaEd.Pl1&2キッズヨガ講師養成講座、教師指導ツール(チェアヨガ)WSについて詳しく知りたい。
Yoga Alliance全米ヨガアライアンスのRCYT(children’s Yoga)取得を検討している
ヨガインストラクターとしての活動をさらに幅を広げたい



■参加対象:3才以上から大人まで
※お子様の参加に関する条件:特にございません。
・乳幼児でも保護者の方が面倒を見れるのであれば参加OK!
・親子で一緒にワークショップに参加できます。
・ワークショップを行うBMS1のスタジオ内に、お子様用のスペースもご用意しております(遊び道具はございません、お持ち込み可能です)。
ご安心してお子様と一緒にいらしてください。

■受講料

大人1人5,000円(税込)
大人2人(ペア参加)8,000円(税込)
<子ども:大人1人につき1名無料、2名以上の場合は2人目から500円(税込)>

ママ友と!お母さまと!お子さまと!ご一緒にどうぞ!
※ マットはご用意しますので、ご持参不要です。

■お申込み:下記のURLよりお申込みください。
https://www.bodymindspiritresearchlab.com/workshops/247

■お問合せ:
info_bms@zen-jp.info


■講師の紹介
岡崎ともみ


このワークショップでは、ファミリーヨガを通して親子の絆を深めながら生涯にわたるヨガの効果を一緒に探求していきます。

熟練したYoga Ed.トレーナー・Tomomiによるこのクラスは、「キッズヨガとは?」という素朴な疑問についての答えを見つけ、保護者の皆さんが家庭や学校、そしてコミュニティで子どもたちの健康で幸福な生活をサポートするために、ヨガが提供できるライフスキルの理解を深めていきます。

[YogaEd.]ヨガエドとは?

Yoga Ed.は、ヨガの実践を通して心身の健康維持と学習支援に取り組む教育プログラムです。活動は1999年サウスセントラル・ロス・アンジェルスの学校で始まり、現在では、米国42州世界16カ国の教育現場で活用されています。
勝ち負けのない身体運動であるヨガのプログラムは日本の体育教育基準に対応しており、人間関係と感情の学習SELと脳ベース学習に深く基づいています。ツールである呼吸法やポーズ、リラクゼーションを効果的に活用することで、身体的、認知的、社会性的、学習的に不可欠な能力を育てます。運動能力の発達や体力・柔軟性の向上をはじめ、心身相関の認識では子ども教師共に自己への気づきと自己調整を向上させストレス対処力を高めるなど、ライフスキルを身につけることを主眼としています。
参考:http://yogaed.jp/

【会社概要】
商号 株式会社 ぜん(カブシキガイシャ ゼン)
代表者 尾崎 成彦(オザキ ナルヒコ)
所在地 〒150-0011 東京都渋谷区東2-6-18 エポックビル3階
業種 その他
上場先 未上場
従業員数 500名未満
会社HP  https://www.zenplace.co.jp/
インストラクター採用情報: https://www.wholebodyeducator.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会