医療・医薬・福祉

株式会社CROSS SYNCとの資本提携について

ファインデックス
当社は、株式会社CROSS SYNC(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:高木俊介・植村文彦、以下「CROSS SYNC」という。)に対して、コニカミノルタ株式会社、豊田通商株式会社、株式会社日本政策投資銀行などとともに、出資を実行しました。



CROSS SYNCは、2019年10月に横浜市立大学附属病院の集中治療部部長を務める集中治療専門医の高木医師らによって設立された「ICU Anywhere」をビジョンに掲げる“横浜市立大学発ベンチャー”です。「患者の急変や死亡を減らしたい」という想いを端緒に、「テクノロジーの力で、医療現場の専門性をアシストする」をミッションに掲げ、AIを活用した画像解析により患者の常時モニタリング等を行う重症患者管理システム「iBSEN(イプセン)」(以下「本製品」という。)の開発・運用を企図している医療・ライフサイエンス分野のスタートアップ企業です。本製品の発展や展開を通じ、あらゆる病床にICU並みの医療を提供することを実現させることで、感染症拡大に対応した医療提供体制の再構築や高齢化に伴う医療従事者不足といった社会課題の解決を目指しています。

ICU(集中治療室)に関わる医療従事者の専門知識とAIなどの情報技術を掛け合わせることで、重症化リスク等の医療現場が欲する情報への常時自動変換や治療優先度を早期に判断・共有できる本製品の仕組みが、急性期の医療現場を支援する革新的なコンセプトであることから、医療情報システムの開発・販売を主たる事業とする当社と資本提携に係る合意に至りました。今後は、当社の医療情報システムやヘルスケアソリューションと同社の診療データ分析の高度なノウハウをもとに国内外の医療現場における問題解決での協業も視野に入れ、互いの強みをもって補完し合うことでこれまで以上に幅広いソリューションの提案と大きなシナジーを得るべく鋭意取り組んでまいります。

株式会社ファインデックスについて
ファインデックスは、医療システムのスペシャリストとして常に革新的なソリューションを創り出し、診療の効率化やデータを活用した研究、病院経営を支援してきました。国立大学病院の70%以上、大規模病院の60%以上で当社製品をご利用いただいております。また、医療機器開発に加え、医療データ・バイタルデータの収集分析等のAIヘルステック領域に業務拡大しております。上記以外の分野では、医療機関や自治体へ向けて文書ワークフロー管理を中心とした業務効率化ソリューション事業にも取り組んでいます。

社名:株式会社ファインデックス
本社:東京都千代田区大手町2丁目6-1 朝日生命大手町ビル1F
URL:https://findex.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)