流通 アパレル・ファッション

「青木被服」×「丸五」 が初コラボレーションを発表!岡山の老舗メーカー同士が共同開発したコレクション素材の足袋型パンプスがデザイナー監修で新登場!

青木被服株式会社
履いてる事を忘れる程の心地よさ!青木被服×丸五 の[tabilera MARY/タビリラ マリー]が高品質なデニム素材で登場!


この度、青木被服株式会社(代表取締役社長:青木茂、本社:岡山県井原市)が展開するデニムブランド「青木被服」が、初コラボレーション。 相手先は同じく岡山県内で100年以上の歴史を誇る老舗足袋メーカー「丸五」。
レディース用の足袋型パンプスを、デザイナーであるTOSHIKI AOKI の厳選されたコレクション素材を用いて別注制作にて共同開発致しました。青木被服自社オンラインストア (https://aokihifuku.base.shop )にて3月9日(火曜日) 発売開始致します。

青木被服×tabiRela MARY
○地面を掴む感覚で裸足のような履き心地を実現
軽くて柔らかいソールで履き心地がよく、足元を綺麗に見せてくれるTabiパンプスは、包み込むようなホールド感と足指がゆったり広げられる足袋型デザインとなっております。
地下足袋製法で作られおり、適度に伸びるアッパー素材と踵に内蔵されたクッション材によって軽やかに歩く事が出来ます。足袋型で指がきちんと広がることでつま先の締め付けが軽減され、足裏でしっかりと地面を掴むことが出来るため、バランスの良い姿勢で歩く事が可能です。これらの事は転倒防止や外反母趾改善にも繋がり、全ての年代の方におすすめできるコンフォートシューズです。




○抗菌仕様でお手入れ簡単
中敷を外すと丸洗いできるため、素足で着用することで、クッション性の高い靴底の気持ちよさが体感でき、地下足袋本来の快適さを存分にお楽しみ頂くことができます。
また、ゴム部分が程よく柔らかいことでコンパクトに畳めるので、かさばらず簡単に持ち運びができます。
[CLENSE加工の裏素材]
さらに内側の素材は抗菌防臭のクレンゼ加工を施した抗菌+抗ウイルス仕様となっており、靴内部のにおいの原因となる細菌をはじめ、繊維上の特定ウイルスの数を99%減少させ、細菌の増殖を抑制する効果がございます。

内側素材にはCLENSE加工が施された綿素材を使用しています。


○TOSHIKI AOKI監修
ヨーロッパ諸国をメインに20カ国で販売を行うコレクションブランド「FAGASSENT/ファガッセン」を手がけるデザイナーTOSHIKI AOKIが監修し、コレクション素材を厳選して製作しております。
FAGASSENT デザイナー 青木俊樹 (写真右)

○リベットを打ち込んだ、高級感のある洗練されたスタイル
上品に輝くシルバーリベットがそれぞれの生地をより艶やかに見せ、高級感を演出します。


○生活の様々なシチュエーションに寄り添う「今日も一緒に出かけたい」靴
楽なのにエレガントで上品なシルエットは、どんな服装にも合うため、様々なシーンでのコーディネートをお楽しみ頂くことができます。中敷きを取り外しても変わらない心地よさは、足の浮腫み具合によって、履き心地を調整することが可能です。


○岡山県内の製造メーカー同士が共同開発
製造メーカーとしてそれぞれの強みを活かしたコラボレーションは、デニムファンや、足袋ファンだけでなくオシャレを楽しみたい全ての方におすすめできるシューズを生み出しました。
青木被服×tabiRela MARY 共同開発チーム

ー 厳選された3色のIBARA DENIM ー
横糸に銀糸を使用したシルバーデニムは上品な光沢感が特徴で、角度によって光に反射する艶の美しいデニム生地です。表面の輝きが強いシルバー色と、裏面のさりげなく光るプラチナブルー色の両面を使い、個性豊かなデニムtabiパンプスに仕上げました。
プラチナブルー 


シルバー
白と黒が混ざり合うコントラストが美しいジャガード織素材。モード感あふれる印象的なパイソンデザインとなっています。
ホワイトパイソン
上から、青木被服×tabiRela MARY/プラチナブルー、シルバー、ホワイトパイソン 各19,800円(税込)
3サイズ展開、S(22.0.~22.5)、M(23.0~23.5)、L(24.0~24.5)
青木被服 オンラインストア: https://aokihifuku.base.shop

ープレミアムな1足ー
しなやかな牛革を用いて製作しており、湿気にも強い最高級素材です。
ハリと独特の艶感を持つレザーのtabiパンプスは「快適な履き心地なのにきちんと感がある」を叶える黄金バランスの機能とルックスを兼ね備えています。

ブラックレザー

青木被服×tabiRela MARY ブラックレザー 24,200円(税込)
3サイズ展開、S(22.0.~22.5)、M(23.0~23.5)、L(24.0~24.5)

・青木被服株式会社オンラインストアはこちら:
https://aokihifuku.base.shop/

【株式会社丸五について】
1919年に丸五足袋株式会社として創設。
当時、地域の一大産品であった足袋と新素材であったゴムを融合し、地下足袋の一貫生産を開始。以来、人々の生活の安全と安心のために足元より支えていくことを基本において様々な商品やサービスを展開し続けている。2019年には創立100周年を迎えた。
●株式会社丸五 ウェブサイト
https://www.marugo.ne.jp

【青木被服株式会社について】
1961 年にデニム製品・ユニフォームの受注生産を開始し、1970年代には国内外に自社工場を増設し、国内を代表するデニム工場として定着。
2010年、デザイナー青木俊樹がブランド事業部を創設し、「FAGASSENT/ファガッセン」のコレクション展開が始まる。パリ・ミラノのメンズコレクションをスタートし、その縫製・デザインは海外からも評価を得ている。
2020年3月より デニムマスクを製造・販売開始。医療機関やプロスポーツチームなどへの寄贈活動を積極的に行っている。
●青木被服株式会社 ウェブサイト
https://www.aokihifuku.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)