出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

おうち時間の「あの悩み」がスッキリ! 大物女優もやっている「快感マッサージ」で視力アップ&緑内障の予防&ドライアイ改善! マスクの下でたるんだ顔筋も整える「お顔セルフケア」が話題!

株式会社飛鳥新社
女性ファッション誌や新聞にも多数掲載! 発売直後から全国の書店で第1位にランキングし続けるセルフケアブック

視力改善のためのセルフケアマッサージを掲載した書籍『眼圧リセット 手のひらマッサージで目の不調がスッキリ整う』が、株式会社飛鳥新社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大山邦興)から1月27日に発行されるや、数々のメディアに取り上げられ、たちまち各書店で売り上げ第1位を獲得。2021年春、話題のベストセラーになっています。


『眼圧リセット 手のひらマッサージで目の不調がスッキリ整う』飛鳥新社刊
【 あなたの顔や目が、「おうち時間」の間にゆがんでいる!? 】

新型コロナウィルス対策のために、世界中でステイホームが続いています。

民間調査によると、テレワークの有無に限らず、外出自粛で最も疲れを感じる体の部位は「目(43%)」という結果が出ています(※1)

じつは実際に、コロナ禍で「視力が低下する人」や「ドライアイを訴える人」が増えています。学校や職場でスマートフォンやパソコンのモニターを見る時間が増え、そこに運動不足も加わったのが原因。体全体が少しずつゆがむことで、頭や目の内部にゆがみが連動し始めています。

京都市とNHKが共同で調査したところ、子ども達の「隠れ近視」がかつてない数字になっていました(※2)。それを受けて眼科医やメディアが「ステイホームによる目の危険性」を幾度も報じているように、コロナ禍での目の内部の歪みや不調は、もはや確実な誰にとっても喫緊の問題となっています。

近視やドライアイだけでも厄介ですが、成人でもそれらを放っておくと「緑内障」「眼精疲労」「老眼の進行」といった重篤なトラブルのきっかけになる可能性が高いといわれています。


【 視力が0.2アップ! 目ヂカラが復活する奇跡の「おうちケア」が人気! 】


そのような背景を受けて、【眼圧リセット】と呼ばれるお顔マッサージが、いま女性を中心に話題になっています。【眼圧リセット】とは、骨格矯正の世界でゴッドハンドの異名をとる清水ろっかん氏が、40年のキャリアで培った技術・経験を結集した「顔の歪みを整えるマッサージ」。

瞳が大きく見えるようになる「眼窩ほぐし」マッサージ

もともとは、人気モデルや大物女優などへの「小顔矯正」や「美容矯正」のために行っていたマッサージでしたが、一般の方々へも施術を広めたところ、

「前よりも目がはっきり見える!」
「視界が明るくなってる!」
「緑内障の進行がとまった!」

と、効果の大きさのあまり、口コミで一気に知られることになりました。
実際に視力をはかったところ、体験者の平均で「視力が0・2以上アップ」する驚きの結果に。

また、テレワークで目疲れやドライアイを実感している人や、加齢による緑内障や老眼、目のくぼみやクマが気になる人が試したところ、

「かすみ目だったのに、視界がスッキリした」
「目のくぼみがきえて、目ヂカラが戻った。若返った気分!」
「目の奥の頭痛がラクになった。視力もアップした!」

と、こちらも感激を伝える体験者が増え続けています。

【 あの有名女優さんも成功!感動の体験をSNSに  】

手のひらを使って、目のまわりにある筋肉や骨を「1分間ほぐすだけ」というマッサージの手軽さも、好評の一因です。ほぐす場所はおもに、「目のまわり」の3箇所です。

1.頬骨(ほおぼね)
2.眼窩(がんか)
3.鼻骨(びこつ)

ステイホームの「目の過度な使用、過緊張」によってこわばったこの3か所を、マッサージで気持ちよくほぐすだけで視力が改善するのが特徴です。

女優・熊谷真実(くまがい・まみ)さんも体験者のひとりです。
「夕方、目がショボショボしてきたときに”眼窩ほぐし”をすると、視界がスッキリ! その日は一日、気分よく過ごせます」
そのように体験談を紹介。両目あわせて視力が0.7アップしたそうです(右目0.6→1.0/左目0.3→0.6)。Instagram等でも「あきらかに変わった」と感想を投稿しています。
女優・熊谷真実さんも成功

【 書店で品切れ続出! たちまち話題のベストセラーに 】

『眼圧リセット』は出版されるやいなや、書店でも早々に1位を獲得(※3)し、Amazonや楽天ブックスなどのウェブサイトでは連日の品切れ状態に。わずか1か月で、あっという間に発行部数も約3万部と驚異的なペースでヒットしています。

「ほうれい線がきえる」「目のクマがきれいになる」「小顔になって鼻筋も高くなる」といった美容効果も好評で、ラジオや女性誌から日本最大級のファッションサイトまで、連日メディアで取り上げられる話題のベストセラーになっています。

・外出自粛による近視や眼精疲労
・テレワークによる目疲れやドライアイ
・加齢による緑内障や老眼


さまざまな目の不調の対策になる【眼圧リセット】マッサージ。
ステイホーム時代の健康に、ぜひともお役立てください。

[出典]
※1 ライオン株式会社(2020/5/8~5/11調べ)
※2 NHK 目の長さが延びている?「目にとってかつてない危険な時代に」(2021/2/2)
※3 紀伊國屋書店 国分寺店 「趣味・実用部門」1/25~1/31

【商品概要】
●商品名:『眼圧リセット 手のひらマッサージで目の不調がスッキリ整う』
●著者:清水ろっかん
●判型・総ページ:A5判 140ページ
●定価:本体1,273円+税
●発売日:2021年1月27日
●出版社:株式会社飛鳥新社

【著者プロフィール】
清水ろっかん
骨格矯正士/体幹整体サロン「ろっかん塾」主宰
明治大学柔道部在籍中よりさまざまな整体術を学び、独自理論による整体術を確立する。
40年以上にわたり、他に類を見ない独特の骨格矯正による美容メニューを次々に開発。その高い技術力により有名モデルやタレントが撮影前に「小顔矯正」するための駆け込み寺としても有名になる。
サロンに訪れた人たちが軒並み「目がよく見える」ようになったため視力検査をしたところ、視力が0.2以上アップする人が続出。そのほかにも緑内障の進行を止めた実績などが口コミで話題にとなり、「眼圧リセット」が週刊誌でも大々的に取り上げられる。
また、プロのセラピスト向けに「ろっかん式」の技術提供なども行っている。ベストセラー『バンド1本で小顔になれる!』(フォレスト出版)ほか、読者の美容と健康をかなえるための著書多数。

【出版社情報】
株式会社 飛鳥新社
所在地:東京都千代田区一ツ橋2-4-3 光文恒産ビル2F
http://asukashinsha.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)