住宅・建築・建設

マレーシア現地企業とのJV会社による、全1,496戸の大規模分譲マンション事業 『MIRAI Residences(未来)』の第2期(384戸)販売を開始

パナソニック ホームズ株式会社
パナソニックのQAFL(空気質)技術を全戸に採用し、窓を開けずに空気を浄化

パナソニック ホームズ株式会社の子会社、パナソニック ホームズマレーシア株式会社(以下、パナソニック ホームズマレーシア社)とマレーシアの現地デベロッパー、MKH株式会社(以下、MKH社)が2018年に設立したJV会社MKHプロパティ ベンチャーズ株式会社(以下、MKHプロパティ ベンチャーズ社)は、マレーシアのカジャン地区で開発中の分譲マンション『MIRAI Residences(以下、MIRAI(未来))』の第2期販売(384戸)を2021年3月12日より開始します。


▶当リリースの本文はこちら:https://prtimes.jp/a/?f=d22927-20210310-1939.pdf
▶現地英語サイトはこちら:https://www.panasonic.com/my/company/homes/housing-development.html

『MIRAI(未来)』は、当社が日本で培った住まいづくりのノウハウや技術と、MKH社のマレーシアにおける知名度や豊富な経験値を融合させた4棟、全1,496戸の大規模マンションです。施工は、パナソニック ホームズマレーシア社とMKH社との間に2015年に設立した建築請負会社パナソニック ホームズ MKHマレーシア株式会社が担い、2024年9月完成を目指しています。MKH プロパティ ベンチャーズ社は、2020年9月に第1期(748戸)販売を開始し、コロナ禍でも好調に推移したことから、この度の第2期販売を決定しました。当社海外事業においてはインドネシア、台湾での分譲開発に次ぐ、マレーシアでの分譲開発事業第1号となります。

『MIRAI(未来)』はクアラルンプールから南東20km地点のカジャン地区中心部に位置し、2021年4月に開業予定の現地鉄道・新カジャンKTM駅から徒歩7分の恵まれた立地条件にあります。また、大規模マンションのスケールメリットを生かし、約14,770平方メートルの共用部に40以上の共用施設・設備を充実。さらに、全住戸にはパナソニックがアジアで展開する、空気質 “Quality Air For Life(QAFL)※1” 技術を採用します。全熱交換気システム(住戸タイプによっては換気システム)※2とnanoeTM X※3付エアコン(2台)を各住戸に設置し、室内空気を清浄に保ちます。機械換気によって窓を開けずに自動で換気を行い、室内空気を入れ替えることで、コロナ禍で高まる室内の空気質に対する人々のニーズを満たし、安心で快適な暮らしをお届けします。

『MIRAI Residences(未来)』 イメージパース

■物件概要


物件名:MIRAI Residences(未来)
所在地:Kajang 2, 43000 Kajang, Selangor
開発規模:42,330平方メートル
建物・戸数:27階建て及び29階建て・4棟・全1,496戸
設計:MKH Property Ventures Sdn Bhd
施工:Panasonic Homes MKH Malaysia Sdn Bhd
建物:鉄筋コンクリート造
間取り:2LDK (53.70平方メートル) 3LDK(78.04平方メートル) 3LDK(86.49平方メートル)
工期:2020年7月~2024年9月(予定)


■パナソニックの Quality Air For Life (QAFL)技術採用で、健康を守るウェルネスな住まい
近年、マレーシアのマンションは、高気密化が進み、販売価格を抑えるために居室面積は縮小傾向です。さらに、安全性を考慮して自由に窓が開けられないなど、換気が十分に行えない場合もあります。コロナ禍で室内空気の換気が求められる中、QAFL技術の採用により、窓を開けずに換気を行うことが可能であり、室内空気を清浄に保ちます。
熱交換気システム
全熱交換気システム(住戸タイプによっては、換気システム)は、外気に含まれるPM2.5などの汚れを取り除いた形で、室内に取り込みます。全熱交換気システムの場合、熱交換気システムのユニット内で、外気導入時の熱い空気と、エアコンで冷やされた排出する室内空気との間で、空気を混在させずに熱と湿度を交換します。それにより、外気を冷やすとともに除湿した状態で室内へ取り込めるため、エアコンの省エネ性能向上につながります。さらに、外気を除湿して取り入れるため、カビ発生の抑制も可能です。
nanoeTM X付エアコン
「nanoeTM X」技術を採用したエアコンを各住戸2台ずつ標準採用することで、脱臭などの効果が期待でき、室内空気の質を向上させます。

全熱交換気システム
nanoeTM X付エアコン


■大規模マンションのスケールメリットを生かした充実の共用部
『MIRAI(未来)』は、大規模マンションのスケールメリットを生かし、住民専用の40以上の共用施設・設備を備えています。運動施設(フットサルコート、瞑想デッキ、ジョギング用トラック、全長50mプール、ジム)に加え、バーベキューコーナーやアーバンファーム(菜園)など、心身の健康を考慮した住環境を提供します。また、マンション地上3階部分に商業施設用テナントスペースも備えた複合型マンションであることから、利便性にも優れています。
エントランス イメージパース
50mプール イメージパース

■『MIRAI(未来)間取り
各住戸は、2LDKや3LDKなど、3タイプを取り揃え、カップルから子育て家族まで、幅広い層に暮らしやすい空間を用意しました。
3LDKタイプ・リビングルーム(モデルルーム)
3LDKタイプ・主寝室(モデルルーム)


■MKHプロパティ ベンチャーズ社について


会社名(英文):MKH Property Ventures Sdn Bhd
会社名(和文):エムケイエイチ プロパティ ベンチャーズ株式会社
本社:5th Floor Wisma MKH, Jalan Semenyih, 43000 Kajang Selangor Darul Ehsan, Malaysia
社長兼CEO:Tan Sri Dato’ Chen Kooi Chiew @ Cheng Ngi Chong
主たる業務:分譲開発・販売
設立:2018年2月


■MKH社について
MKH社は1979年にマレーシアでの不動産開発事業を開始し、現在まで累計約3万5千戸以上の戸建住宅や商業施設、産業用施設を供給。そのほかにパーム油などのプランテーション事業やホテルやモールなどの運用事業も行うマレーシア国内有数の上場会社です。

◎関連サイトURLはこちら(現地英語サイト)
https://www.panasonic.com/my/company/homes/housing-development.html

※1:“Quality Air For Life”の略で、APAC地域での空質価値創造事業のコンセプト。空調(エアコン)、換気・全熱交換器システム、nanoeTM技術を組み合わせて、パナソニックならでは空質価値の提供を目指しています。
※2:全熱交換気システム標準設置:3LDK(86.49平方メートル)、3LDK(78.04平方メートル)、換気システム標準設置:2LDK (53.70平方メートル)。 
※3:nanoeTMは、パナソニックの登録商標です。

◎パナソニック ホームズプレスリリースサイトURLはこちら
https://homes.panasonic.com/company/news/release/
※プレスリリースに掲載している画像データ類のダウンロードも可能です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)