その他 美容・健康

東日本大震災から10年。公益財団法人 市民防災研究所に「メディキュット メディカル ひざ下(一般医療機器)」を寄付

レキットベンキーザー・ジャパン株式会社
~車中泊などにより、長時間脚を動かす事が出来ず、“むくんだ脚”の緩和に有効~ http://mediqtto.jp/

レキットベンキーザー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区東五反田/代表取締役:シャイレッシュ・シュクラ)は、2011年3月に発生した東日本大震災から今年で10年が経過することを受け、災害から市民を守るための研究・活動を行っている「公益財団法人 市民防災研究所」に対して、「メディキュット メディカル ひざ下(一般医療機器)」を1,000足寄付したことをお知らせ致します。



■寄付の背景
2011年3月11日の東日本大震災発生から今年で10年が経とうとしています。日々市民の身を守るために活動されている防災団体に対してサポートさせて頂きたいという思いから、寄付に至りました。今回寄付をした「メディキュット メディカル ひざ下(一般医療機器)」は、血液やリンパ液の流れの改善やむくみの緩和の効果があり、災害時に生活スペースが限られている避難所生活や車中泊など、運動不足になりやすい環境下でもご使用いただけます。今回の寄付を通じて、1人でも多くの方々が今後起こり得る災害に向けて、日頃の防災対策について考えるきっかけとなることを願っております。

■寄付対象商品について


「メディキュット メディカル ひざ下(一般医療機器)」
販売名:メディキュット ひざ下
血行促進を目的とした一般医療機器。
抹消から中枢に向かい段階的に圧迫を加えて、静脈血やリンパ液のうっ滞による脚のむくみを緩和します。

■寄付先団体コメント
「コロナ禍においては、分散避難の一つとしてやむを得ず車中避難を考えている人もいると思います。車など狭い空間での避難生活では、長時間脚を動かす事が出来ず血行不良を起こす危険性があります。そのため血行促進効果がある『弾性ストッキング』を、非常持出品に追加して備蓄することを推奨いたします。今回寄付をして頂いた商品は、防災備蓄としての『弾性ストッキング』の必要性を伝えるためにも当研究所の事業の参加者に配布させて頂く予定です。」

公益財団法人 市民防災研究所について(http://www.sbk.or.jp/


火災、地震、水害等の災害から市民一人ひとりが命と暮らしを守るため「防災普及活動」「調査研究」「防災用品・防災図書の頒布」などの事業を展開しています。

【参考】
むくみのメカニズム
むくみとは皮下に余分な水分が溜まった状態を言います。通常水分は動脈とリンパ管を通じて心臓に戻されていますが、立ち仕事や座りっぱなしなど脚の筋肉を使わない状態が続くと、静脈やリンパ液のめぐりが悪くなり、水分が動脈に戻されず皮下組織にむくみが起こります。


■メディキュットとは
メディキュットは、フットケア総合ブランド『ドクター・ショール』発の英国医療用ストッキングをルーツに持つ段階圧力ソックスブランドです。これまでにも着圧ソックスの寄付活動を通して、つらい脚の悩みを持っている方を支援しています。
※ 撮影用などの商品のお貸し出しを行っております。
※ メディキュットでは、脚の悩みに合わせた商品を多数扱っているほか、各種データを取り揃えております。
ご希望の方は、お気軽に下記お問い合わせ先までご連絡下さい。

【掲載時のクレジット】
商品クレジット:メディキュット
問合せ先クレジット:レキットベンキーザー・ジャパン株式会社 お客様相談室
TEL:0120-634-434
URL:https://www.mediqtto.jp/

【発売元】
レキットベンキーザー・ジャパン株式会社
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)