医療・医薬・福祉

【高齢者の足爪トラブル】爪の2大トラブルのひとつ、「肥厚爪」を見たことがある施設関係者は9割近くという結果に。自己流の処置では逆に悪化してしまうことが・・・!

在宅医療マッサージ株式会社
足元からの健康づくり

在宅医療マッサージ株式会社が運営する”ドクターネイル爪革命”は、高齢者介護施設で働く方を対象に「高齢者の足の爪」に関するアンケート調査を実施しました。


高齢化社会を迎え、健康寿命を少しでも長くするには「歩くこと」がとても重要となります。
高齢になると足や膝が弱りはじめ痛みを生じる方が多くなりますが、痛みが軽減すれば、誰もが自分の足で歩きたくなるはずです。
ご自身で歩くようになれば、自然と行動範囲が広がり、日々の生活も楽しくなります。
その結果、外で様々な刺激を受けることで、脳の活性化につながっていきます。

そこで注目したいのが、"爪のトラブル"です。
歩行時に最も負担のかかる個所のひとつにつま先がありますが、爪にトラブルを抱えてしまうと痛みで歩き方が不自然になり、足全体の痛みにつながっていきます。

今回、在宅医療マッサージ株式会社https://dr-nail.jp/)は、入浴介助の際に高齢者の足の爪を見る機会が多い介護施設で働く方を対象に、「高齢者の足の爪」に関するアンケート調査を実施しました。
実際に足の爪にトラブルを抱えている高齢者の声や、それに対応する介護者の悩みなど、現場のリアルな声をご覧ください。

調査概要 :「高齢者の足の爪」に関するアンケート調査
【調査日】  2019年7月17日(水)~ 2019年7月23日(火)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,116人
【調査対象】 介護入浴の介助をしたことがある方 ※介護施設で働いている方、または働いていた方
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ


高齢者の爪のトラブルを目撃したことがある方は9割over!?高齢者に多い「肥厚爪」とは・・・?

まず、「高齢者の爪のトラブルを見たことはありますか?」と質問したところ、9割もの方が「はい」(90.1%)と回答しました。
一見しただけではわからないような症状もあるため、実際に爪のトラブルを抱えている高齢者は、今回の結果以上に多いと言えるでしょう。



爪のトラブルで分かりやすい症状のひとつに、「肥厚爪」があります。

「肥厚爪」は長期間にわたって爪に何らかの物理的圧迫が加わるなどして起こる症状で、爪が分厚くなるのが特徴です。分厚くなることで爪が割れやすくなったり、剥(は)がれやすくなったりします。

さらに、「肥厚爪」は剥がれた部分から雑菌が入って化膿などのトラブルを起こしてしまうことがあり、「巻き爪」と並んで爪の2大トラブルのひとつと言われています。

そこで、「肥厚爪(爪が分厚くなった状態)を見たことはありますか?」と質問したところ、なんとここでも9割近くの方が「はい」(88.1%)と回答しました。
これらの結果を受けて、高齢者が抱える爪のトラブルに「肥厚爪」がとても多いということが分かりましたね。


足爪のトラブルを放っておくと大変なことに・・・?





上項の結果を受けて、「肥厚爪の症状を抱えている方と足爪について会話したことはありますか?」と質問したところ、7割以上の方が「はい」(74.6%)と回答しました。

また、「どのような会話をしたか教えてください(※肥厚爪の症状を抱えている方本人がどのようなことを話していたかなど)」と質問したところ、


・爪がおかしいと訴えがあったが、うまく処置できないと伝えた (福岡/男性/40代)
・靴下が履きにくく、歩行時に痛みがある (新潟県/女性/50代)
・爪が靴下に引っかかる、爪が切れない (北海道/女性/40代)


上記のような内容が多くみられました。

足は身体の土台であり、健康の要です。歩行が困難になれば日常生活に支障をきたすだけでなく、気分も落ち込み身体もどんどん弱ってしまいます。
このような症状に接したとき、介護士やヘルパーの方はどのような対応をとるのでしょうか。


「肥厚爪」への対応は「切る」という回答が多い結果に。しかし逆に悪化してしまうケースも!?





「肥厚爪の症状に対して、どのような対応をとりましたか?」と質問をしたところ、半数以上の方が「爪を切ってあげた」(51.6%)と回答し、次いで「介護施設内のスタッフに爪を切る処置をさせた」(23.3%)「病院に付き添い、爪を切る処置をさせた」(13.4%)と続きます。

このように、病院の医師・看護師や、介護士ができる処置方法は「切る」施術です。
実はこの「切る施術」は、肥厚爪にとって適切な処置方法とはいえません。
爪を切るだけの処置は一時的に痛みや症状が軽減するかもしれませんが、処置後により痛みが生じてしまい、逆に悪化してしまうことがあるのです。

そんな方のために、「足爪専門のサービス」があるのをあなたはご存知ですか?


足爪専門のサービスの認知度を調査!




実際に、「足爪専門のサービスがあることを知っていますか?」と質問したところ、約半数の方が「知らない」(49.4%)と回答しました。

上記で「知らない」と回答した方に、「足爪専門サービスを自分が利用する、または他人に紹介してみたいと思いますか?」と質問したところ、ここでは6割以上の方が「はい」(61.9%)と回答しました。

多くの方が肥厚爪を見ても対応をしないのは、単純にトラブルになるのが嫌なだけでなく、専門の知識が無いため、有効な処置をしてあげたくてもどうしていいかわからないといった理由があるようです。


対応が難しい足爪のトラブルは、専門サービスを利用してすっきり解決!




高齢化社会を迎えている現代の日本で、健康寿命を少しでも長くするために、「歩く」ことは非常に重要です。

介護施設の現場でも足のケアは急務であり、少しでも歩けるようになれば、介護を受ける方のQOL(生活の質)が高まるだけでなく、介護をする側の負担を減少することができます。

足の爪にトラブルを抱えている方を見かけた際は、専門のサービスを利用し、高齢者がイキイキと過ごせる環境にしていきましょう。


足元から健康をつくる 「ドクターネイル爪革命」




巻き爪や肥厚爪など、爪の厄介なトラブルでも痛みをほぼ感じることなく解消することができる、『ドクターネイル爪革命(https://dr-nail.jp/)』は、その技術の高さから「奇跡のフットケア」と呼ばれています。

多くの病院では、爪のトラブルに対しては「切る」処置を行いますが、『ドクターネイル爪革命』では最も負担の少ない「削る」処置を行います。
痛みを伴わない処置のため、たいへん多くの方にリピートしていただいています。

長期化・重症化しやすい足のトラブルが、ドクターネイルの処置で改善した方は、皆さん口をそろえて「もっと早く来ればよかった」とおっしゃいます。

ここで、実際に『ドクターネイル爪革命』のフットケアを受けた方の声をご紹介します。
・こんなに楽に、キレイになるならもっと早く来ればよかった (50代/女性)
・伸びて靴下に引っかかる爪を夜な夜な爪切りで切っていたが、腰が痛く、おなかも邪魔して、切りづらくなってきたので、任せることができて良かった(60代/男性)


爪のトラブルでお悩みのご本人も、介護者の方もぜひお気軽にお問合せ下さい。

■ドクターネイル爪革命:https://dr-nail.jp/
■TEL:044-201-2918
■お悩み相談窓口:https://dr-nail.jp/orders/onayami/
■店舗一覧:https://dr-nail.jp/salon-all/
■FC加盟募集:https://dr-nail.jp/fc/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会