その他 医療・医薬・福祉

コロナ禍の今を知る<オンライン座談会 ご視聴のご案内>

Kawasaki Thanks Bridge Project 実行委員会
3月13日(土)開催14:00~15:00

新型コロナウイルス禍の中、地域医療を担う方々にエールを送るプラットフォームを展開しているKawasaki Thanks Bridge Project実行委員会は、地域医療の最前線で頑張っている医療・介護従事者の方の座談会を、3月13日(土)に、リモートで開催いたします。 座談会の模様は、You Tube Liveで、生配信で視聴できます。


地域医療の現場では、私たちが知らないたいへんな事が日々起きています。今、川崎は、医療崩壊から、地域医療ならびに介護崩壊の兆しが現れてきています。また、長引くコロナにより、社会、経済的不安を訴える住民が急増しています。これらの対策が急務です。コロナ禍の今、何が起きているのか、地域医療を担う方々の現場のお話を直せつ、聞いていただき、知っていただき、その上で、共に“ありがとう”の気持ちで、このコロナ禍に向き合い、さらなる感染予防への意識行動につながることを願っています。

リモート座談会の模様は、後日、当プロジェクトのHP(https://kawasaki-thanks.jp)で紹介しますが、当日もYouTubeLiveで視聴できます。

ご視聴を希望される方は、以下の方法でご視聴ください。

                       -記-

■日程: 2021年3月13日(土)
       14:00~15:00(終了時間は予定)

■参加者:

医師:大橋博樹(多摩ファミリークリニック院長、川崎市医師会理事
訪問看護師:佐々木直美(ひばりの森訪問看護ステーション多摩)
ケアマネージャー:中馬三和子(ケアネット ケアステーション多摩)
ホームヘルパー:三沢麻紀(訪問介護いちご)
司会進行:町亞聖(フリーアナウンサー) ※敬称略


■プログラム

趣旨説明
参加者自己紹介
コロナ禍で起きていること、困ったこと、不安に思っていること
2度目の非常事態宣言を超えて、いまの現状
これからの展望、メッセージ(など)


■視聴方法: お時間(3月13日14:00)になりましたら。以下のYou Tube LiveのURLでご視聴ください
       https://youtu.be/atxOLeEI_Js

■質疑応答方法:座談会の進行を優先させたく、質疑応答は受付ません。どうぞご了承ください。


■Kawasaki Thanks Bridge Projectについて

URL: https://kawasaki-thanks.jp
主催: Kawasaki Thanks Bridge Project実行委員会
後援: 川崎市医師会、川崎市病院協会、川崎市歯科医師会、川崎市薬剤師会、川崎市社会福祉協議会、     川崎市鍼灸マッサージ師会
賛同: 厚生労働省#広がれありがとうの輪プロジェクト


お問い合わせ先
Kawasaki Thanks Bridge Project実行委員会
担当:橋本
090-3499-2869
takeshi@dol.jp.net
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)