医療・医薬・福祉

Revorf、総額約3億円の資金調達を実施

株式会社Revorf
株式会社Revorf (本社:東京都千代田区、代表取締役:末田伸一、以下「Revorf」)は、この度、NOW株式会社、新生企業投資株式会社、日本ベンチャーキャピタル株式会社及びi-nest capital株式会社が個々に運営又は関与する各ファンド並びに谷家衛氏(あすかホールディングス株式会社取締役会長)を含む個人投資家を引受先として株式を発行することに関する総額約3億円の資金調達を実施しました。Revorfは本資金を研究開発等に用いる方針です。あわせて、清水道浩氏(新生企業投資株式会社 ベンチャー投資チーム ディレクター)がRevorfの社外取締役に就任しました。



Revorfは、理化学研究所や京都大学での研究を基にしたRNA検出解析技術と、東京大学、京都大学、東京医科歯科大学出身の医師兼エンジニアらによるデータ分析・AI開発の技術とを掛け合わせ、未踏遺伝子から疾患関連遺伝子を発掘する創薬・医療技術基盤手法の確立を目指しております。

Revorfは昨年、理化学研究所の遺伝子解析データベース(FANTOM)を発展・実用化させた遺伝子解析プログラム「TIGER」につき理化学研究所より独占的ライセンスを受けており、また、エンハンサーゲノム変異に着目したがん検出研究が日本医療研究開発機構(AMED)の次世代がん医療創生研究事業として採択されております。今回の調達資金を活用し、Revorfは引き続き企業や研究機関とともに創薬・医療技術基盤手法の革新を推進して参ります。

株式会社Revorf
HP:https://www.revorf.jp/
本件に関するお問い合わせ先:information@revorf.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)