美容・健康

8月1日(木)より、TVCM「ユーグレナに新発見!」を放映開始!ユーグレナのヒト臨床試験結果をわかりやすくご紹介します

株式会社ユーグレナ
~広島・岡山・香川・沖縄地域でCMを放送します~

 株式会社ユーグレナ(本社:東京都港区、社長:出雲充)は、藻の一種であるユーグレナ(和名:ミドリムシ)の認知度向上に向けて、ヒト臨床試験結果について紹介する地上波テレビCM「ユーグレナに新発見!」を、広島・岡山・香川・沖縄地域で8月1日(木)より放送します。  今回のCMは、第73回日本栄養・食糧学会にて発表した、ユーグレナの継続摂取が脳の状態に効果的に寄与すること(脳由来神経栄養因子BDNFの上昇、認知機能速度・運動速度の向上、心の健康スコアの改善)について分かりやすく解説する内容です。



                       CMイメージ

■CMストーリー(研究開発担当 鈴木ver.)
「微細藻類ユーグレナに新発見!」当社執行役員 研究開発担当の鈴木(医学博士)が解説します。

「脳細胞の増加に不可欠なタンパク質BDNFの上昇」や「脳の情報処理能力の向上」、「心の健康スコアの改善」などの試験結果をグラフで説明。


最後は、分かりやすく「アタマと、カラダに、ユーグレナ。」、そして「ユーグレナラボで検索!」と
試験結果をゆっくりご覧いただけるサイトをご案内します。


「代表取締役社長ver.」や「研究メンバー ver.」なども放送予定です。


■「ユーグレナに新発見!」CM
研究者「マルチ機能」篇(30秒)https://youtu.be/7T61daWv8hQ
自由研究「脳&健康スコア」篇(30秒)https://youtu.be/-IizBkN11RE など

■放送地域
広島地域、岡山地域、香川地域、沖縄地域

■放送期間
2019年8月1日(木)~2019年8月14日(水)
2019年8月22日(木)~2019年8月31日(土)

■ヒト臨床試験結果について
微細藻類ユーグレナの継続摂取が脳の状態に効果的に寄与することを確認しました。
(該当リリース:https://euglena.jp/news/20190528/
・脳細胞の増加に不可欠なたんぱく質である血中のBDNF※の上昇
 ※ BDNFは、アルツハイマー型認知症やうつ病患者では量が減少することが知られています。
・脳からの指令で身体が動く速度(認知機能速度・運動速度)の向上
・健康関連QOL(生活の質)としての心の健康スコアの改善

<株式会社ユーグレナについて>
2005年に世界で初めて微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養技術の確立に成功。微細藻類ユーグレナ・クロレラなどを活用した機能性食品、化粧品等の開発・販売のほか、バイオ燃料の生産に向けた研究を行っています。また、2014年より行っている、バングラデシュの子どもたちに豊富な栄養素を持つユーグレナクッキーを届ける「ユーグレナGENKIプログラム」の対象商品を、2019年4月より化粧品を含む全グループ商品に拡大。2012年12月東証マザーズに上場。2014年12月に東証一部市場変更。経営理念は「人と地球を健康にする」。https://euglena.jp

                                                 以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会