流通 美容・健康

【新商品発売】新しいタイプのリラックス健康管理グッズ!今世界中で注目されているCBDが配合された「CBD+茶葉CBDヒール」をLIME SHOP楽天市場店より予約販売致します。

株式会社A Holdings
CBD+茶葉CBDヒールは従来の紙巻たばこ・電子たばこではなく、その代わりとなる健康や環境に配慮した新しい製品となります。

【新商品発売】新しいタイプのリラックス健康管理グッズ!今世界中で注目されているCBDが配合された「CBD+茶葉CBDヒール」をLIME SHOP楽天市場店より予約販売致します。 CBD+茶葉CBDヒールは従来の紙巻たばこ・電子たばこではなく、その代わりとなる健康や環境に配慮した新しい製品となります。



今!注目のリラックスタイムアイテム!やめられない、極上のリラックスタイム!新発売のCBDヒールは1カートンより販売致します。



1カートン CBD+茶葉CBDヒール
5500円(税込み)

https://item.rakuten.co.jp/limeshopping/cbd-zeronicotine/

こちらは予約販売商品となっております。
3月下旬以降より順次発送致します。

※システムの仕様上、配送希望日をご選択いただけますが、予約商品を含むご注文商品は商品入荷後の発送となりますので、ご指定日の方は解除になります。予めご了承下さい。

CBDは今世界中で最も注目されている成分で今の時代の新しいサポート役としても注目されています。



CBD(カンナビジオール)は、麻に含まれるカンナビノイドの一つで、医療でも注目を集めています。
カンナビノイド成分は、心の不安感を取り除く、緊張感をほぐすといういった気分をリラックスさせることがあると言われています。
CBD HEALはニコチンを含みません。
CBD(カンナビジオール)は、麻に含まれる植物性カンナビノイドと呼ばれる成分の一つで、ここ最近の研究から、CBDはカンナビノイドの中でも私たちの健康にとても密接な関係があることが分かってきました。





CBDヒールは今の時代のニーズに合った新しいタイプのリラックス商品です。

新型コロナウイルスの影響で人々は様々な不安を抱え、我慢しながら日常を過ごしています。そういった中に今までとは違う新しいタイプのストレス解消、リラックスタイムの過ごすサポートになるのではないでしょうか。





ご使用方法

1本品を加熱式たばこを挿入するタイプのデバイ スに挿入します。※必ずねじったりせずにまっすぐ垂直に挿入してください。
2デバイスによりますが、カートリッジの加熱が完了した合図があれば、本品は吸えるようになります。
本品はたばこ事業法上の「たばこ」には該当しません。20歳未満の未成年者への販売はいたしません。


ご注意事項

・本製品に火をつけて使用しないでください。
・駅や空港、病院等の公共機関や喫煙が禁止されている場所、他人に迷惑をかける場所での吸引はしないでください。
・本製品を分解しないでください。
・過度な吸引、連続した吸引等はお控えください。
・薬を服用されている方や持病のある方は医師にご相談の上、ご使用ください。万が一、身体に異常を感じた場合は、直ちに使用を中止し、医師の診断を受けてください。
・妊娠・授乳中の方、喘息等の呼吸器系に持病がある方は本製品を使用しないでください。
・直射日光や高温多湿の場所、炎天下の車内等に保管しないでください。
・水に濡らしたり湿気の多い場所、火気のそばで使用しないでください。
・小さなお子様の手の届く場所に置かないでください。
・小さいお子様が誤飲するおそれがあります。万が一飲み込んだ場合には、直ちに医師の診断を 受けてください。
・破損、異臭など異常が発生した場合、直ちに使用を中止してください。
・本製品の処分につきましては、お住まいの自治体の条例に従ってください。
・本製品の使用により、吸引機器等に生じた故障および損害について当社は一切の責任を負いません。

販売サイト
LIME SHOP JAPAN


自社ECサイト
https://limeshop.theshop.jp/

Yahooショッピング店
https://store.shopping.yahoo.co.jp/lime-shop-japan/?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_strnm

楽天市場店
https://www.rakuten.co.jp/limeshopping/

Amazon店
https://www.amazon.co.jp/s?i=merchant-items&me=A3HLU988J456FA

Qoo10店
https://www.qoo10.jp/shop/limeshop
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)