広告・マーケティング 美容・健康

デジタルポリメラーゼ連鎖反応(dpcr)およびアルタイムポリメラーゼ連鎖反応(qPCR)市場ーグローバルな見通しと予測2020ー2025年

SDKI Inc.
SDKI Inc.は、2020ー2025年の間に市場の成長ドライバー、機会、最近の傾向、課題など、市場のいくつかの側面に関する詳細な分析を提供することを目的としたデジタルPCR(dpcr)およびリアルタイムPCR(qpcr)市場の調査レポートを2021年03月09日で発刊しました。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-106085



デジタルPCR(dpcr)およびリアルタイムPCR(qpcr)市場は、2020ー2025年の間に約9%のCAGRで成長すると予想されます。COVID-19によるPCR検査の需要の急増、POC PCR診断の需要の増加、感染症および遺伝性疾患の有病率は、市場の成長を促進するいくつかの要因です。

dPCRおよびqPCR市場は、ヒトゲノムプロジェクトの成功、研究開発への投資の増加、資金調達、および疾患診断のためのバイオマーカープロファイリングの使用の増加により大幅に成長しています。市場成長の急増は、COVID-19パンデミックなどのエピデミックおよびパンデミックの蔓延/発生率の増加に起因する可能性もあります。

市場セグメント

デジタルPCR(dpcr)およびリアルタイムPCR(qpcr)市場は、技術別(リアルタイムPCRおよびデジタルPCR)、製品別(システム/分析装置・ソフトウェアおよび消耗品)、アプリケーション別(臨床、研究、および法医学)、エンドユーザー別(病院、診断研究所、研究所、製薬およびバイオテクノロジー企業、法医学研究所、 その他)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

2019年には、リアルタイムPCR(qPCR)セグメントが市場を支配し、90%以上のシェアを占めました。

技術に基づいて、市場は、リアルタイムPCRおよびデジタルPCRに分割されます。2019年には、リアルタイムPCR(qPCR)セグメントが市場を支配し、90%以上のシェアを占めました。qPCRが優勢である主な理由の一つは、qPCRが感染症の診断および研究プロジェクトで広く使用されているものです。リアルタイムPCR(qPCR)は、信頼性が高く有能なテクノロジーとして確立されており、その速度、感度、特異性、および利便性について研究者から信頼されています。

地域概要

2019年、北米は世界のデジタルPCR(dPCR)およびリアルタイムPCR(qPCR)市場の45%の市場シェアを占めました。標的集団の増加といくつかの感染症診断の高い発生率がPCRの需要を後押ししています。技術の進歩により、病気の検出、治療、モニタリングにおけるPCR検査の役割が高まる可能性があります。

さらに、市場は地域に基づいて細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

市場の主要なキープレーヤー

デジタルPCR(dpcr)およびリアルタイムPCR(qpcr)市場の主要なキープレーヤーには、Agilent Technologies Inc.、Quidel、QIAGEN、Takara Bio、Thermo Fisher Scientific、Bio-Rad Laboratories、Danaher、F.Hoffmann-La Rocheなどがあります。この調査には、市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/digital-pcr-dpcr-and-real-time-pcr-qpcr-market/106085

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)