医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

電子カルテメーカーで業界初 きりんカルテ「3省3ガイドライン」への対応リファレンスを公開

きりんカルテ
きりんカルテシステム株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:山口太一、以下きりんカルテ)は、経済産業省の「医療情報を受託管理する情報処理事業者における安全管理ガイドライン(平成24年10月)」ならびに、総務省の「クラウドサービス事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン第1版(平成30年7月)」に対して、きりんカルテが提供する無料のクラウド型電子カルテ『きりんカルテ』の対応状況を整理した「『きりんカルテ』ガイドライン対応リファレンス」を一般公開しました。


■背景

診療所における電子カルテの普及率は、厚生労働省の前回調査(※1)の35%から最新調査(※2)の42%とわずかしか増えていません。そのうちクラウド型電子カルテが占める割合は数パーセントです。普及率が伸び悩んでいる要因の一つが、クラウド上に医療情報を保存することへの不安です。従来の電子カルテはオンプレミス型と言い、医療機関の施設内にサーバを設置して利用するタイプがほとんどでした。そのため、データも施設内に閉じて保存されていました。一方、クラウド型電子カルテは、医療情報を施設の外部にあるサーバに保存します。外部にデータが出ていくことに対して漠然とした不安がネックになっています。

きりんカルテは、そういった不安の声に対して、2016年12月にサービスをリリースした当初から電子カルテのセキュリティや安全性を示すために、経済産業省ならびに総務省のガイドラインの要求を満たすようシステムの改修、社内の運用管理を整備してまいりました。そうしたなか、きりんカルテが利用しているクラウドサービスである「Microsoft Azure」が「3省3ガイドライン」に対して「医療機関向け『Microsoft Azure』対応セキュリティリファレンス第2版」(※3)を出したことを受け、「『きりんカルテ』ガイドライン対応リファレンス」を公開することにしました。

これまで電子カルテメーカーが3省3ガイドラインに対する対応リファレンスを一般公開した事例はありません。今回の取り組みは、『きりんカルテ』の安全性を示すだけでなく、業界において、クラウドサービスがより普及するためのきっかけになることを願っています。


■取り組み内容

電子的に医療情報を扱う際のガイドラインは、
・厚生労働省の「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン第5版(平成29年5月)」
・経済産業省の「医療情報を受託管理する情報処理事業者における安全管理ガイドライン(平成24年10月)」
・総務省の「クラウドサービス事業者が医療情報を取り扱う際の安全管理に関するガイドライン第1版(平成30年7月)」
の3つがあり、これらは併せて現在「3省3ガイドライン」と呼ばれています。厚生労働省のガイドラインは医療機関が対象になっており、経済産業省と総務省が出している2つのガイドラインはサービス事業者が準拠すべき内容となっています。

きりんカルテは、このガイドラインを対象に、クラウド型電子カルテ『きりんカルテ』の対応状況を確認・整理した結果を「『きりんカルテ』ガイドライン対応リファレンス」として公開いたしました。公開にあたっては、日本マイクロソフト株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 平野 拓也、以下日本マイクロソフト)、及び医療情報安全管理関連ガイドラインに造詣の深いPwCあらた有限責任監査法人(東京都千代田区、代表執行役:木村浩一郎)と協議を重ねながら、それぞれのガイドラインの要求項目500項目あまりに対して、明文化を行いました。


■「『きりんカルテ』ガイドライン対応リファレンス」の内容について

「『きりんカルテ』ガイドライン対応リファレンス」は、誰でも閲覧できるようホームページ上で公開しています。詳細は下記リンクより閲覧できます。
https://xirapha.jp/service/zero/guideline/


きりんカルテは引き続き、電子カルテがさらに普及し、医療におけるクラウドサービス利用が当たり前となるよう推進していくことで、社会のより良い医療体験づくりに貢献していきます。

※1 平成26年医療施設調査
※2 平成29年医療施設調査
※3 https://www.mri.co.jp/service/201602_021630.html


「『きりんカルテ』ガイドライン対応リファレンス」を整理する過程で、日本マイクロソフトとも連携させていただきながら進めました。それに際し、日本マイクロソフト 業務執行役員 パブリックセクター事業本部 医療・製薬営業統括本部長 大山 訓弘様より下記コメントをいただいています。

▶︎日本マイクロソフト 大山 訓弘様のコメント

日本マイクロソフトは、きりんカルテシステム株式会社様が Microsoft Azure を利用し運用されるクラウド型電子カルテサービス「きりんカルテ」において、医療情報システムに関する各種セキュリティガイドラインに対応し、その対応リファレンスを公開されたことを歓迎いたします。この度のリファレンス公開により、「きりんカルテ」が、医療機関における各種ガイドライン対応に関する説明責任を果たすために必要な情報を十分に開示できる、電子カルテサービスであることを認識いただき、ますます多くの医療機関/診療所/クリニック様に採用いただくことを期待いたします。日本マイクロソフトは今後も Microsoft Azure を利用した医療情報システムのさらなるクラウド対応を支援してまいります。

日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員
パブリックセクター事業本部
医療・製薬営業統括本部長
大山 訓弘


<会社概要>
商号:きりんカルテシステム株式会社
代表者:代表取締役 山口 太一
所在地:
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-17-17 アイオス永田町319
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前4-3-22 産恵ビル5F (2019年8月1日より)
設立:2013年12月
事業内容:
電子カルテ開発・運用保守事業
スマホアプリ・Webシステム開発事業
資本金:317,955,000円
URL:https://xirapha.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会